にわとりの日は28日!ケンタッキーでフライドチキンが格安みたい!!

カーネルおじさんには小さい頃からお世話になっています。知名度抜群のカーネルおじさんが発明(!?)したケンタッキーフライドチキンって無性に食べたくなるときがありますよね。クリスマスだけじゃないんです。家で唐揚げ作っていてもケンタッキー食べたいって思いますから。

スポンサーリンク

にわとりの日はケンタッキーが決めたんじゃない!

毎月28日は、28(にわ)の語呂から『にわとりの日』になっているんですが、これってケンタッキーが商売繁盛で決めたんじゃないんです。『にわとりの日』の歴史はとても古くて、日本養鶏協会が、鶏肉・鶏卵の消費拡大を目的として昭和53年(1978年)6月に定めたそうです。

実は『にわとりの日』があることも、その歴史がとても古いことも最近知りました。ケンタッキーはその日にあやかって『とりの日パック』を売っているんですね。

それにしても年に1回だけじゃなくて、毎月の記念日を決めるなんて日本養鶏協会の戦略がひしひしと伝わってくるようです。

にわとりの日???

毎月28日はケンタッキーの『とりの日パック』が格安!

毎月28日のにわとりの日にちなんでケンタッキーで売り出されている『とりの日パック』ですが、かなりお得に食べられますよ。

『とりの日パック』が一般的なんですが、一部のお店ではちょっと違うパックになるようです。

『とり天パック』のお店情報

『さくさくとり天パック』のお店情報

ご近所のお店がどのパックかなって確認してみてくださいね。

それ以外のお店では『とりの日パック』を味わえます。税込1000円で、オリジナルチキン4個とナゲット5個のセットです。通常価格が1380円ですから3割ほどお安くなってとてもお得ですよね。

ケンタッキーを略称で呼んでいますか?

略称が全国区なのは、USJを関西で「ユニバ」って呼ぶことや、マクドナルドのマックとマクドくらいしか思いつきません。私は京都府在住ですから、ユニバとマクド派ですが・・

じゃ、ケンタッキーはどうなのかな?

ちまたでは、関東では「ケンタ」で関西では「ケンチキ」なんて言われているようですが、私の周辺でも「ケンチキ」なんて言っている人は知りません!!

「ケンチキ」なんて言ったら「検知器?」なんて誤解されそうです。もっとも私がアラフォーのせいで聞かないだけかもしれませんが。やっぱりケンタッキーはケンタッキーです。変に略すとかえって言いにくいようです。いちびっているようにも聞こえますし。

※いちびるって『ふざける、調子に乗る』くらいの意味です。関西でしか使いませんが。

ミランらしくない!ふてぶてしい顔・・

28日が土日のときしか利用できません。

私は昼間は働いているので、にわとりの日の28日が土日でないと利用できません。夕飯にケンタッキーもいいかもしれませんが、やっぱりお昼ごはんかなって感覚です。

幸い10月(2017年)は28日が土曜日ですので、家の用事がない限り近くのイオンモールで『とりの日パック』を楽しみたいと思います。

娘と旦那と私の3人ですので『とりの日パック』とあと少しの組み合わせでお昼ごはんなら十分な量です^^

ハンターの目つき!

旦那のケンタッキー愛は30年以上前からです

旦那から聞いた話ですが、旦那が公務員になったばかりの頃、今から35年以上前のことですが、友だちからケンタッキーをおごってもらったそうです。

そのとき初めてケンタッキーを食べたそうです。『世の中にこんな美味いものがあるのか!』って大感激だったそうです。かなり大げさだと思えますが・・それまで何食べて生きていたのか?

当時は超絶貧乏で、もちろん学生時代から貧乏だったようです。初任給は99000円ほどで、その内30000円以上をアパートの家賃に払っていたとか。初任給の額は耳タコ状態で聞かされていますので覚えてしまいました。

ですので、遊べませんし、美味しいもの食べられませんよね。1ヵ月生活するだけで精一杯だったようです。

そんなわけでスパイシーで味がしっかりしみ込んだケンタッキーに魅了されたそうです。当時は10ピース一度に食べても大丈夫と思っていたそうです。もっともお金がなかったので、そんなことできなかったはずですが(^^;)

ミランにケンタッキーはあげられない。


にわとりの日の28日が土日にあたることって稀です。

10月28日が土曜日なので、近くのイオンモールのケンタッキーで『とりの日パック』を家族で、というより娘と食べるのが楽しみです^^

結局、手でかぶりつくのがいちばん美味しい食べ方だと思います。