車エビを生で食べる経験!刺身で食べた冷凍の沖縄久米島産は美味!

車エビを生で食べたことありますか?
私は数回ですが、生の車エビを食べたことがあります。

お寿司屋さんで食べる『エビのおどり』です。
生きている車エビの身を寿司ネタにして、頭は塩焼きで食べるアレですね。

『エビのおどり』のお寿司をパクっとするとエビの尻尾が
ぴくぴくっと動きます。寸前まで生きていたのですから!
身はプリプリの食感です。そして、塩焼きにした頭の香ばしいこと^^

久し振りに車エビを生で、刺し身で食べることができました。
お歳暮にいただいた車エビです。冷凍品で届きました。

スポンサーリンク

車エビを刺身で食べるのは初めてかも!

『エビのおどり』は数回食べてはいますが、
刺身で食べたのは初めてかもしれません。

旦那の連れ子で、嫁いだ長女がお歳暮に贈ってくれました。

19尾も入っていました。半分ずつ賞味しようかなと
思いましたが、いただきものですので、全部食べることにしました。
自分で買ったのなら、間違いなく半分にしたと思います(^^;)

生食は流水解凍と記載してあります。

解凍は、流水で1,2分とのこと。

ガチガチに凍っています。

急速の瞬間冷凍だから鮮度は保証されているはず!

説明文のとおりに、2分ほど流水で解凍しました。

切り分けたら良かったかも!でも、口に含んだら
甘味がよくわかりました。やっぱり高級エビです。

ぷりっぷりの感じではありませんでしたが、
ほどよくプチぷりぷりの食感も楽しめました。

頭は再び冷凍庫へ。
再冷凍は邪道ですが、翌日くらいにお味噌汁の出汁に
使おうかな・・・
水気よく切って、カラッと揚げてみるのもいいかも!
さすがに塩焼きは、冷凍なので難しいかも。

車エビの刺身に娘が抵抗をみせた・・・

7歳の娘も車エビの刺身を食べました。

しかし・・・2尾ほど食べたアトで
『ちょっと生臭い』と言い出しました。

いくら鮮度が保証されていても、初めての車エビですから!
見た目の、いかにも生って感じにやられたのかもしれません。

それまでに娘が食べた生のエビといえば、回転ずしの
甘エビのみ!!

そりゃ、甘エビと車エビとを比べたら、多少の生臭さは
あるのかも。子どもの味覚って敏感ですから。

車エビの半分はちゃんと調理したらよかった・・・

こんなパンフが付いてきたんです。

面倒くさがらずに、19尾の半分はシンプルな塩焼きにでも
したらよかった、と反省しました。

塩焼きなら、甘みもより引き立ったのにと思います。

そこで、急きょお皿に残っていた車エビを塩バター炒めに
しました。娘の前に出したところ、パクついてくれました^^

やっぱり加熱すると、よけいに車エビの風味と甘味を
感じますね。美味しいエビに大満足です。

大人ならたいていの刺身は食べ慣れているせいもあるので平気ですが、
7歳の子どもには1尾の車エビを刺身で食べる、というのは
ちょっとグロテスクな要素もあるようです。

車エビの産地ですが沖縄の久米島が養殖車エビの日本一


ホンマに?
今まで知らなかったのですが、沖縄県は車エビの全国一の生産量を誇り、
その中でも久米島は全国の15%を占め、
「車海老拠点産地」と認定されているそうです。

ちなみに久米島の位置は⇒

遠いけど、いつか訪れてみたいですね^^

いか・たこ・エビ・かにが大好きな私としては
1年中食べられる養殖ものは大歓迎です。

車エビって、スーパーにあったとしても
買わないですねぇ。
いつもブラックタイガーですから!

貴重な車エビを堪能できて幸せです。
久米島産の車エビは1年中お取り寄せできますが、
我が家では1年に1回だけかも^^