とんかつでロース派とヒレ派がいるけど違いは?どっちが高級で美味しい?

「とんかつ」は人気専門店が多いですね。

1899年(明治32年)、東京は銀座の洋食店「煉瓦亭」が〝ポークカツレツ〟をメニューに載せたのがその始まりとも言われています。その頃にヒレをカツにするって考えはあったのでしょうか。ロースしかなかったのでは。

関西でもとんかつ専門店はいくつもありますが、
有名店を探して行くことはなくて、いつも利用するのは、
KYKや和幸などのチェーン店です。

「かつや」もかなりいけますね^^

揚げ方や肉の扱い方に関しては、外食産業の方は
プロですから、とんかつでハズレを引いたことはありません。

でも、いくら美味しいと評判のお店でも、たまの気まぐれで、
ロース派の人がヒレを頼んだり、ヒレ派の人がロースを頼んだりすると、
ハズレということが多いと思います。

スポンサーリンク

ロースとヒレでとんかつの美味しさがわかるのはどっち?

私は断然ロースだと思います。
とんかつで何でヒレを選ぶのかわけがわかりません。

とんかつにすると脂身の旨さが絶品だからです。
ヒレもこくがあって美味しいとは思いますが。

衣で包んで揚げたときの脂身の美味しさはダントツです。
でも、牛ステーキではヒレを選びます。
ビジュアル的にも脂身ど~んは苦手です(^^;)

とんかつだからこその脂身なんです。
脂身って、とんかつにすると、くどくもなくて
旨味だけ凝縮されると思っています。

でも、ステーキになると脂身のくどさが鼻についてしまいます。
豚のしょうが焼きなら好きです。肉の臭みが気になりませんから^^
※ちなみにポークソテーという豚のステーキは食べたことがありません。

ローストヒレの違いは?

ロース

他の部位に比べて、肉色はやや淡く霧降りを帯びていることもあります。
独特のコクがあるんですね。糖質は多く、鉄分は少なめです。
ですが、豚肉の中で一番カルシウムが多く、100g中に5.6mg前後含まれています。
全体的に形状が整っているので、切り身にしてトンカツやポークソテーなどに利用されます。

ヒレ

全体的に肉色は赤めで、豚肉のすべての部位の中で最も肉質がきめ細かく、トンカツやポークソテーなどで人気がありますが、脂肪が少なくてあっさりした味であるため、独特のこくに欠ける面も持ち合わせています。

鉄分やビタミンB1が多いことが特徴です。

とんかつのロースはヒレよりもカロリー高いってホント?

生状態のロースとヒレのカロリーは

誰でも簡単に予測できますね。
脂身が多い分、当然にロースの方がカロリー多いです。

【100gあたりのカロリー】
ヒレ肉:115Kcal
ロース肉:263Kcal

とんかつにしたときのロースとヒレのカロリーは

意外なんですが・・・

【とんかつにしたときの100gあたりのカロリー】
ヒレカツ:300Kcal
ロースカツ:346Kcal

えっ!!大差ないですね。
何で?

揚げ物ってハイカロリーのイメージが定着しています。

肉は脂肪分を多く含む食物ですね。
実は、この脂肪分が多いほど揚げ油を吸いにくいんです。
ロースは脂を多く含み、揚げ油を吸いにくいのですが、
ヒレ肉は赤身のため、揚げ油を多く吸います。

つまり、揚げ方や揚げ時間によってはヒレの方が高カロリーになる場合もあります!

ヒレ派の方もこの際、考え方をちょっと変えてロース派に転向しませんか?
カロリー大差ないし、旨味が全然違いますから^^

ロースが野暮ったくてヒレの方が高級に思えるのはなぜ?

昔のとんかつにロースやヒレの区別はあったのでしょうか?
多分ロースだけだったと思います。

とんかつを注文するときに「ロースとんかつ」と言うと庶民的で、
「ヒレかつ」と言うと、グレードの高い料理を頼んだような
気になるのは私だけでしょうか^^

ま、ロースが断然好きなので、迷わずにロースとんかつだけを頼んでいますが。

ヒレの高級感の秘密は・・・

実はヒレ肉は一頭の豚から、ロースに比べて10分の1しか取れないんです。
ですので、ヒレの値段はロースに比べて少し高くなります。
とんかつ屋さんでの価格は、一般的にヒレの方が、
ロースに比べて2割ぐらい高くなっているようです。

ヒレって、昔はハムやソーセージの材料などにしか
使われていなかったんですが、最近のヘルシーブームで
脚光を浴びたのでしょうか。

さいごに

とんかつを食べたいなぁと思って、ロースとヒレについて
紹介してみました。

ロース派ですので、ヒレの良さにはほとんど言及していません(^^;)

とんかつ食べ比べって楽しいですよね。
土日で、家の用事が何にもない時にしか行けないのですが、
娘が揚げ物をあんまり好きじゃないので辛いです。