お内裏様とお雛様は間違い!お内裏様で『男女の人形1対』の意味

童謡の「うれしいひなまつり」は3月3日のひな祭りのときに
娘さんと一緒に歌いますよね。

「お内裏様とお雛様~♪」って和やかに歌うと思うのですが、
実は「お内裏様」の一語で男雛と女雛の男女の人形1対を意味していたのです。
作詞家「サトウハチロー」は、この歌を捨ててしまいたいと恥じたそうです。

スポンサーリンク

お内裏様の意味は?

そもそもが、内裏(だいり)というのは、天皇の私的な場所です。
その中に紫宸殿(ししんでん)があります。

紫宸殿では、元服や立太子などの儀式が行われるのですが、
雛人形はその紫宸殿で執り行われた天皇と皇后の結婚の儀を
模倣して祭られます。

ですので、お内裏様というのはひとりではなく、
お殿様とお姫様のふたりというのが正解なのです。

作詞家としての業績は素晴らしいものがあるサトウハチローさん。

「ちいさい秋みつけた」「リンゴの唄」「長崎の鐘」のような
未来永劫人々の心の歌に留められるような名曲の数々を
生み出しています。

なぜ間違えてしまったのでしょうか!

これが本当の『弘法も筆の誤り』なんでしょうね。

左近の桜と右近の橘の左右とは?

左近の桜なのに向かって右で、右近の橘なのに向かって左って
何でだろう?って思いませんか。

これって、決して左右間違えていません。

天皇の目線から見て、右か左かを考えるんです。

天皇の役目を果たす男雛からは、左近の桜・右近の橘に
なっていますよね。

同じような左右の呼び方に川岸の呼び方があるんですよ。

たとえば、『梓川の左岸に遊歩道がつけられている』なんて
言い方をします。このとき左岸を歩いていたとすると、自身の
左側に梓川が流れているんです。

つまり、進行方向は梓川の向かって右側ってことになります。

そうなんです!

川の左岸・右岸という呼び方は川の上流から下流を見て、左右を
考えているんですね。

ちょっと、似通っていると思いませんか?

うれしいひなまつりの歌詞はおかしくても名曲です!

歌詞の意味に首をかしげる部分があっても
『うれしいひなまつり』が名曲であることに
変わりはありません。

娘はたしか3歳ころから喜んで歌っています^^

やっぱり雛祭り・桃の節句といえば
『うれしいひなまつり』のメロディーですよね。

それに、ひなあられや菱餅が加わって
雛祭りが賑やかになるんです。

ホントに女の子が大喜びする行事です。

雛祭りは、最近のハロウィンみたいに
騒々しくありません。
でも、しっとりした中にも華やかさを
備えています。

まさに女の子の成長を祈る行事ですよね。

やっぱり『おだいりさ~まとおひなさま~♪』
がしっくりきます^^