フクロウとミミズクは同じ仲間で区別はない!?耳は飾りの羽毛だった!

『古くて新しい問題』ではありません。
フクロウとミミズクってどう違うの?という問題です。

答えはとっくに出ていたんですね。
フクロウとミミズクは全く同じ仲間です。

フクロウの名前の由来は諸説あるんですが、
ミミズクの「ズク」はフクロウのことなんです。
※古語では「ツク」がフクロウを意味していました。
※「ズク」は現代仮名遣いです。

ですので、ミミズクは『耳のあるふくろう』って
意味になります。

昔の人が呼び名を変えていたので、ややこしくなったのでしょうか^^

スポンサーリンク

フクロウもミミズクもフクロウ目フクロウ科に属します

フクロウとミミズクは、分類学上は区別がなく、
両方ともフクロウ目フクロウ科に属します。

ミミズクと呼ばれるフクロウですが、耳状に見えるのは実は耳ではなく、
いわば飾りの羽毛で、「羽角(うかく)」が正式名称です。

しかし・・・
「シマフクロウ」には耳状の「羽角」があります↓↓

「アオバズク」には耳状の「羽角」がありません↓↓

ですので、フクロウとミミズクの区別にこだわる意味はないのですが、
やっぱり耳がぴょんとあるように見えるフクロウは、ミミズクですかね^^

フクロウとミミズクの耳はどこにあるの?

ミミズクの耳のように見える「羽角」は、もちろん
本物の耳ではありません。

では、ミミズクの本当の耳はどこにあるのでしょうか?
フクロウもミミズクも耳の位置は当然にいっしょです!

本当の耳はフクロウもミミズクも、同じように目の左右の顔の側面にあります。
人間のように耳たぶがあるのではなく、穴があいているだけです。
その穴も羽毛に隠れて外からは見えません。

ですので、フクロウやミミズクの耳を見ようと思ったら、
フクロウカフェにでも行って、目の脇の羽毛をかき分けないと見られません。

もっとも、フクロウやミミズクの耳の見たさにそこまですると危険ですね。
口ばしでつつかれる危険度はマックスです^^

耳の位置は、専門家がそうだと言っているのですから
それで納得してくださいね。

この至近距離でも耳は見えません。

フクロウカフェでもミミズクはフクロウとして紹介!

私のお気に入りの『ふくろうカフェならまち』のHPに
「ふくろうの紹介」という項目があります。

そこでは、フクロウとしてミミズクが紹介されています。
当たり前ですね。分類学上、両者は同じなんですから。

『ふくろうカフェならまち』のふくろう紹介のページ

さいごに

いかがでしたか?
ちょっとハナタカさんになれるのでは^^

ま、興味のない人には本当にどうでもいい話ですが。

フクロウの耳について面白い動画を見つけました。
ですが、可愛らしい映像ではありませんので要注意です!!