犬や猫はなぜ人間の赤ちゃんに優しいしされるがままで寛容なの?

犬や猫は、普通は大人の人間にされたら嫌がって逃げるようなこと、
例えば、ベタベタ撫でまわされる、触られる、叩かれる・・・
なんてことでも、同じことを赤ちゃんにされたらジッと耐えています。

たとえ飼い主でも、ワンちゃんやネコちゃんは過度の触れ合いは
苦手ですよね。
犬や猫を飼っている方なら経験済みだと思います。

ワンちゃんやネコちゃんにも、ある意味、人間と同じように
『相手が赤ちゃんだからされるがまま』という気持ちがあるのでしょうか?

なんで、ワンちゃんやネコちゃんは人間の赤ちゃんに優しいのでしょうか。

スポンサーリンク

あのハスキーが赤ちゃんにされるがまま!

※音が多少出ますので、イヤホンをお忘れなく。

ハスキーって、一見すると狼みたいですよね。
でも、社会性に富んだ性格だそうです。
精悍な顔付と屈強な体から考えると、赤ちゃんを近づけるのは
危険かなとも思えますが、ちゃんと教え込んでいれば
大丈夫のようです。

なんでワンちゃんやネコちゃんが、赤ちゃんには寛容なのか?

人間を含めて動物一般の行動ですが、
赤ちゃんって、顔のパーツが中心にギュッと集まっていますし、
顔の凹凸も少ないですよね。
その顔立ちに反応して、守ろうとする本能があるそうです。
【ある生物学者の話しです】

でも、学説として定立しているのかはわかりません。

大型犬でも、赤ちゃんならそばにおいても絶対大丈夫か?というと、
決してそんなことはないはずですので、飼い主さんは
十分注意が必要です。

『犬 赤ちゃん 噛む』なんて語句で検索すると、
あるわあるわ、興味本位の動画から犬の性格を詳述するものまで
たくさん見つかります。
※もっとも動画は削除されているものが大半ですが。

特に生後数か月の赤ちゃんが、飼い犬に突然噛まれて
大変なことになるのが多いようです。

いろんな考え方が紹介されているのですが、
飼われているワンちゃんが、赤ちゃんを家族の一員として
認めていないことも原因の一つのようです。

大型犬に限らず、赤ちゃんにとっては小型犬に噛まれても
命にかかわる重大事です。

  • 飼い主さんとのワンちゃんとの信頼関係
  • 飼い主さんにとって赤ちゃんは宝物
  • だから、ワンちゃんにとっても赤ちゃんは宝物

という図式になるようなしつけができていないのなら
安易に、ワンちゃんに赤ちゃんを近づけるべきでは
ないのかもしれません。

私の記憶では、国内で起きた、10カ月のハイハイしていた
赤ちゃん(女の子)が、祖父宅に遊びに行って祖父が飼っていた
ゴールデンレトリバーに噛まれて命を落とした、
という事件が鮮明です。

亡くなった赤ちゃんは、それほど頻繁にゴールデンレトリバー
と接していなかったと思われます。

想像しても、赤ちゃんにもワンちゃんにも飼い主にも
悲惨極まりない事件でした。

何をされても赤ちゃんから離れない猫

※ほんの少しだけ音が出ます。


このネコちゃんは、よく飼いならされているんですね。
途中で、ネコちゃんがあくびをしていますが、
そのあくびをした口の中に赤ちゃんの手が
突っ込まれてます^^

ネコちゃんにとっては、不意打ちですね。
でも噛んだりしていません。
飼い主さんが真上から動画撮影しているのが
ネコちゃんにもわかるんでしょうか。

我が家でも猫を飼っているのでわかるんですが、
飼い主に本気で噛むことはないと思います。
甘噛みは頻繁にありますが。

でも、ネコちゃんの恐いところは、お口の牙もそうですが、
するどい爪こそ要注意ですよね。

やはり、トラやライオンの仲間です。ネコちゃんはお口で
攻撃するよりも、前足の鋭い爪で相手に向かうからです。
猫パンチだけなら可愛いのですが^^

私の娘も愛猫の爪で頬に数センチメートルの傷が
付いたことがあります。
猫を飼い始めて間もない頃、娘がけっこう無理な
体制で猫を抱っこしたからです。
猫は苦し紛れにちょっと爪を出したんだと思います。

ネコちゃんと赤ちゃんを接近させるときは
やはり飼い主さんの監視下にしましょうね。

赤ちゃんだけでなく、小さいものを守るのが本能?

※音が出ますので、イヤホンをお忘れなく。


赤ちゃんだけじゃなくて、小さいものを守りたいという
性格のワンちゃんもいるみたいですね。

ただ、小さいものを守るのが本能・・・ということでは
ないようです。子猫にちょっかいを出そうとしている
ワンちゃんが大半ですから。

白黒のワンちゃんはたくましいです。最後のほうで、
子猫が白黒のワンちゃんを見つめています。
『嬉しいニャ~』とでも言っているようです^^

さいごに

ワンちゃんやネコちゃんが赤ちゃんと触れ合っているところは
見ていても本当にほのぼのとします。

でも、どんなに慣れている光景だとしても
目を離すのは禁物です。

赤ちゃんのそばにワンちゃんやネコちゃんを近づけていいのは
飼い主さんとの信頼関係が完全に構築されているときですが、
それでもワンちゃんやネコちゃんと赤ちゃんとだけに
しないでください。

飼い主さんがその部屋を離れるのはご法度です。
飼い主さんがいてこそ、ワンちゃんやネコちゃんも
落ち着くのだと思います。