電車でリュックを足元に下ろさないバカはマナーの欠けらもない!

満員電車で気になることのひとつが、リュック背負ってそのまま足元に下ろさないバカな奴らの存在です。

ほかにも濡れた傘を広げたままの奴やヘッドフォンのシャカシャカ音、ドア付近で微動だにしないバカなど、バカを挙げだしたら枚挙にいとまがないのですが、とにかく満員電車はバカだらけです。
満員電車に限っても、とんでもない数のバカがいるのですから、やっぱり世の中はバカだらけで本当に恐いと思います。

やはり、ギュッと押されて不愉快な思いをするリュック背負うバカの罪は相当なものだと考えています。なんでリュック背負って、余分な容量を占領していることに気づかないのでしょうか?

本当にバカだと思うので、バカのために、『なぜリュックは、電車の中では背負うものではなく足元に下ろすべきか』についてレクチャーがてら書きつけてみます。

スポンサーリンク

ヒトの体の構造上、足元にリュックを置いた方が容積が均一化される!

足りない頭でちょっと考えたらいいのに。
ヒトの体ってどうしても上半身の方が容積大きいですよね。
そこにリュックまで担いで満員電車に乗られると、倍ほどの容積に膨れてしまいます。

ただでさえ窮屈な満員電車なのに、余計にギュ~ッと押されてしまいます。
満員電車に乗ったときに、人の足元に目をやってごらんなさいな。
隙間が結構空いているでしょ!
その隙間空間にリュックを落とし込む‥という感覚で足元にリュックを下ろしたら、
他の乗客の迷惑がかなり軽減されるというわけです。

学生時代に山岳部をやっていた頃です。
大きなキスリングを担いで電車に乗ったら、先輩から『電車では必ず下ろせよ』と言われました。ま、キスリングを知っている方は、たとえ下に置いても邪魔になることはご存知だと思います。

キスリングじゃなくて、小さなアタックザック(ロッククライミングなどで使用する小さなリュック)でも、肩に担いでいたら『下におろせ』と指導を受けました。ほかのお客さんの迷惑になるからです。

今は昔の感があるほどの大昔の話ですが、昔の方が他人への配慮が行き届いていたような、そんな気がします。それ以来、たとえ通勤用の肩掛けカバンでも、電車に乗ったときは肩から外して体の前で持つようにしています。

満員電車に乗っている人が全員そういう行動を取ってくれたら、多少なりともスペースの空きができると思うのですが、このせちがらい世相では、自分さえよければ、体力のないお年を召されたサラリーマンや満員電車に偶然に乗り合わせてしまったお年寄りのことなど意識の欠けらにもないのでしょうね。

ま、取りあえずは、満員電車で、いえ、満員電車でなくても他人が乗り合わせる公共交通機関では、何でリュックを足元に下ろさなければいけないのかがバカに伝わればそれでいいんです。

リュックをかたくなに担いで下ろそうとしない会社員や大学生!

こいつらは変に体力があるので『リュック邪魔ですよ、下ろしてもらえませんか。』などと注意しないことが肝心です。
不意にパンチをされたら、鼻の骨が折れたり、場合によっては致命傷になりますから。
そんな事件は多々起きていますよね。

武道を習っていたとしても狭い車内です。不意の動きにどれだけ反応できるのか疑問です。
よほどリュックを担いだままのバカに圧力をかけられればいいのですが、そうでないときは黙っていることが肝心です。

そんなバカはちょっとの注意で逆上します。バカじゃなければ、そもそもリュックを担いで満員電車に乗りませんから。頭悪いので、リュック担いだまま乗るんです。
触らぬ神に祟りなしって言葉をよく噛みしめましょうね。
バカは死んでも治りません。逆にこちらが死に至るような暴力を振るわれるかもしれません。

悔しいのですが、リュックでギュ~って押されるのをじっと耐えましょうね。
おうちで素敵な奥さんや可愛いお子さんが待っているってことを思い起こして、バカには関わり合わないことです。あいつらは一生、どんな場面でもバカですから。

バカじゃなければ、他人に迷惑かけるようなことはとうに止めているはずですよね。
止めていないってことは『俺はバカだから近づくと恐いぞ』って言っているようなもんです。
ぜひぜひ避けて通ってください。

中高年登山とやらで浮かれているバカな年寄りは教えてあげてもいいかも!

けっこう前から流行っている中高年登山ですが、アレってはっきり言って嫌いです。
地元の山岳会にでも入って、基礎をしっかり学んでいるのなら別ですが、にわか知識でひょこひょこ北アルプスやらに出没されると迷惑で仕方ないと思います。山岳警備隊も『よけいな仕事させやがって!』と怒っていると思いますよ。

現に見ましたから。千畳敷カールに観光に行ったときに『頂上は氷点下3度ですよ。服装には気をつけて!』と盛んにアナウンスしているそばで、薄着中高年登山者がさっそうと頂上目指して登ろうとしている姿を!「やばいんちゃう」と本当に思いました。誰も着ぶくれしていなかったので。

中高年登山者が5,6人電車の椅子に座っている姿を見かけたことはあると思います。彼らは一応、足元にリュックを下ろしていますよね。当たり前なんです。リュックを担いで座ったら背中のところで座席シートから押されてしまうからです。

ここなんです。満員電車でリュックを担いでいるバカは、自分が人を無理やりに押していることに思いを致すことができないんです。
私は少し意地悪なんですが、リュックを担いだままの中高年登山者でしたら、わざとリュックに圧をかけることがあります。邪魔なんだよ、ってことを知らしめるつもりなんですが、時折睨まれたりもしています。

中高年なのに、常識とか良識とか想像できないバカが多いのが中高年登山者だと思っています。でも、今後は、電車でリュックを担いだままのバカな中高年登山者には物の道理を教えてあげようかと考えているところです。

さいごに

いろいろとバカをあげつらいましたが、やはり『君子危うきに近寄らず』です。
バカのために人生を捧げるのはまっぴら御免ですよね。

それにしても、ちょっと考えたらわかることを考えようとしないバカが増えているのは困ったものです。
日本の良識やら美徳やら、もうすでに過去のものになってしまったんですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。