バーベキューを自宅の家の前でやる人に注意したらクレーマーなの?

大勢でバーベキューするのって本当に楽しいですよね。
晴れ渡った青空の下、ビール片手にお肉を頬張る!至福のひとときです。

でも、やっぱりTPOを考える必要があると思うんですが。

たそがれ時から炭をおこして、夜のとばりがおりてくるころに肉を焼き始める。
これも炭の匂いと焼肉の焦げる匂いが微妙にマッチして、ワクワクします。

しかし、キャンプ場とか決められたBBQスペースなら、誰も困りません。
こんな光景が、密集した住宅街でのヒトコマとしたらどうでしょうか?

以前に、伴侶が書きつけた記事についてご意見がありました。
住宅街でのバーベキューは甚だ迷惑だ!即刻やめるべし!

そしたらですね。『文句をつけるアンタが悪い。大人だから我慢しなさい。アンタはただのクレーマーだよ!』というご批判を受けました。えっ!我慢って。初夏の頃に網戸にしておいて涼んでいたら、バーベキューの煙がモクモクと家の中に入ってきても、ひたすら我慢するのでしょうか?それを我慢して初めて大人と言えるのでしょうか?

そんなことないですよね。
そこで、再度、自宅の家の前でバーベキューをする行為について考えます。
もっとも、あなたのおうちの敷地が300坪くらいあって、バーベキューの煙が隣りの家まで行くことはないってことでしたら、関係ない話です。

スポンサーリンク

実は私、住宅密集地でバーベキューする人らに注意しました!

以前に、住宅街でのバーベキュー記事を書いたときは、注意をしようとして妻にとめられたのでしなかったのですが、その後、ちょっと頻繁にバーベキューで「ガハハ!ギャーそれそれ!」状態になったので業を煮やし、そのアホな3,4軒のご近所の集まりに注意をしてしまいました。

そのときはアホ集団は、もちろん駐車場でみみっちくバーベキューをしていました。
キャンプ代をケチって家で、しかも駐車場で・・
こいつらなんて哀れなんだ、と気の毒でもあったのですが。

でもですね。夜の9時過ぎまで大声で騒いでいたんですよ!
これがキャンプ場なら管理人が飛んできます。
そうじゃなくても近場のキャンパーからキツイお叱りを受けるところです。

いくら屋外のキャンプ場と言えども、モラルがあります。エチケットやマナーも当然に遵守すべきです。
ましてや住宅密集地域の駐車場でのバーベキューですよ。
新興住宅街ですから、隣りの家との距離は5メートルほどありますが、そんなもの煙は家の中を縦横無尽に行きまくります。そして夜の声って、けっこう響くんですね。

その日、私は調子が悪かったので、午後9時30分にはベッドに入りました。
しかし、アホ集団のせいでうるさくてたまりません。
とうとう、意を決して外まで注意しに行きました

『こんな住宅密集地域で遅くまで大声出さないでください。
煙が家の中に入ってくるのを我慢しなければいけないのですか?
あなた方は他人の我慢で、自分の欲望を満たしているんですよ。』
と、大声は出していませんが。だいたい、こんな骨子で伝えました。

幸い、変なトラブルにはなりませんでした。
もっとも、私はそのアホ集団のだいたいを知っています。
暴力沙汰にはならないだろうという希望的観測もありましたし。

家の前で楽しくバーベキューする人に注意したらクレーマーか?

せっかくバーベキューをして楽しんでいるのだから、大目に見なきゃいけないのでしょうか?
たとえ、焼肉の煙が家の中に入ってきてもジッと耐え忍ぶ必要があるのでしょうか?

いえいえ、そんな受忍義務はありません。

仮に私が「クサヤの干物」が大好物だとして、友だち集めて、住宅密集地域の家の駐車場で、
「クサヤの干物」で干物バーベキューをしたらどうなるのか?
そりゃ、クサヤの干物は臭いがあるからダメだよ、でも、焼肉ならちょっとは多めに見なきゃ、ってことになるんでしょうかね。

臭いなんて主観でしかありません。もしも法律や条例で、『牛肉のバーベキューはどこでしてもいいけど、クサヤの干物はこれを禁ずる』なんて制定されたら従うしかありませんが。

そんな規則は作れませんよね。
ということは、住宅密集地域での暗黙のルールを守るべきなんです。

そもそも住宅というのは、仕事を終えてホッとして帰るべき場所です。
1日の疲れを多少でも癒す場所なんです。
その場所で何で、他人の蛮行を受忍しなきゃいけないんでしょうか?

やっぱりTPOなんですね。
キャンプ場で『オイ!お前の焼肉の煙けむたいからやめろよ!』
なんて言われた日にゃ、『お前こそ、すぐにここからイネ!』ってなりますよね。
キャンプ場はそういう場所なんです。

キャンプ場に行って、焼肉の煙がけむたいから切れまくる、なんて奴はもちろん見たことありませんが。個人的にキャンプは学生時代の山岳部を含めると40年ほどの歴があります。

さいごに

とりとめがなくなりましたm(__)m

でも、家がひしめきあっている中で、のうのうとバーベキューをやらかすアホ集団がいることは事実です。もちろん、子どもがやっているんじゃないですよ。ええ年こいた大人がやっているんですよ。

他人の迷惑を顧みることのできない奴等がそんだけいるってことです。

昔、中学の教師に教わりました。
『人には迷惑をかけてはいけない。』
こんな当たり前のことが守れない世の中になってきているような気がします。

もしも、住宅街バーベキューを楽しんでいるのなら即刻やめましょうね。
でも、たとえば100戸規模の住宅街だとして、全戸がバーベキューに参加するのなら話は別です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。