五徳やガスコンロをきれいに保つには洗う頻度は毎日がベストです☆

お家の五徳やガスコンロはきれいですか?

料理をするときに、油ギトギトで真っ黒く焦げ付いた汚れが気になるけど、
料理が終わると…ま、いっか!
って、半ば見て見ぬふりの毎日を過ごしていませんか?

五徳やガスコンロを洗うタイミングを逃すと、取り返しのつかないことになります!
私は、汚れが全然落ちない五徳を買い替えることになりました。
でも、その買い替えたピカピカの五徳も無残な姿になりそうなことに…

私が五徳で悪戦苦闘した体験記を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ガスコンロの五徳が重曹できれいピカピカになるって本当かな?

巷の情報では、『五徳は重曹で新品によみがえる!五徳が重曹でピカピカに!』
なんて、夢のようなお話があふれていますよね。

実際に試した方なら、あの情報ってホント?眉唾じゃない?ウソ?と思っているのではないでしょうか。
私も試してみたんですよ。
↓ ↓ ↓ そのときの記録がこちらです ↓ ↓ ↓


ちなみに、私の場合は重曹ではなくて、「セスキ炭酸ソーダ」を使ったのですが、成分はほぼ同じです。

五徳が重曹で簡単にきれいになるって情報ですが、
五徳を洗っていない時間や期間について書かれているものが見当たりません
まさか、五徳の重曹情報って、毎日洗うことを前提に書かれているの?

そりゃ毎日のように重曹でガシガシと洗えば、当然にきれいになりますよね。

でも、何年もまともに洗っていない五徳の汚れって、そもそも取れるんでしょうか?
私は、レンジフード掃除の見積りをダスキンに頼んだついでに五徳について尋ねてみました。
『この五徳きれいになりますか?』
ダスキンの担当者いわく『やってみても、変わらないと思います。買換えの方がお得ですよ』・・

え~! じゃ、重曹で五徳がきれいになるっていう情報は何なの?
長期間、放置した五徳は元に戻らないってことじゃない?

重曹情報は助かるのですが、何年も洗わずに放置した五徳には重曹でも無理だよ!って、
ひと言を付け加えてもらえると、情報の精度は上がると思うのですが。

買い替えた新品の五徳がヤバいことになりそうに!

五徳を買い替えたので、最初の2,3日は新品ピカピカの五徳で気分は上々でした。
もちろん、手入れもせずに放置したということはありません。

本当に汚れが取れますよ。


レーヨン繊維が特徴で、ガスコンロのトッププレートなんか本当にきれいになります。
当然、このクロスで五徳もササッと拭いていました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アズマふきん ふしぎクロス 大判 3枚お試しセット
価格:1998円(税込、送料無料) (2018/12/15時点)

楽天で購入

五徳を買い替えて、1ヵ月でこんなに汚れました!

一見まあまあに見えるんですが。

3つの五徳とも、それ相応に汚れています。
毎日サッとは拭いていたんですが

何と、トッププレートも汚い。

ガスコンロの五徳とトッププレートを掃除してみました。

まずは簡単そうなトッププレートを掃除します。

メラミンスポンジです。

さすがにトッププレートの汚れはメラミンスポンジで、いとも簡単に落ちました。

問題は、やはり五徳です。
最初は、ホームセンターで購入した「汚れ落とし」で擦ってみました。
傷がつかない、と説明書に書いてありました。

ですが、傷も付かない代わりに汚れも落ちない(≧◇≦)

けっこう、しぶとい汚れです。

そこで以前も使ったことのある「セスキ炭酸ソーダ」を使いました。

金ダライの中に、分量より多めのセスキを入れて。

熱湯の中に五徳をつけこみました。

ダメもとで試しました。
以前はフライパンに五徳入れて、セスキを溶かしてかなりの時間、煮沸したんです。
でも全然、五徳の汚れは落ちませんでした。

そこで五徳をセスキの熱湯につけこんで、ちょっとでも汚れを落としやすくすることにしました。小一時間つけこんでから、先ほどのホームセンターで購入した「汚れ落とし」でゴシゴシこすりました。

※やっぱりですね。セスキ炭酸ソーダの熱湯風呂につけこんでも五徳の汚れはそのまま!
セスキ炭酸ソーダって、重曹と同じアルカリ性なんですよ。
しかも、重曹よりも効果があるって謳い文句です。
お~い!重曹で簡単に五徳の汚れが落ちるって主張している人!
何か反論があるんならしてちょうだい(#・∀・)

思うに、重曹やセスキでの五徳洗いって、ほぼ毎日しなきゃ効果がないってことなのかなぁ?
でも、セスキ炭酸ソーダの熱湯風呂につけこんだおかげでしょうか
ホームセンターの安い「汚れ落とし」でも比較的簡単に五徳の汚れが落ちました。

どうです、割とイケてるでしょ。

黒っぽく見えているのは光沢です。

今回はこのくらいにしといてやるよ!

五徳に付く汚れが落としにくいのはなぜか?

ダスキンの方にも見放された我が家の五徳…
そりゃそうかなぁ。汚いと思い立って、セスキ炭酸ソーダで煮沸したときは購入後6,7年は経っていましたから(^^;)

なんか特別の化学反応が起きているのか?

実は・・・
油汚れは空気に触れることで酸化し、樹脂のように固まる性質があるんです。
ですから、汚れが固まってしまうと洗剤をつけて拭き取ろうとしてもなかなか落ちません。

樹脂って、漆や松ヤニを想定されるとわかりやすいですよね。
あんなものを擦って取ろうとしたって無理ですから。

似たような性質に変わってしまう、五徳の油汚れです。
そりゃ落ちませんわ。1週間も放置したらプロレスラーが擦っても落ちません。

化学式にしたら、すごい結合状態なんでしょうね。
その分子の結合を引きはがすなんて、単にこすり洗いでは無理ですよね。
じゃ、どうしたらいいのか。

さいごに!『やっぱり毎日洗うことが一番簡単!』

これですよ、これ!

普通の食器を洗うみたいに毎日五徳を洗うのがいつまでもピカピカを保つコツです。
しかも、料理をし終わったアトになるべく早く洗うことが一番簡単なんです。

五徳がちょっと冷めたな、と思ったらすぐに普通の潜在とスポンジで洗う!
もう、これに尽きます。

※ちなみに写真のスポンジは頼りなかったので、スーパーでもう少し硬めのスポンジを買いましたが。

1ヵ月も五徳を放置したら、汚れがあまりにも落ちないことに落胆して、
『まっいいか!料理の味が変わるわけじゃないし。』
なんてことになりかねません。

買換えてもそんなに負担ではありませんが、毎日2,3分も洗えば、きれいを保てるのが五徳です。台所の五徳はお家の顔ではないのですが、主婦の顔みたいなものです。主夫の顔かもしれませんが。

お友だちを呼んでパーティーなんかしたときに、ガスコンロの五徳を見られたら…
なんてことを考えるのなら、五徳は毎日サッと洗うのがベストですよ!
お互い、頑張りましょうね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。