首肩二の腕が朝起きると痛くてたまらなかったのに枕を替えたとたん!

若い頃は何ともありませんでした。
まさか、朝起きて首や肩が痛むようになるなんて!
なんと二の腕までが鈍い痛みを伴ってきました。

肩こりなんて、自分には全く無縁だ…とたかをくくっていたんです。
やはり若い頃って、しなやかな筋肉に支えられていたんだなぁと思います。
適度に運動もしていましたから。

でも中年(初老かも)になるとダメですね。
起きてから両腕をグルグル回したり、首を回したり、と
痛みの違和感をやわらげるために無駄な抵抗を続けていました。

寝ることって、けっこう楽しみですよね。
お布団でヌクヌクになってス~ッと落ちていく感じ…好きです。
でも、翌朝に首、肩、二の腕がガチガチになっていると、当然に目覚めは最低です。

この痛みはなぜ?と色々考えたり情報収集したりして、自分なりの結論に達して
枕を替えてみました。今まで、枕なんて気にも留めていませんでしたが。

スポンサーリンク

フカフカ枕を以前は使っていました。


以前はホームセンターで買った、こんなフカフカの枕を使っていました。
フカフカが好きだった、というのではなく、『丸洗いできる』という説明に惹かれて購入しました。

でも・・

このように、いったん凹ますと復元するまで若干の時間が必要です。
こぶしで凹ますだけでこの状態だと、寝ているときは頭の重さでメチャクチャ沈み込むことになります。

専門的なことはわかりませんが、フカフカで凹みやすい枕は、頭を支えるために首や肩や二の腕に余計な負担をかけていたのかなって考えてしまいました。

この凹み具合は問題だと思います。

沈み込まない枕に替えてみました。


一見、沈みそうな感じですが、何ともないんです。
朝まで高さは一定です。


枕カバー代わりにバスタオルを巻いて使っています。

枕を替えた翌日に首や肩や二の腕が楽になった!

枕が届いて、早速その晩から使ったのですが、なんと翌朝になっても
首や肩や二の腕のいつもの違和感がないんです。

これには驚きました。こんなに速攻で体感できるものなのか!?
もちろん、私だけの個人的な感想ですが(^^;)

大げさではないのですが、枕のおかげで首の痛みや二の腕の外側の鈍い凝りから解放されたことは無上の喜びでした。なにせ、2,3年は悶々としていましたから。

首や肩や二の腕の痛みに耐えかねて、選んだ枕はこんな感じ

届きました。


私がこの枕に決めたのは、『医師がすすめる』の文言に惹かれたからです。
本当に単純な理由で選択しました。あれこれ考えてもわかりませんから。

梱包品はこれで全部。猫は余計。

説明書は入っていません。箱の外側に書かれていることが説明書代わりです。

これに惹かれました。

こういう説明には説得力があります。

横向きに寝ても落ちません、という意味

ここが最重要ポイントだと思います。

どっちが上か下か?これでわかりました。

けっこう多機能です。

丸洗いができるみたい。まだ試していませんが。

首や肩や二の腕の痛みでこんなものも試しました。

朝起きて首や肩や二の腕の痛みが本当に辛くて色々と試しました。

書店で「家庭の医学」的なコーナーをじっと見ていて、肩甲骨に目が留まりました。

肩甲骨の可動域が狭くなると、たしかに体に不具合を起こすことは知っていました。
よって、即購入しました。でも、この本はどの運動を組み合わせたらいいのかわからずに不親切だったのでお蔵入り。


こちらはチョコチョコとやっています。

付属グッズも面白いです。

運動したアトは気持ちよくなるんですが、夜寝るとまたいつもの通りに首肩二の腕に痛みが…
そりゃそうですよね。運動の時間より睡眠時間は、はるかに長いんですから。

そんなわけで今の枕に行きついたわけです。

さいごに

あなたがもし、首や肩や二の腕の不快なコリで悩んでいるのなら、
枕を疑ってみることも大事だと思います。

ただ、私が選んだ枕は、私に合っていただけかもしれません。
でも、適切な枕に巡りあって正しい姿勢で熟睡できれば、首や肩や二の腕の痛みから解放される日がやってくると思いますよ。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。