フロントガラスが凍結したときお湯をかけちゃダメだけど対処法は?

暖かい地域に住んでいる方は、「フロントガラスが凍る」という経験をしたことがないかもしれませんね。
北国では、寒い日に車のフロントガラスが凍ることがあります。

それだけではなく、車のドアが凍って中に入れなくなったり、
家の鍵穴が凍って入れなくなったりすることだってあります。

極寒の夜にガチガチに凍ったフロントガラスは、
朝日を受けたくらいでは氷が解けません。
時間のない朝に、外に出てフロントガラスが凍っているのに気付くと、けっこう憂鬱な気分になってしまいます。

さて、私が住んでいる地域では、12月後半から2月にかけて、頻繁に車のフロントガラスが凍ります。夜のうちに車に積もった雪を取り除くと、その下に現れる凍ったフロントガラス(≧◇≦)

真っ白に凍るため、見ればひとめで分かります。
長年のことで慣れているとはいえ、面倒くさいものです。

一般的に「氷を解かすのに一番手っ取り早い方法」と言われて思いつくのは、「お湯をかける」というもの。
しかし、車のフロントガラスが凍った場合は、そういうわけにもいきません。
なぜなら、凍ったフロントガラスにお湯をかけると、大惨事になる可能性があるからです!

スポンサーリンク

凍結したフロントガラスにお湯をかけたらどんな結果になるのか?

結論からいうと、凍ったフロントガラスにお湯をかけると、ガラスが割れてしまう可能性があります。
しかし、「車のフロントガラスが凍ったらどうするか」というアンケートに対して、
暖かい地域にお住まいのかたは、「お湯をかける」と答えることがあるそうです。

基本的には、凍ったフロントガラスにお湯をかけてはいけません。
お湯をかけると、ガラスは部分的に膨張します。
それにより、割れたり、ひびが入ったりしてしまうのです。

冷えたグラスに熱湯を注ぐと、割れてしまうことがありますよね。
それと同じような現象が起こってしまうのです。
車のフロントガラスは、事故などの衝撃によって割れても飛散しないような構造になっています。けれども急激な温度変化には弱いんです。

北国に住んでいる私の場合は、周囲から、
「お湯を使って氷を解かそうとしてフロントガラスが割れた」
という話は聞いたことがありません。

おそらく、みんな「お湯は使ってはいけない」と教わっているからなのでしょう。

どうなるのか興味があるのなら、インターネットで「フロントガラス お湯 かけた結果」と検索してみましょう。
実際にお湯をかけたことでフロントガラスが割れたと思われる車の画像や動画がでてきます。
ユーチューブの「フロントガラス お湯 かけた結果」の検索です

運良くフロントガラスが割れなかったとしても、外気温が低ければ、すぐにまた凍り付いてしまいます。運転中に窓ガラスが凍ると、視界が悪くなってしまい大変危険です。

・フロントガラスが割れる可能性がある!
・再び凍ってしまう可能性がある!

上記の2点から、フロントガラスが凍っても、水やお湯をかけるのはおすすめできません。

フロントガラスが凍っていたときの対処法

お湯をかけなくても、フロントガラスが凍っていたときの対処法はいくつかあります。
暖かい地域にお住まいのかたでも、覚えておくとよいかもしれません。

エンジンをかけてデフロスターに切り替える

デフロスターとは、フロントウインドウの曇りを除去する機能です。

車のエンジンをかけたら、エアコンの温度や風量を最大にして、デフロスターを使います。
基本的には、私はいつもこの方法を使います。
冬は渋滞の可能性があることから、夏場に比べると毎朝早起きをしています。
外を確認してフロントガラスが凍っているなら、普段家を出る時間より少し早くエンジンをかけデフロスターを使います。

ただし、氷が厚いときは、デフロスターだけでは解けるまでに時間がかかってしまうこともあります。その場合、私はスノースクレーパーで氷を除去しています。
スノースクレーパーを使うときは、車体やガラスに傷をつけないように注意する必要があります。

慣れれば、短時間で、全てのガラスから氷を取り除くことができるようになります。
※ホームセンターで簡単に手に入ります。

解氷スプレーを使う

フロントガラスの氷を解かすには、「解氷スプレー」を使うのも有効です。
解氷スプレーはアルコールの性質を利用したもので、スプレーするだけで氷をすばやく解かすことができます。

ネット通販、カー用品店、ホームセンターなどで販売されており、価格もリーズナブルです。
フロントガラスが割れてしまうと、万単位で修理費用が発生します。
それよりなら、解氷スプレーのほうが断然お得ですね。

まとめ

暖かい地域であっても、まれに、急激に冷え込むことがありますよね。
慣れていなければ、フロントガラスが凍ったとき、ついお湯をかけたくなってしまうかもしれません。

しかしフロントガラスが割れたりひびが入ったりしてしまうと、高い修理代金を払うはめになってしまいます。
フロントガラスが凍ったら、ぜひ、デフロスターや解氷スプレーを試してみてくださいね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。