薬物乱用頭痛と医師に言われたが頭痛薬の飲みすぎに注意したい体験談!

「頭が重い」「頭が締め付けられる」そんな症状で困ったことはありませんか?
一般的に、これらの症状は「頭重(ずおも)」と呼ばれていて、
・脳の病気
・鼻の病気
・目の病気
・緊張性頭
・睡眠不足
・ストレス
・肩こり
など、さまざまな原因で発生します。

病気が原因の場合は、治療で頭重(ずおも)は解消する可能性があります。
睡眠不足、ストレス、肩こりの場合も同様です。

とはいえ原因をすぐに解決できないこともあります。
そんなときに頭痛薬に頼っている人も多いことでしょう。
頭が痛いときや、重いときの頭痛薬。

効きめが現れると、とても楽になるものですよね。
しかし、飲みすぎには要注意です。
なぜなら「薬物乱用頭痛」というものがあるからです。
私も、この薬物乱用頭痛を抱えている一人です

スポンサーリンク

薬物乱用頭痛に悩まされていますがそもそもどういう症状

薬物乱用頭痛とは「偏頭痛」「緊張性頭痛」などを抱えている人が、頭痛薬を乱用することによって発生するものです。

「薬物乱用頭痛」でいう”乱用”とは、
・単一成分の鎮痛薬を月に15日以上使用
・それ以外の鎮痛薬を月に10回以上使用
という状態をいいます。

この薬物乱用頭痛になると、
・朝起きたときから頭痛がする
・痛みの強さや場所は一定ではない
・少し動いただけで痛みが強くなることがある
というような症状があらわれます。

国際頭痛分類によると、
「月に15日以上頭痛がある」
「慢性・急性の頭痛治療薬を、3か月以上過剰摂取している」
「その頭痛は、治療薬の過剰摂取によって形成・悪化したものである」
という場合に、薬物乱用頭痛と診断されています。

さて、私は現在、病院から頭痛薬を処方されています。
正確にいうと、その薬は、ピリン系を含む4つの有効成分から作られている解熱鎮痛薬です。
解熱、耳痛、咽喉痛、生理痛、頭痛、歯痛、神経痛、外傷痛などに使える薬です。

私がこの薬を飲み始めたころは、「薬物乱用頭痛」という言葉を聞いた記憶がありません。
そのころは、とにかく毎日頭痛に苦しんでいました。
市販薬を買って飲んでいましたが効きめも悪く、費用も掛かります。

そこで主治医に頭痛について相談したところ処方された薬が驚くほど効いたのです。
しかし、効くものの、完全に治るわけではありません。
薬が切れてくると、また痛みが発生します。

さらに、頭痛といえるほどではなくても「頭が重い」という感覚が生じます。
そこで毎日のように飲むようになってしまったのです。
それから数年が経過して、今も、その生活が続いています。

その後に、薬物乱用頭痛という言葉を聞くようになりました。
そして医師からも、「薬物乱用頭痛というものがある。それに該当すると思われる」という話をされるようになりました。
この頭痛が、”治療薬の過剰摂取により形成・悪化”したかは分かりません。

しかし簡単には頭痛薬を手放せないのが現実です。
薬物乱用頭痛では、痛くないときでも、「痛くなるかも」という不安から、頭痛薬を常用する人がいます。
この気持ちが私にはとてもよく分かります。

もちろん、なるべく痛みが出るまでは飲まないようにしています。
それでも事前に飲んだほうが痛くないのでは、と考えてしまうからです。

薬物乱用頭痛を治すために医師と相談中です!

頭痛薬が原因で頭痛が生じる。
とても困った話です。

この薬物乱用頭痛をおさえるためには、「原因となる頭痛治療薬の服用を中止」する必要があります。
しかし、原因となる頭痛治療薬の服用を中止すると「反跳頭痛」という頭痛が発生するのだそうです。

症状緩和をさせるためには、原因となったもの以外の薬で症状を緩和させるようです。
私は、現在、ほぼ毎日、頭痛薬を飲んでいます。
これをやめたら、間違いなく反跳頭痛を経験することでしょう。

反跳頭痛は2~10日のあいだ続くといわれています。
いつかは減らさないと、いつかは止めないと、とは考えます。
それでも、なかなか勇気が出ません。

とりあえず今は、
・予防として薬を飲まない
・休日は頭が痛くても我慢する
ということは心がけています。

しかし、やはり、「全く飲まない」というのは難しいのです。
良くないと分かっていてもやめられないので困っています。

現在は「今後頭痛薬をどう減らすか」を医師と相談しています。
「頭が重かったり、痛かったりするから、毎日市販の薬を飲んでいる」という人がいたら、要注意です。
その頭重感や頭痛は、もしかしたら頭痛薬が原因かもしれません。
心あたりがあるなら病院で相談してみても良いでしょう。

頭痛のほかに、軽度の首コリや肩こりにも悩まされていました。
あるとき読んだ本で、「枕が原因かも!」と気づかされました。
頭痛自体は相変わらずですが、首コリや肩こりは軽減されました。

さいごに

健康な人には伝わりづらいかもしれませんが、「毎日ひどい頭痛がある、毎日頭が重い」というのは非常にストレスを感じるものです。
薬で解放されるなら、我慢しすぎず飲むのも大切なことだと感じます。

しかし、飲みすぎると、そのあとで苦労することになるかもしれません。
もし、頭痛の原因が解消できるものなら、まずは根本的な解消をしたほうが良いことでしょう。

私も緩やかに状況を改善させられるよう、頑張りたいと考えています。