お墓参りでの線香のやり方やマナーを知らないとご先祖様に失礼です!

お盆やお彼岸に、お墓参りしていますか?
我が家では、基本的には家族全員で、お墓参りに出かけます。

我が家のお墓には、父と兄が眠っています。
兄は私が生まれる前、父は私が20歳のときに亡くなりました。

亡くなったひとに対してできることは、お墓参りくらいだと思っています。
そのため、仕事が休めないとき以外は、必ず行くようにしています。

さて、このお墓参りにおいて、我が家にはとても悪い習慣があります。
これは父が生きてきたころからの悪習です。

それは、どういうわけか、
「お墓参りに行くとき、線香を忘れてしまう」というものです。
・お供えするお菓子や米、果物
・水
・ろうそく
・花
などは全て持って行っているのです。

それなのに線香は、ついつい忘れてしまいます…
家を出る前に「線香は?」と確認したはずなのに置いてくるのがしょっちゅうです。
最近では家族全員が「そういうものだ」とあきらめムードです。

線香を忘れてばかりの我が家。
これはもう、マナー以前の問題ですよね…

それはともかく、お墓参りで線香を使う場合にも、マナーがあります。
他家のお墓参りに行くことがあるかたは、知っておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

お墓参りでの線香のマナーややり方とは。

我が家では忘れられがちな線香。
本来は、お墓参りには必需品です。
そんな線香に関するマナーを、いくつか紹介します。

ただし、お墓参りのマナーなどについては、
・信仰する宗派
・地域
などによる違いも大きいものです。

ここで紹介するものは、あくまで一般的なマナーです。
わからないことは、ぜひ、その場で直接確認してみましょう。

線香は、お墓参りには「一束単位」で持参する。
束のまま墓前にお供えすることもあります。
また、一緒にお墓参りにいったかたに分けることもあります。
そのため、線香は束で持参しましょう。・線香をあげる本数は宗派によって違うので確認
線香をあげる本数や作法は、宗派により違いがあります。
初めて行く場合など、分からなければ近くにいる人に確認しましょう。

線香を消すときは、吹き消さない
人間の息は悪行により穢(けが)れていると考えられています。
そんな息で仏様にお供えした線香を吹き消すのは不作法です。
専用の線香消しを使うのがスマートですが、ない場合は、お線香を手のひらで仰いで消しましょう。

これは、線香に関するマナーの、ごく一部です。
しかし「マナーが多い」と心配する必要はありません。
わからないと感じたら、すぐに周囲の人に聞けば解決です。

お墓参りの線香の火にはくれぐれも注意が必要です!

いうまでもなく、線香には火を使います。
そのため、以下にはくれぐれも注意しましょう。

火の取り扱いに気をつける
墓地や霊園によっては、火災を防ぐために、
「お墓参りをしたあとの線香は持ち帰る」
というルールを設けているところがあります。
ルールがある場合は従いましょう。
なお、消えていると思っても、火が残っていることがあります。
火の取り扱いにはくれぐれも気を付けましょう。・やけどに気を付ける
お墓参りには、小さい子が行くこともありますよね。
そんなとき大人と同じように線香を持ちたがる子もいます。

しかし、線香の火は、とても熱いものです。
うっかり触ってしまうとやけどをするのは言うまでもありません。

もちろん、これは、大人も子供も一緒です。
線香を扱う際は、やけどにはくれぐれも注意しましょう。

お墓参りで線香をそえる意味って?

お線香の香りには、
「場所や人を清める」
「浄化をしてくれる」
という効果があります。

そして、お墓参りで線香を手向けることで、
・お墓
・お墓参りをする人
が浄化されるといわれています。
そのため、お墓参りには線香が欠かせません。

そう考えると、我が家のように、お線香を忘れてしまうのは良くないですよね。
お墓参りには、いつも決まったカゴを持参します。

その中には、必要となるものをすべて入れているはずなのです。
それなのに、どうして高確率で忘れてしまうのかは、我が家の誰にも分かりません。

そんなわけで、毎回、お墓参りに行く途中に、誰かが、
「カゴの中に線香があるかどうか」
をチェックし、忘れていたら途中で購入しています。

そのため、線香なしでお墓参り、という事態には陥りません。
とはいえ、大事なものですから、忘れずに持参したいものです。

さて、線香にも、様々な種類があります。
一般的に寺や家庭で使用されているものは「匂い線香」と呼ばれています。
またお墓参りで使用されているのは、煙の多い「杉線香」と呼ばれるものです。

さらに、最近では、
・バラや桜、ラベンダーなどの花の香り
・コーヒーや日本酒、キャンディなど、食べ物や飲み物の香り
・無香タイプ
など、様々な種類の線香が販売されています。

故人の好みに合わせて、好きな線香を買うのも良いですね。

お墓の掃除も済ませて、ご先祖様にも久しぶりのご挨拶もできるお墓参り。
節目節目で、身も心もスッキリするような感覚に包まれますよね。
家の中も、日ごろからの断捨離でスッキリしたら気持ちいいですよ。

さいごに

お墓参りに欠かせない、線香。
次にお墓参りをするときには、我が家も忘れないようにしたいものです。

なお、火事にならないよう、やけどをしないよう、使うときには気を付けてくださいね。