玄関に鏡を置くときは風水的に位置に気を付けないと運気が上がらない!

風水では「金運は玄関から入ってくる」と言われていますよね^^

そんな玄関に、鏡を置いている家庭は少なくありません。
それでは、玄関に鏡があるのは、風水的にはどうなのでしょうか?

玄関に鏡があれば、出かけるまえに身だしなみをチェックできるので便利です。
我が家では玄関に鏡がないため不便です。

出かける前は、必ず奥の部屋に行くことになります。
なぜなら、その部屋に姿見があるからです。
もともとは我が家でも玄関に鏡を置いていました。

玄関に鏡を置くのをやめたのは、室内で犬を飼い始めたからです。
この犬が、かなり動きが激しくてヤンチャな子犬でした。
そのため、「散歩に出るときにぶつかると危ない」という理由で鏡を撤去したのです。

しかし、最近では犬の動きも随分と穏やかになりました。
もう鏡にぶつかる心配もありません。

人間以上にのんびり歩いて散歩に向かうようになったのです。
もう危険ではないのなら、便利ですし、また玄関に鏡を設置したい気もします。

そこで、玄関に鏡を置くことについて風水的にどうなのかまとめてみました。

スポンサーリンク

玄関に鏡を置くときに風水の立場から気を付ける位置とは!

玄関は、「良い気を取り込む入り口」として風水では重要視されています。

しかし、正直なところ、風水は、かなり複雑です。

紹介している本やサイトによって、
・玄関に向かって左側に鏡を置くのは良くない
・そもそも、玄関に鏡を置くのは良くない
など、いろいろな意見があります。

そこで、ここでは、風水の最大公約数的な意見について紹介します。

まず、玄関に開運グッズとして鏡を飾るのは「良いこと」と考えられる場合が多いのです。
ただし、置く位置によって高められる運気は違います。

[外から玄関を見て、向かって右側に鏡を置く]
出世運、交際運、健康運をアップする効果が期待できる[外から玄関を見て、向かって左側に鏡を置く]
金運をアップする効果が期待できる

期待したい効果によって置く場所を変えると良さそうです。

さらに玄関に鏡を置く場合に気を付けることについてもピックアップしてみます。

・玄関の正面に鏡は置かない
(玄関から入ってきた良い気を跳ね返してしまうと考えられるため)

・凹面鏡や凸面鏡は置かない
(玄関の気を乱反射させると考えるため)

・大きすぎる鏡を置かない
(トラブルを呼び込みやすいと考えられているため)

・合わせ鏡の状態にしない
(鏡同士が互いに運気を吸収すると考えられているため)

・いつも清潔な状態にする
(汚れていると運気が下がってしまうと考えられているため)

そんな玄関に置く鏡としておすすめなのが、「八角系の鏡」なんです。
八角系の鏡は、金運アップに特に効果的だと言われています。
また、楕円形の鏡も、人間関係を良くするのに効果的です。

小さな鏡であれば、置き場所にも困りませんよね。
壁掛けの鏡を置いてみるのも良さそうです。

そもそも風水とは信じるべきものなのか?

ここまで、「風水的に、玄関に鏡を置くことはどうなのか」について紹介してみました。

風水をそれほど知らない人には、気になることがありますよね。
そもそも、風水とは何なのでしょうか?

風水とは、古代中国の思想で、
・都市
・住居
・建物
・墓
などの位置を決めるために用いられてきた考え方です。

風水では、気の流れを「物の位置」で制御するんです。

ただし、実際の風水は複雑です。

そして日本では、中国の風水の中から、「一部の理論のみが陰陽道や家相として取り入れられている」といわれています。

先述の、「玄関に鏡を置くこと」だけ見てもいろんな意見があります。
そんな状況になっているのも、そのせいかもしれません。

ただ、ひとつ、共通となっていることがあります。

それは、玄関だろうと、水まわりだろうと、運気を上げるためには、「家の中は清潔にしなくてはならない」ということです。

「運気の良い人は、家が清潔である」
「商売運をアップするなら、店を清潔にしなくてはならない」
などといった記述は少なくありません。

風水を信じる信じないに関わらず、清潔にするのは大事ですよね。
家を汚していれば来客も来づらくなることでしょう。
そしてお店の場合、清潔かどうかは、さらに大切です。

そうはいっても、つい掃除を後回しにしたくなることもありますよね。
私は、典型的なそのタイプです(^^;)

しかし、もしも今よりも運気を上げたいならば、「まずは家の中を清潔にすること」を徹底してみるのが良さそうです。
運気が下がるのでは、さすがに掃除をしないわけにもいきませんよね。

今後は、私も、なるべく気を付けたいと考えています。

風水を信じる信じないにかかわらず、玄関をきれいにするのは生活の基本です。
玄関が汚いと、その家の生活スタイルがすべて見透かされてしまいますよね。
玄関をきれいに整えるときに、風水のスタイルを取り入れてみませんか。

さいごに

オリジナルである中国思想とは少し違う、日本の風水…
うのみにして家を大改造する必要はないでしょう。
しかし、少しずつ生活に取り入れていくのは楽しそうです。

中国の「風水」も、日本の「家相」も、調べてみるとおもしろいものです。
さまざまな考え方があるものだなと感心させられてしまいます。
良いものは何でも積極的に取り入れて、少しでも運勢を良くしたいものですよね^^