牡蠣にあたるのは怖いけど症状が出るまでの時間でアレルギーのことも!

牡蠣は好きですか?
私は子供のころから大好きです♩

昨年末は初めて「牡蠣小屋」に行き、大量の牡蠣を堪能しました。
そして今年は夏にも牡蠣小屋で楽しむことができたのです。
牡蠣小屋では、炭火で蒸し焼きにした牡蠣が楽しめます

さらに夏は、毎週のように市場に行きます。
なぜならそれは岩牡蠣が楽しめるからです。

岩牡蠣の旬は夏です。
水揚げされるのは6月から9月までの約3ヶ月間。
大きくて、ジューシーな味が特徴です。

冬に旬を迎えるのが、真牡蠣です。
水揚げされるのは、10月から4月までの約6ヶ月間。
岩牡蠣と比べると小さいのですが、クリーミーな味がします。

どちらも、とても美味しいものです。

スポンサーリンク

牡蠣にあたる原因と症状が出るまでの時間

おいしい牡蠣ですが、「食中毒を起こしやすい、あたりやすい」ということでも知られています。

実際のところは、牡蠣に限らず、どの二枚貝も、同じように処理して食べる分には食中毒の危険性は変わらないんです。
それにも関わらず、牡蠣で食中毒を起こす人が多いのは、食べる人も多いからなのでしょう。
また、牡蠣は、生で食べる機会が多いのもあたる原因のひとつです。

本来は、しっかり加熱をすれば食中毒は回避できます。

しかし生で食べることにより、
・貝毒
・細菌(腸炎ビブリオ、大腸菌など)
・ウイルス(ノロウイルス)
などによって食中毒が引き起こされます。

私の知り合いにも、何人か、牡蠣にあたって食中毒を起こした人がいます。
生牡蠣によって食中毒となったのは1人だけ。
残りは、加熱が足りない状態で鍋などを食べたことが原因だったそうです。

鍋や、焼き牡蠣などを食べる場合は、しっかり火が入っているか確認しましょう。

さて、そんな牡蠣ですが、「食中毒を起こすまでの時間」はどのくらいかかるのでしょうか?

一般的に、「牡蠣にあたる」という状態になったときに考えられるのは、
・アレルギー
・食中毒
のどちらかだといわれています。

食後1~2時間で症状が出るときはアレルギーで、半日~2日で症状が出るときは食中毒の可能性が高いようです。
アレルギーの場合、
・カキフライなどの加熱した牡蠣
・オイスターソース
などでも症状が出ます。

「食中毒かと思ったらアレルギー」というケースも多いことでしょう。

幸いなことに、私はいまのところ、牡蠣であたった経験はありません。
このさきも、ずっと、そうだったらいいなと思っています。

牡蠣を食べて体調が悪くなったときはどうする?

「牡蠣を食べて体調が悪くなってしまった!」
こんなときは、どうしたらいいのでしょうか。

食中毒とアレルギーでは対応が違います。
そこで、それぞれについて紹介します。

原因が食中毒の場合

牡蠣を食べて体調を崩したとき、まず考えられるのが、食中毒です。

こんなときに出る症状として考えられるのは、
・嘔吐
・腹痛
・下痢
・発熱
などです。

症状はウイルスなどが体外に出るまで続きます
このとき、下痢止めなどを飲むと逆効果になるためやめましょう。

症状が出たら、脱水症状を起こさないように水分補給をする必要があります。
がぶがぶと水を飲むのではなく、こまめに水分を補給してください。

通常は2~3日あれば、食中毒からは回復します。
ただし、もともと体調が悪かったときなどは症状が重く出ることがあります。

病院に行っても、特に特効薬はないのだそうです
ただし、脱水予防の点滴をしてくれます。
また、点滴に吐き気を和らげる薬を入れてくれることもあります。
つらいときは無理をせず病院に行くことをおすすめします

原因がアレルギーの場合

「牡蠣を食べてすぐに体調が悪くなった」という場合、すぐに病院に行きましょう。
なぜなら、アナフィラキシーショックを起こすと命に関わるからです。

アレルギーの場合は、下痢や嘔吐だけではなく、
・喉のかゆみ
・蕁麻疹、発疹
などが出ることもあります。

さらに、血圧低下や呼吸困難を引き起こすことがあるため要注意です。
症状が重い場合は、救急車を呼ぶなどしてすぐに病院へ向かいましょう。

私の知り合いに、牡蠣アレルギーのかたがいます。
彼女は、牡蠣が大好きなので、ときどき、我慢できずに食べて体調を崩しています。

思うに、かなり怖いことです。
アレルギーの場合は、やはり、食べないほうが良いでしょう。

牡蠣のように旬のものを味わいたいと常々考えています。
そんな中で、やっぱり秋刀魚は外せません。
新鮮な秋刀魚のワタの美味しいことと言ったら☆
手軽におうちで秋刀魚を焼いてみませんか?

さいごに

てのひらほどの大きな岩牡蠣を食べているとき、「やっと今年も夏が来たな」と実感します。
夏のあいだだけ味わえる楽しみのひとつです。

それでもやはり食中毒は怖いものです。
私の場合、体調が万全でないというときは、食べるのを我慢しています。

抵抗力が落ちているときに食べるのは少し怖い気がします。
そうやって普段から気をつけているおかげか、いまのところ、牡蠣で大変な思いはしていません。

食中毒なのかアレルギーなのかは素人にはわかりづらいものです。
しかし症状が出るまでの時間を目安に判断することができるでしょう。
体調が悪くなったら、無理をせず、病院を受診してくださいね。