洗濯したのに洗濯物が汗くさいときに臭いを取り除く方法を試してね!

「洗濯したのに服がけっこう汗臭い!」
そんなふうに感じたことはありませんか?

我が家では、量が少なくても毎日洗濯します。
時間を置くと衣類のにおいが取りづらいためです。

それでも、洗濯済みの服を着たときに、
「なんだか汗臭い」
と感じることがあります…

汗の匂いって、かなり独特ですよね。

そうなると、その衣類は再度洗濯するしかありません。
自分で気になるくらいなら、周りもにおいを感じると思うからです。

もちろん何度も洗濯するのは手間です。
それでも臭うよりは洗いたくなります。

洗濯の手順は、いつも同じです。
それなのに、なぜ汗のにおいが残ることがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

洗濯したのに汗くさいときに臭いを取り除く方法とは?

先日も、洗ったばかりのシャツを着たとき、「なんだか汗臭いな」と感じました。
毎日洗っていても、やはり気になることはあります。
面倒だとしても、そのまま着て出かけるわけにもいきません

最近では、さまざまなにおいの柔軟材が販売されています。
しかし、いいにおいだからと使いすぎるのも要注意です。

なぜなら、柔軟材の匂いが強すぎると、職場などで、「スメルハラスメント」と思われてしまうこともあるからです。
なるべくなら、強いにおいで消すのではなく、におい自体を除去したいものです。

洗った衣類が汗臭いというのは困りますよね。
そこで、汗臭さを取り除く方法をいくつか紹介します。

洗濯のときに酸素系漂白剤を使用する

汗臭さには、酸素系漂白剤が有効です。
塩素系の漂白剤の場合、色落ちの心配がありますよね。
しかし酸素系漂白剤は色落ちの心配がありません。
洗剤だけでは落ちない皮脂や雑菌を分解してくれます。

においがひどい場合は、
1.酸素系漂白剤をぬるま湯にとかす
2.においを取りたい衣類をいれる
3.30分から1時間つけおきする
という手順で効果が期待できます。

衣服を乾燥機にかけるか、煮沸殺菌する

においの原因となる雑菌は熱に弱いのが特徴です。

そこで、以下のような方法も効果的です。
・乾燥機にかける
・80度以上のお湯に衣類を10分つけこむ

乾燥機がない場合は、熱湯で対応できます。
コインランドリーの乾燥機を利用するのも手軽です。

これなら、漂白剤を用意する必要もありません。

ただし素材によっては乾燥機が使えないものもあります。
・木綿
・麻
・絹
・ウール
などは熱に弱いため、乾燥機をかけると縮んだり傷んだりすることがあります。
そのため、素材には注意しましょう。

我が家では、
「洗濯したのに汗臭さが取れていないな」
という場合、基本的には、もう1度洗って対応しています。

しかし時間があるときはコインランドリーの乾燥機を利用します。
乾燥機をかけると、どれもにおいはすっきりと落ちます。
できることなら、毎回乾燥機にかけたいくらいです。

梅雨時などは、かなり湿度も多いため、衣類が乾きにくいものですよね。
そんなときはますますにおいも気になるものです。

漂白剤や乾燥機をうまく利用して、洗濯物が汗臭くなるのを回避してみてはいかがでしょうか。

洗濯したのに汗のにおいが残る原因って何?

私は、あまり汗が出ません。
暑くても、からいものを食べても、ほぼ汗が出ません。

そのため「汗をかくこと」が苦手です。
慣れないせいか、汗のにおいも、かなり苦手です。

子供のころから、ずっと、そういう体質です。

少し体質が変わったのが、岩盤浴に通い始めてからです。
頻繁に通うようになって、少し汗が出やすくなりました。

シャツが湿るほど汗をかくこともできるようになったのです。
そんなときは、帰宅するなり衣類を全部洗濯します。
すぐに洗ってもにおいが残ると、かなり嫌な気持ちになってしまいます。

洗濯したあとの衣類が汗臭くなるのは、雑菌の働きによるものです。
汗を吸った衣類は雑菌が繁殖しやすくなります。

すぐに洗えば本来はにおいも残らないはずです。

とはいえ、使用済みのタオルを1日放置しただけで、雑菌は100倍にも増加します。
洗濯のタイミングによっては、洗いきれないほど雑菌が増えることもあるでしょう。

毎日洗濯しない、という場合は特に要注意です。
一人暮らしの場合、「1回の量が少ないから」とためてしまう人もいることでしょう。
しかし、その場合、雑菌の繁殖により、汗のにおいがかなり取れづらくなります。

本来、汗自体は無臭なんです。

しかし汗には皮脂や雑菌が含まれています。
この雑菌が皮膚を食べることで繁殖し、いやなにおいが生じます。
そのため、汗をかいたあとは、においが生じるのです。

市販の洗剤や、柔軟材には、この、
・皮脂汚れ
・雑菌
などを分解する成分が含まれています。

しかし雑菌が多ければ分解が追いつかずににおいが残ります
こういう仕組みで、洗濯したのに汗くさいということが少なからずあるんですね。

においに敏感になっているのが現代人です。
無臭な人なんていないのににおいを出すこと自体が罪のように言われる最近の風潮は異常ですね。
でも、やはりワキガのように自分では気づかないニオイ対策は重要かもしれません。

さいごに

汗のにおいは嫌なものです…
しかし、ほんのすこし手間をかければ、簡単に落とすことができます。

「洗ったばかりなのに汗臭さが気になる」
そんなときは、ぜひ試してみてくださいね。