松茸はまずいし臭いのに何であんな高いものをありがたがるのか!?

マツタケは『キングオブきのこ』として有名ですが、ホンマかいな?
香りマツタケ味シメジ…なんてよく言われますが、そんなに香りがいいの?
シメジの方が美味いなら、シメジで十分だと思うんですが…

もっとも、スーパーなどでよく見かけるのはブナシメジなんです。
いわゆる味シメジ!のしめじは「ホンシメジ」です。ブナシメジよりも何倍も大きいです。

しかし…
あんなに高いのに松茸をありがたがる風潮ってどうでしょうかねぇ~!
本当に美味しいと思っているかと言えばそうでもなさそうですよ。

スポンサーリンク

松茸は本当に高いけど、松茸が高くなった理由には生活の利便性が含まれています。

松茸って高いどころじゃないですね!

松茸が高価な理由はこんなことだった!

松茸は赤松の木の根元にしか生息しないということは、よく知られています。
なお、通常のキノコの発育には落枝や落葉が蓄積してできた栄養のある腐葉土のほうが適しているんです。

でも、松茸はあまり栄養のない痩せた土のほうが良く育つという、通常のキノコとは逆の生態です。

また、松茸はシイタケなどのキノコとは異なり、人工栽培の方法が確立されていません
ここが肝心な点ですが、松茸が赤松に宿って育つという状況は、人工的に作り出すことができないんです。
つまり、松茸は、現在の日本では『天然もの』しか存在しないことになります。

松茸は人工栽培の方法が確立されていなく、かつ、赤松の根元の痩せた土(腐葉土のない)という条件も必要なため、今は『天然もの』しか採れないことになります。
これが松茸のとんでもない高値につながるわけです。

※じゃあ、何で腐葉土のない「痩せた土」が失われたのか? ↓ ↓

松茸もかつては椎茸より安かったのに何で採れなくなったのか?

プロパンガスの普及が原因だと言われています。
プロパンガスが人々の生活に普及する前は、山里に住む人たちは日々の燃料としての落枝や落木を取りに、頻繁に山へ行っていました。

そんな毎日で、人々が山を歩き回ると、過度に落枝や落葉がたまることはありません。
ですので、昔は松茸の生育にちょうど良い土が保たれていたのです。

つまり、あまり栄養のない痩せた土のほうが良く育つという松茸にとっての生育条件が満たされていたんですね。

ところが、世の中にプロパンガスが普及していくと、人々は燃料を求めて山に入る必要がなくなりました。その結果、落枝や落葉が蓄積し、腐葉土が形成されるようになりました。

松茸にとっては生育に適さない環境となりました。
山で採れる松茸が次第に減少し、希少性が高まっていきました。
このようにして松茸の高値につながってしまったのです。

松茸は日本人には季節の味覚ですが、外国の人にとってはどうなのか?

松茸のあの独特の香りは、「マツタケオール」や「ケイ皮酸メチル」という成分によるものです。特に「ケイ皮酸メチル」があの香りを際立たせています。

日本人にとっては大好きな松茸の香りです。
市販のお吸い物も人気です。

でも、欧米人にとっては悪臭に感じられるようで、いろいろな臭いに例えられているんです。
革靴にこもった臭気
軍人の靴下の臭い(オぇ~!)
数ヶ月間風呂に入っていない不潔な人の臭い(ホンマに嗅いだんかいな?)
など、かなり不快な臭いという印象です。

ちなみに学名の「Tricholoma nauseosum」(トリコローマ・ノーシオーサム)を訳すと、「靴下キノコ」という名前になってしまうのです。
ラテン語では吐き気を催すキノコという意味を持つんです。

香りについての印象は、日本人と欧米とでここまで違うんですね。
でも、日本以外でも、韓国やブータンなど東アジアでは食べられています。
珍重度合いにしてみると、日本は異様ですが。

外国の人が、納豆が苦手、刺身が苦手というのは容易に理解できますよね。
まさか松茸のニオイがダメだとは、文化の違いというのはおもしろいものですね。

しかし、イタリアの人は違うかもしれません。
イタリアにはポルチーニ がありますからね!

松茸はまずいんじゃない?松茸が苦手な人の口コミ

あの匂いが良いと言う人の気持ちが分からない
高いばかりで味はとくにおいしくないと思う
あの独特の匂いが苦手
子供のころからマツタケの強い匂いが苦手
香りは嫌いではないけど味が苦手
何度かちょこっとだけ食べてみたことはあるが、あれがおいしいとは思えなかった

松茸は高いから嫌いという人の感想は・・

・高いお金を払ってまで食べたい魅力がない
・高価過ぎて食べる機会がほとんど得られない
・国産なら1本数万円と非常に高額だけど、他の高額食材に比べておいしいと思わない
・ただのきのこの味なのに、数万円は高過ぎ
・安ければまだ食べてもいいと思うけど、値段のせいで嫌いな人が多いと思う・シメジやシイタケなど、他のおいしいきのこと比べると高すぎる。そこまで味も変わらないと思う
・パックで100円の他のきのこと、数万円のマツタケを比べた場合、一般の人は間違いなく前者を選ぶ
・マツタケはほぼ香りだけのものなのに、それに数万円を出すのはちょっと厳しいかなと思う
・香りは良いのだと思うけど高いお金を払って食べようとは思わない

・高い割に量が少ないので満足できるまで食べられない
・家族みんなで味わうことができない量。希少価値があるのは分かるけど1本で数万は割に合わない

さいごに

やはり、松茸の最大の欠点は高いということですよね。
政治家なら毎晩のように料亭で食べているんでしょうけど。
特に○○太郎さんて、ドンぶりいっぱいの松茸を食べられると思いませんか?

でもですねぇ、庶民にとっては、値段の割には美味しくないんですよ。
滅多に食べない嗜好品と考えるとまた別かもしれませんが、単に食材としてのキノコですよ。
食材と考えた場合はコストパフォーマンスが悪過ぎですよね。

でも、値段が下がってしまうとマツタケの魅力も下がってしまうのかなぁ。
不思議な存在の松茸です。
宝くじが当たったら、お腹壊すくらい松茸を食べてみましょうか(^^)