初めてキャンプでダッチオーブンはメンテ面倒なのでおすすめしません

最近のキャンプでダッチオーブンで料理作る人はかなり増えてきているんです。
私も持っています、ダッチオーブンは。たしか15年ほど前に購入しました。

でも、これからキャンプを始めようとか、キャンプ始めたばかりの人にはダッチオーブンは少々扱いにくいものだと思います。

そもそもキャンプ場での野外料理にまだ慣れているとは言えない頃に、バーベキューもやってダッチオーブン料理も作って・・なんて、よほど料理が好きでそれだけに専念できる性格の方ならいいのですが、テントも立てなきゃ子どもとも遊びたいしって考えると、普段の仕事より過酷な環境になってしまいます。

複数回のキャンプで、テントやタープの設営が難なくこなせるようになり、また食事の段取りも一通りできるようになってから、そのすきま時間を狙ってダッチオーブン料理が組み込めそうだなって思ったときから使うようにしましょうね。

それと、キャンプ場でいきなりダッチオーブンを使うのではなく、必ずおうちでの予行演習が必要ですよ。

ダッチオーブンの種類によっては「シーズニング」という慣らしを絶対やらなければいけない材質のものもあります。ダッチオーブン料理を作った後のメンテナンスにも注意すべき点がいくつかあります。キャンプ場でダッチオーブン料理を作って、残りをそのままダッチオーブンに放置したら、一発で使い物にならないくらいのダメージを負うときもあります。

メンテナンスや時間の配分の点で、初めてのキャンプやキャンプに慣れていない時期にダッチオーブンを持ち込むのはイライラの元になりかねません。大自然の癒しを求めに行くのですから、ストレス材料は持ち込まない方が賢明です。

スポンサーリンク

ダッチオーブンをキャンプ場で使うのなら、おうちでの予行演習!

鋳鉄製のダッチオーブンでシーズニングも済ませたから、さぁキャンプ場に持って行って豪華ディナーを作るぞ!ってのは大失敗のもとです。

おうちで必ず、いくつかの料理をダッチオーブンで作る予行演習は絶対必要になります。ダッチオーブンの蓋の扱いとか、テーブルに運ぶときの重さとかを習得しておきましょう。

※鋳鉄とかシーズニングとか、ダッチオーブンに興味のある方ならすでにおわかりと思います。鋳鉄は材質のことで蓄熱性に富むと言われています。シーズニングはダッチオーブンを使う前の慣らしです。

まずは、おうちのガスコンロで煮込み料理を作るのが手っ取り早いですよ。私が最初に作ったのは、牛すじ煮込みです。レシピはメチャクチャたくさんありますが、「ダッチオーブン 牛すじ」でけっこうヒットします。

本当に牛すじが短時間で柔らかく美味しくなりますので、おススメです。もっとも、おそらくは最初牛すじを煮込んで茹でこぼすのが面倒くさいかもしれませんが。これが牛すじなの?って思うくらいトロトロで美味しくなりますよ。ビールがとまりません^^

おうちがIHでも出来るはずですが、そこはよく確認してからお使いください。

もしもご近所迷惑でなければ、家の庭や駐車場スペースで、ダッチオーブンを使うのもアリです。でも、そのときは「焚火台」のようなグッズが必要なのは言うまでもありません。

注意その1
絶対にバーベキューコンロの上にダッチオーブンを乗せないでくださいね。
通常のバーベキューコンロはダッチオーブンの重さに耐えられません。とても不安定になります。絶対にバーベキューコンロでダッチオーブン料理はNGですよ。

注意その2
住宅街では要注意です。
基本的にダッチオーブンは炭だけで料理が可能なんですが、炭に着火するときや燃焼しているときに独特の匂いが出ます。

私は好きな匂いなんですが、ご近所で匂いに敏感な方がいるかもしれませんし、そもそも住宅街でしたら普通の料理以外の匂いは異臭になってしまいます。不安なときは、近場のデイキャンプ場を利用しましょう。
ダッチオーブンを使うだけの目的でデイキャンプ場を利用するんです。コンビニでお弁当買っていってもいいですよね。

そこでパパやママがダッチオーブン料理にいそしむわけです。煙が出たって匂いがしたって、デイキャンプ場なら誰からもとがめられません。

おすすめのダッチオーブンはメンテがほとんど不要のユニフレーム!

手前みそなんですが、イチオシのダッチオーブンはユニフレームのダッチオーブンです。
15年前から使っていますので(^^;)

なぜなら・・・
メンテナンスに頭を悩ます必要がありません。
シーズニングという慣らしは、ほんのちょっと必要ですが、新品の鉄製フライパンを扱うのと一緒です。

分厚い黒皮鉄板が使用されています。厚みのおかげで昔からの鋳鉄製ダッチオーブンに性能の点で劣ることはありません。

↓ ↓ ↓ では、我が家のダッチオーブンを披露します。

ユニフレーム10インチです

三角形のスタンドは、もちろん外せます。

ダッチオーブンの底にあらかじめ3本の脚が固着しているものは「キャンプダッチオーブン」と呼ばれ、底が平らなものは「キッチンダッチオーブン」と呼ばれています。

3本の脚が固着するのは、炭火に置いたときの安定性の良さのためです。ユニフレームのダッチオーブンは底が平らなのでキッチンオーブンになるのですが、上の写真のようにスタンドが付属しますので、スタンドにダッチオーブンを乗せて炭火に置くことが可能です。

私はこのスタンドをもう一つ購入しています。テーブルの上にダッチオーブンを置くことができるからです。
炭火から出したばかりのスタンドはテーブルに乗せられませんので。テーブルが焦げてしまいますから。

15年前のものにしては、きれいでしょ。

保管は油を薄~く塗って新聞紙にくるんでいます。

おや、白い点が。

ホントはえんじ色でした。カビたので、カビキラーかけたら色落ちしました(^^;)

特徴を簡単に言いますと・・

  • 1メートルくらいなら落としてもまず割れない(実際落としたことあります)
  • 料理を出して熱いうちに水をかけても絶対に割れません(鋳鉄製はこれができません、割れます)
  • スポンジに洗剤付けてガシガシ洗っても何ともないです(鋳鉄製に洗剤は厳禁です)
  • 料理の美味しくなるところは、鋳鉄製と全く一緒です。

現在の付属品は、さすがに15年前のものと形状は違うようです。
でも、少々手荒に使っても15年も持っていますよ^^

なお、大きさなんですが、私が買った当時のダッチオーブンの本では12インチが最適サイズと書かれていました。
だいぶ悩みましたよ。12インチと言えば30cmですから。大きすぎると感じました。
そこで10インチにしたわけですが、家族3,4人でしたら10インチで問題ないと思います。

スノーピーク 和鉄ダッチオーブンも大変魅力的です

ダッチオーブンをいちばん最初に買うときは本当に慎重に選んでください。
同一メーカーでないと、収納のときや炭火で積み重ねるときなど合わせられないからです。

あとで別メーカーのダッチオーブンが欲しくなることもあるでしょうが、やはり同一メーカーでないと、片付けや収納が大変だと思います。私はスノーピークのファンでもあって、和鉄ダッチオーブンが本当に欲しいのですがグッとこらえています。

和鉄ダッチオーブンは、私がユニフレームのダッチオーブンを買ったときにはまだ販売されていませんでした。


従来の鋳物(鋳鉄製)との決定的な違いとは

  • 薄くて丈夫な鋳物
  • 薄く軽く取り扱いが楽
  • 熱伝導性、蓄熱性に優れた鋳物
  • ヒートショックや衝撃にも強い

やはり、スノーピークの技術は魅力的ですよね。
キッチン専用で使っても楽しそうです。
でも、奥さんと十分相談してください。
軽く仕上げてあるといってもだいぶ重いですから^^
それと収納場所も必要です・・

こちらの口コミは・・

  • 深型と浅型両方付いているので使い勝手がいいです。高いですがやはり物も良いのは確か。
  • ニンジンも里芋も箸がスッと入っていい感じ。食べてみれば、うまいなんてもんじゃない!七輪の炭火さえ及ばないくらいやわらかくておいしい。
  • 鍋が3種類あり、組み合わせで使えるので、便利である。
  • 鋳物なのに驚くほど薄いです。それでいてつくりがしっかりしています。
  • 焚き火台と一緒に購入しました。形、用途で欲しいと思いました。ローストチキン、美味しくできました。

ダッチオーブンの王者はロッジだと信じている方は多いです

アメリカ西部開拓時代から使われていると言われるダッチオーブンですが、やはりロッジはダッチオーブンの王者として君臨していると言えるでしょうね。

その昔、カウボーイがダッチオーブンに料理を仕込んで、地中に薪とともに埋め込んで、仕事から帰ってくるころには丁度いい具合に料理が出来あがっていた、なんて話を読んだことがあります。憧れですねぇ、ワイルドな世界!!

※ダッチオーブンの発祥は、アメリカ西部開拓時代に入植したオランダ人が持ち込んだ鉄鍋が始まりだという一説があります。

ロッジがいちばん良いと、誰かから聞いた方へ
メンテナンスは丁寧に行えますか?
ほったらかしにしないで定期的に使えますか?
ブラックポットになるまで使い続けますか?

簡単な条件ですね^^
自信のある方はどうぞロッジのダッチオーブンを選んでください。

キャンプ道具で実は一番持つのはダッチオーブンだと思っています。
20年ほど前に読んだダッチオーブンの入門書に、孫の代にまで継ぐこともできると書いてありました。
JDOS(ジャパン・ダッチ・オーヴン・ソサエティ)の会長である菊池仁志氏が書かれた、ダッチオーブンの歴史と料理レシピの本でした。

さいごに

キャンプ初心者はもう卒業したぞ!って自己判断ができましたら、ダッチオーブンデビューを考えてみてください。

おうちの予行演習がうまくいけば(もっともレシピ通りに作って、外すことは考えにくいのですが)、ご家族みんながダッチオーブンで作る料理に夢中になるはずですよ。

あなたの愛着の湧く素敵なダッチオーブンを選んでください。

※こちらもご参考にしてくださいね。
Check >>キャンプ初心者に必要なものと不要なものをまとめました