キャンプの洗濯の仕方に悩んだり焚き火後に臭いがついたときはコレで★

最近のキャンプ場は、管理棟に洗濯機や乾燥機が備えてあるところがほとんどです。
本当に便利になりました。
しかも、大きさは家庭用と同じくらいです。

でも、洗濯機や乾燥機の台数には当然限りがあります。
そう、順番待ちが必至なんです。

1泊キャンプでしたら、着替えを持っていくだけですよね。
まさか、1泊キャンプで洗濯機を使う人はいませんね。

しかし、3泊以上のキャンプになると着替えの量だけで
かなり収納スペースを圧迫します。
そうなると、必然的に現地での洗濯が必要になるんです。

洗濯機の順番待ちに疲れ果て、結局は洗濯機使えなかった…
なんてことにならないように、洗濯機に頼らない洗濯グッズを
使ってみませんか?

スポンサーリンク

30秒で洗濯できるバッグがあるとキャンプや旅行で重宝しますよ。

世界最小かつ軽量のわずか140gのコンパクト洗濯機
といっても過言ではありません。

すべてのキャンパー、バックパッカー、旅行者、車中泊のために
朗報だと思います。

オーストラリアで生まれた Scrubba wash bag(スクラバウォッシュバッグ) は
キャンパー、旅行者のための世界最小、軽量コンパクトな洗濯機です。

いつでも電源を使わずに、自分の服を綺麗に洗濯することができます。

清潔な水があれば、旅行や出張などの移動先で洗濯できて、
何度でも使える洗濯袋なんです!
特にTシャツや下着、靴下等を洗う時に便利です。洗濯機として使わない時は、荷物入れにもできます。
内部構造の「特性ウォッシュボード」が洗濯板のような役目を果たし、
効果的に汚れを取り除くんですね。

バッグの中は真空状態にすることができて、
内部にはシリコン製の突起(ウォッシュボード)がついています。

キャンプ場で洗濯するなら寒い季節にもピッタリです!

少量の水と洗剤があれば、どこでも好きなときに洗濯できる上に、
寒い季節なら冷たい水に触れることなくゴシゴシ洗えます。

しかも、衣服への負担は洗濯機より軽減できるので安心です。
一番洗浄力を発揮できる量は、Tシャツ2枚、下着2枚、靴下2枚程度になります。

これならアウトドアで十分使えそうですね。

ただ、唯一の難点があります。
寒いときには洗濯物が乾きにくいこと…

そんなときはスクラバウォッシュバッグで、ササッと洗って
キャンプ場の乾燥機を使いましょうね。

洗い物が少ないので、乾燥機の時間も短くて済むはずです。
多少の生乾きでもテントの中に干せば、翌朝には大丈夫です。

スクラバウォッシュバッグは軽いし、しかも洗濯バッグ以外の使い方も

軽さでいえば140gですし、
仕舞い寸法は驚異的な小ささで、場所も取りません。

※大きさは、広げた状態でおよそ縦54×横32cm、たためば縦16×横6cmとコンパクトに。

さらに、沢登りにも使える高い防水性能を持っているので、
絶対に濡らしたくないアイテムを持ち運ぶのにもいいんです。
※沢登りとは、ロッククライミングの滝登りバージョンとご理解ください。

災害時にもサッと衣服を洗えるので、ひとつ持っておけば重宝すること間違いなしです。

スクラバウォッシュバッグの口コミは

  • 災害などで洗濯機が使えない時にもいいかなと思い、購入しました。
  • 出張先で使いました。泡立ちもよくコンパクトに片付くので非常に便利です。
  • 絞るのは個々でやる必要がありますが、洗濯&すすぎは一気にできるので良いです。
  • 長期で海外旅行へ行った際に購入しました。
    今までも旅行の際に手洗いで洗濯はしていましたが洗えているか若干不安でした。
    今回これを持って行ってちゃんと洗えてるなぁと実感できました。
  • 新婚旅行でトルコ、ギリシャに10日間の旅行で使用しました。
    洗濯物が大量に洗えた点や楽に洗濯できた点がきにいりました。

おや、アウトドアでの利用よりも、日常生活での
便利グッズとして秀逸なようですよ。

さいごに

携帯洗濯機としてのスクラバウォッシュバッグは、
長期旅行、特に海外旅行での用途が高いようです。

そうですよね、軽いし嵩張らないし、きれいに汚れが落ちますからね。

ぜひ、長期キャンプでもお伴させてくださいね。
冬だから汗をかかないだろうと、高をくくっていると
Tシャツってとんでもないことになりますから(^^;)

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。