アウトドアグッズは災害時に役立つからまとめておきたい5個のギア★

キャンプ愛好家なら誰しも持っているキャンプギアが
万が一の災害時に、活用できてしまいます。

災害に遭遇したくないというのは、誰もが共通に持つ思いです。
でも、その万が一の事態に遭うのも偶然、遭わないのも偶然、
というのは十分理解されているはずです。

アウトドアグッズをすでにそろえているキャンプ愛好家なら
災害時に役立つ5つのギアをすぐ取り出せるようにまとめておきましょう。

キャンプをしない方でも、5個のギアの2,3個でも持っておけば
役に立つはずです。

アウトドアグッズは、日常で全く使えないものばかりではありません。
たとえキャンプをしなくても普段の生活で使えるものもあるんです。

スポンサーリンク

LEDランタンは燃料切れの心配もなく長時間使えます。

ガスランタンやガソリンランタンの明るさにはかなわないものの、
災害時にはLEDランタンが重宝すると思います。

ガスランタンもガソリンランタンも、一緒にガスやガソリンなどの
燃料を携行しないと役に立ちません。

その点、ソーラー式の充電方法も備えたLEDランタンなら燃料切れの心配もなく
長時間使えるものがほとんどで明るさの調節も簡単です。

火災などの心配もありませんし、持ち運びにも適しています。

実際キャンプのときにはメインをガスやガソリンランタンにして、
テントの中や夜トイレに行くときなどに持っていくサブランタンとして
LEDランタンを使用している人が多いんですよ。

たとえキャンプをしない方でもLEDランタンは懐中電灯よりも
優れものですから、備えておいて損はないですよね。

ツーバーナーとアルミホイルがあれば調理には、まず困りません。

大規模な災害時にはガスがストップしてしまう状況が長く続きます。
そんなときに手軽に火を使えるのが「ツーバーナー」です。

ただ、燃料のガスボンベが必要になるのが難点です。
ちなみにガソリンのツーバーナーは燃料の危険さから避けた方が無難です。

お湯を沸かすだけなら、ひとり用の小さなガスバーナーが手軽でしょう。

ツーバーナーを設置すると簡易ガス台のように使用することができて、
余っている食材でちょっとした料理も作ることができます。

ちなみに、アルミホイルは何重かに重ねて折れば
食器や鍋代わりにもなり、緊急時にはとても便利に利用することができます。

※キャンプ愛好家でなくても、日帰りでバーベキューをしたい方なら
ツーバーナーをそろえておくと重宝すると思います。

クーラーボックスは密閉性が高いので給水タンク代わりにもなります。

クーラーボックスなら、キャンプする人じゃなくても
釣り好きな方も持っていますよね。

クーラーボックスがあれば、冷蔵庫や冷凍庫の中身を一時的に保存することができます。

また、密閉性が高いので給水タンクとしての利用も可能です。
でも、飲み水として利用するなら、クーラーボックスの中が清潔であることが
必要ですし、たとえ小さなクーラーボックスでも満タンにしてしまうと
男性でも1人では運ぶのが困難になるほど重いのが欠点です。

シュラフとシュラフマットがあれば野外でも暖かく眠れるかも

シュラフマットは敷き布団として、シュラフはファスナーを全部開けば、
掛け布団として使用することができます。
でも、2人までが限界です。シュラフマットは基本1人用です。

野外でも暖かく眠れるようにするためのグッズなので、
寒さに震えることなく眠ることができます。
ただし、寒さに耐えるためにはシュラフの性能と、
背中からの冷えを防ぐことが大前提です。

シュラフには耐寒温度が設定されていますし、
実は冷えは地面から伝わってくるからです。

テントがあれば避難先でもプライベート空間を確保できます。

災害時の避難所は、多くの避難者であふれかえっています。
当たり前ですが、そこでプライベート空間を保つことは不可能です。

最初の混乱の頃ははなんとか我慢ができても、
プライベートが全くないことにかなりのストレスを感じる人は多いです。

でもテントがあれば、簡易トイレを使用したい、着替えをしたい
などの状況にも対応することができます。

いざというときにテントを張ることかできれば、
どこにでも自分たちの空間を作ることができるので、
テントはオススメです。

さいごに

アウトドアでの生活は、家の中では気づきもしないような不便なことがたくさんあります。
そのせいかアウトドアで使用するグッズは
災害時にも通じるものがけっこうあるんですよ。

家の中での生活がままならなくなる災害時には、
アウトドアグッズがとても重宝します。

キャンプをやってみては?とは提案しません。
でも、普段はアウトドアショップなんか全然興味がないという人も、
災害が増えている今だからこそ、この機会に足を運んでみるのもいいかもしれません。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。