キャンプやピクニックや運動会で割り箸を使うよりもマイ箸にしよう★

スターバックスやマクドナルドが『ストロー廃止宣言』をするなど、
使い捨てのモノを禁止するエコ運動が広がりつつありますね。

ストローはプラスチックの蓄積が地球環境に大ダメージを与えることはご存知ですね。

一時期はやったマイ箸ブームも再考の余地があるんです。
割り箸は間伐材だからエコだよ!という考え方はもう古いんです!!

コスト競争力のある中国産をはじめとする外国産の割り箸が一気にシェアを伸ばして、
一方で国内産は今では5%以下まで激減しているんです。

日本は1年間で二百数十億本の割り箸を消費するのですから、
輸入先の国の森林資源を相当な勢いで破壊していることになります。

スポンサーリンク

マイ箸のダントツおすすめはスノーピークの和武器

マイ箸の中でもダントツでおすすめなのがスノーピークの和武器です。
和武器って、「和の武器」です。

何で箸が「武器」なのか?
1.生きるための武器だから
2.ロシア語の「ビューキ」が日本語流に訛って武器になった
私も学生のときの山岳部時代「ブキ、ブキ」と言っていました(^^;)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク snow peak 和武器 L SCT-111 [食器 箸]
価格:3909円(税込、送料別) (2018/11/12時点)

楽天で購入

スノーピークの和武器はどこが優れているのか?

人気のあるスノーピークの和武器!人気の秘密は一体何なのでしょうか?

なんといっても携帯性に富んでる!

箸は軽いんですが、長さがあって持ち運びにくいのが難点ですね。

でも、和武器はグリップ部分と先端部分が2分割できます。
おまけに先端がグリップ部分に収納できて、かなりコンパクトになります。
つまり、持ち運びのときはとても小さくなるんです。

コロコロと転がっていきません。

アウトドアでの食事で転がらないことは、箸に限らず重要事項ですね!

丸い箸は使いやすいんですがコロコロ転がって地面に落ちることもあります。
でも、和武器はグリップ部分を四角状にすること転がりの不安を解消しました。

それでいて先端部分は丸いので食べものは取りやすいし、おうちで使っている箸と同じ感じ★

ズシリとくる重さなので使うときに安心感が出るんですよ!

携帯の箸って、軽さを求めすぎて
持っても頼りなくて、食べものが取りにくいものもあるんです。

でも、和武器はグリップ部分がステンレス製でズシリと重みがあります。
そのおかげで手になじんで持ちやすく使用感が抜群なんです。

ひょっとしたら、おうちの箸よりも使いやすいかもしれません。

箸入れも本当に実用的ですよ。

箸入れのヒモは長めで、首にかけたりバッグに縛りやすい長さになっています。

調節しやすいようにリングがついていて、
アウトドア用としてはもちろん、普段使いでもカバンにくくって持ち運べます。

会社にお弁当持っていくときに、箸って、その長さでまとめにくいんですが、
和武器なら全然気になりませんね。

箸入れのヒモは長めで、首にかけたり、バックにしばりやすいです。

調節しやすいようにリングがついていて、アウトドア用バックパックはもちろん、日常使いのバックにもくくって持ち運べます。

箸入れのヒモは長めで、首にかけたり、バックにしばりやすいです。

スノーピークの和武器 実際の口コミ評判は!?

環境にやさしいスノーピークの和武器ですが、実際の使い勝手はどうなんでしょうか?

  • こだわりのスノピの商品だけあり、価格はお高いですが品質は間違い有りません。
    人気商品なので、見つけたら迷わず即買いしないとダメです。
  • いつも職場の仕事机の引き出しに入れています。小腹が空いた時にインスタントの味噌汁やお吸い物を作っていますが、椀の中の具をすくうための必需品です。軸が四角なので置いても転がらないのはいいです。また軸に重みがあって長いので、箸さばきをきれいにきちんとすることが可能です。今度、泊まりの出張があるので持って行こうと思っています。
  • 収納がとても便利です。適当に重いのが気に入りました。
  • 携帯のお箸と言う事で、耐久性、重量に心配がありましたが、使用感としては、普通のお箸のように使用できます。デザインも良くお気に入りの一品となりそうです。
  • 転がらないし、適度な重さがシックリきます。


さいごに

出張先のホテルで食事するときや、日常のお弁当、災害時などなど…
バッグにひとつ入れておけば、いつでもどこでも活用できますよ!

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。