ネコのトイレは飛び散らない方がいい!掃除や後片付けが楽になります^^

ネコちゃんってトイレのしつけが、ワンちゃんに比べると格段に楽です。愛猫のミランは拾ってきた翌日からトイレで用を足しました。ぜんぜん教えてないのに・・・ でもその内に豪快に紙砂をまき散らすようになりました。

ここまで飛び散ると片づけが大仕事!!

スポンサーリンク

ネコのトイレを替えてみました!

紙砂がトイレの外に飛び散るのを防ぐには屋根付き家型トイレしかない、という結論に達しました。

送料込みで4000円弱

説明書が箱の側面にしかなかった・・・

キャットランド(アイリスオーヤマ)の製品です。特殊なパインサンド!?の紙砂で、おしっこを吸収すると下のトレーに粉末になって落ちる・・という触れ込みに惹かれました。すごい技術!!

でもですね。買う前からひとつの心配があったんですが。うんちはどうなるの?って。

思った通りでした。商品販売ページではうんちのことには触れていなかったと思います。箱の側面の説明見たら『うんちしたら、すぐに取ってね』ですって・・・やっぱり。

普通の紙砂なら、おしっこはもちろん、うんちでも水分がありますからその周囲を紙砂が覆ってくれます。ですので、うんちがネコちゃんの肉球に付いてしまうってことがまずありません。

でも、このパインサンドはどうなのかなぁ?ちょっと硬めの素材です。かなりヤバいことにならないのかな?

気になる維持費!?は・・・

白い紙砂もパインサンドも取り換える必要があります。

白い紙砂は固まったおしっこやうんちを取り除いて、減った紙砂を補充します。

パインサンドも同じです。粉末になって減った分を補充します。加えて、新しいトイレでは下のトレーの内側に「Ag+トレー」という銀イオンのシートを貼った紙製のトレーが必要になります。銀イオンのおかげで臭いが押さえられて、2週間に1度の交換で済むそうです。

どっちが得なのかなぁ?ほとんど変わらないのかも。この手のチマチマした計算は苦手(^^;)

新しいトイレですが、パインサンドの代わりに以前の白い紙砂を利用して、下のトレーにはワンちゃんの大きめのおしっこシートを敷いてもいいかなって考えています。

ただ、パインサンドやAg+トレーの消臭力や、パインサンドでうんちをしたときの後片付けの具合から考えるので、しばらく様子見です。

屋根付き家型トイレはこんな感じです。

上の写真の赤枠のところはブラブラしています。つまり、ネコちゃんはどちらからでも出入り自由なんですね。

全然、力がいりません。

白く見えているのは、前のトイレの紙砂です。トイレを替えてミランが戸惑わないように、ちょっと匂いがついている(ミランだけにわかります。家の中では臭いませんから。)前のトイレの紙砂を敷いておくと入れ替えがスムーズ、って説明に書いてありました。

その下に見えている茶色の物体がパインサンドです。なお、右側の網目のところで足裏に付いたパインサンドを落とすんだとか。でも、白い紙砂と比べても茶色のパインサンドはけっこう大きいので肉球に付くことはまず考えられません。

屋根は取り外しできますし、セットしても前半分がガバーって開きます。それでも掃除なんかするときは取り外した方が楽そうです。

新しいトイレでおしっこしてくれた^^

ミランが新しいトイレに慣れてくれるのかちょっと心配でした。

違和感のないように、最初はブラブラの扉を外すことにしました。

恥じらいながらも、おしっこをしてくれました^^

取りあえずひと安心です。

紙砂が飛び散るので困っていましたら、参考にしてください。

10日ほど経過して考えが大幅に変わりました!