猫砂が飛び散らない方法はトイレの形!屋根付きトイレの維持費用?

ネコちゃんって排泄のアト、かなり豪快に前足で排せつ物に砂をかけて隠そうとしますよね。
以前は我が家も悲惨な状況でした。

飛び散った猫砂がトイレ周辺のいたるところに散乱して一個一個拾うのが一苦労でした。

足ふきマットにめり込んだ猫砂は、ホントにガッチリと食い込んでいますので
変にはたいて取ろうとすると、かえってあらぬ方向に飛んで行って、さらに
片付けが大変になるというイライラの元でした。

スポンサーリンク

屋根付きトイレのおかげでイライラが無くなりました!

猫砂はトイレ周囲に全く飛び散りません。ちなみに、茶色の猫砂に白いものが混じって
いますが、これはトイレを急に替えるとミランが不安になったら困るので、以前のトイレのお古です^^

開閉型トビラも付属品ですが、外しても飛び散りません。

屋根付きトイレの場合、専用の猫砂の維持費用は?

以前の屋根なしの普通のトイレで使用していた猫砂です。

うんちやおしっこがギュッと固まるのは本当に驚きでした。

あくまで猫砂の費用に焦点を当てるのですが、私の場合、屋根なし普通のトイレと屋根付きトイレの本体費用はさほど変わりませんでした。

どちらも3,500円前後で購入しました。屋根なし普通のトイレは近くのペットショップで購入しました。屋根付きトイレは楽天で買いました。

実はこの屋根付きトイレはパインサンドという専用の猫砂と専用の消臭トレーを使うと、効果がメッチャ発揮されるんです。

購入当初に専用猫砂と消臭トレーのことを書きました!

本体購入時に2kg(約2週間分)のパインサンドと1枚の消臭トレー(効果は約2週間)が付属しています。

本体購入後に念のため3.5kgのパインサンドの3袋セットを購入しました。

パインサンドは2kgで2週間分という説明ですが、ホントはもっと持ちますよ!スノコが見えてきたら補充するのですが、本体購入後10日経ってもまだ補充したことがありません。

ですので、別に購入した3.5kgのパインサンド1袋で、ひょっとしたら2ヶ月は持つんじゃないかなと思います。

次に、消臭トレーですが、消臭トレーは本体下部のプラスチックトレーのさらに内側にセットする銀イオンの消臭効果のある紙製のトレーです。2週間に1回だけの取り換えで十分で臭いがしないという説明です。

まとめますと・・・


前に使っていた猫砂は排泄のたびに、けっこう取り除きますので、1週間に1袋使います。
また、1ヵ月に1回は衛生上、全部の砂を入れ替える必要があります。
そこで1ヵ月にはおよそ5袋必要です。
398×5=1,990 ひと月の維持費は2,000円ほどです。

さて、屋根付きトイレの専用猫砂と専用消臭トレーでは・・・

パインサンドは減った分だけ補充すればいいです。全部入れ替えは必要ありません。

3.5kgのパインサンドで2ヶ月持つとの仮定ですが。

【パインサンド】1,680÷3÷2=280 

消臭トレーは説明書通り2週間に1回替えることにします。
【消臭トレー】1,980÷6÷3×2=220

☆ひと月の維持費は、280+220=500円☆

ホンマに!!こんな安く上がるなんて^^

あくまで、我が家の子ねこミランを前提にした試算です。
参考までにどうぞ!

専用猫砂と専用消臭トレーの真骨頂はこれです!!

何といっても全然臭わないことです!

以前使っていた猫砂も消臭効果を謳(うた)っていました。おしっこはまあまあの消臭効果はありましたが、うんちはさすがにきつかったです(^^;)

現在の専用猫砂でもうんちのときに無臭ということはありません。でも、相当に臭いは軽減されます。もちろん、うんちはすぐに取る必要があるんですが、以前の猫砂とこんなに臭いが違うのか!って驚きでした。

パインサンドはおしっこを吸うと粉末になります。

すごいでしょ、パインサンドって。おしっこを吸って粉末状になって消臭トレーに落ちます。

そもそも、パインサンド自体に消臭効果があって、加えて、下のプラスチックトレーの内側にセットした紙製の消臭トレーも銀イオンを貼り付けてあるので、ダブルの消臭効果なんです。

外から帰って来てリビングに入っても、全然臭わないのでホッとしています。

さいごに

猫砂の飛び散りとネコちゃんの排せつ物の臭いに困っていませんか?

いろんな優れものが売られていますが、私の体験を前提に飛び散り防止とニオイ対策をまとめてみました。

費用面も参考にしてくださいね。