猫の換毛期の抜け毛対策ならブラッシングを毎日すると効果的かも!

猫の換毛期は1年に2回あります。
春と秋の2回の換毛期ですが、抜け毛が激しくなります。

わが家の元ノラ猫ミランは、キジトラですので、今のところ
そんなに抜け毛が目立ちません。

長毛種は換毛期でなくても毎日が大変だと思います。

ミランも拾ったばかりの頃は、抱っこすると服に小さな毛が
けっこう付いていました。

最近はごく単純な方法で、服に付く猫毛がかなり少なくなりました。

スポンサーリンク

猫の換毛期には毎日のこまめなブラッシングが効果的!

春は3月頃から換毛期となり、秋は11月頃から冬毛に変わる
換毛期となります。

まだ飼い始めて4ヶ月ほどですが『猫の飼い方』の本に
載っていた簡単な方法を試しています。
※旦那の撮影です。

換毛期の抜け毛対策に効果的な方法というのは
毎日のブラッシングです。

専業主夫の旦那は1日に2回はやっているそうです。

ブラッシングの嫌いなネコちゃんもいるそうですが、
ミランはブラッシングをしようとすると、どんなに
走り回っていても、ジ~ッとして『ゴロゴロ』と
言いながら気持ちよさそうにして、しまいには
お腹まで見せるそうです。

ブラッシングをやめようものなら『もっとしてニャ~』
って感じで、足元にまとわりつくとか^^

私や娘もブラッシングしたことがありますが、
それはそれは気持ちよさそうに『ゴロゴロ』
言っていました。

もうちょっとブラッシングして~

『猫の飼い方』にも換毛期のブラッシングの大切さが!

ミランを飼い始めてすぐに『猫の飼い方』の本を購入したのですが、
その本にも換毛期のブラッシングについては『ブラッシングをこまめに、
ブラッシングを頻繁に』という言葉が使われています。

換毛期の抜け毛のすさまじさは母が口癖のように言ってきます。
母の実家では猫を数匹飼っていたことがあり、「ゴソッと抜けるんやで~」
と、面白そうに言ってきます。

家中が毛だらけになる、みたいなことを喜んで言うものですから、
内心カチンときていました。

でも、ブラッシングをして、そのブラシに付く毛を見ていると、
換毛期の抜け毛など『恐るるに足らず』という
ところでしょうか^^

1日でけっこう毛が取れますよ。


換毛期じゃないときのブラッシングこそ大切です。

換毛期のブラッシングというと、抜け毛対策が主な目的に
なりますが、実はそれ以外の時期でも毎日のブラッシングは
別の意味で重要な意味を持ちます。

ネコちゃんは1日に何時間も毛づくろいしていますよね。
毛づくろいのときに当然に被毛(からだ一面をおおう毛のことを言います)
を飲み込んでしまいます。

でも、飲み込んだ被毛は胃液で消化されないので、
胃の中で球になっていくか、便として排出されます。

胃の中で球になったものを『ヘアボール』と言います。
ヘアボールは便として排出されないので、口から吐く
ことになります。

わが家のミランはヘアボールを吐いたことがないので
今のところ便として排出されていると思います。

なお、長毛種のネコちゃんの方がヘアボールを吐く
頻度は高いそうです。
そりゃそうですよね。毛の容量がキジトラとは
大違いですから。

ブラッシングをしてムダ毛を取り除いてやることは
飲み込む毛の量を減らすことになります。
つまり、ヘアボールの容量を減らすことにも
なるんです。

毎日のこまめなブラッシングが、恐ろしい
毛求症(もうきゅうしょう)の予防にもなります。
毛求症とは
、ヘアボールが消化管の中に詰まって、
吐くことも排便することもできなくなった状態です。

重症になると、腸閉塞を引き起こしかねないので
開腹手術が必要になるようです。

次の症状に一つでも当てはまったらすぐに
病院に行った方がいいと思います。
・吐こうとしても吐けない様子
・体重が減った
・便秘が続いている
・食欲がない

毎日のブラッシングで愛猫の毛並みもきれいになりますし、
余分な毛を取り除いてあげて、ヘアボールを少なくして
あげることもできます。

毛求症の予防にもつながります。

何より、愛猫とのスキンシップのためにも
毎日のブラッシングをしてあげてくださいね。