野良猫の子猫は冬の寒さを乗り切るのだろうか?凍死しないで欲しい!

元ノラ猫のミランを飼い始めてから、近所の
ノラ猫にどうしても目がいきます。

冬場の厳しい寒さに凍えていないのかな?
特に、子猫たちは寒さに耐えられるの?って。

起きたばかり!

スポンサーリンク

野良猫は冬場はどうやって寒さに耐えているの?

ミランを飼い始めてから、本当にノラ猫たちが
気になります。

眠気覚ましのポーズ?

お腹空いているんじゃないだろうか?
特に、冬場の寒さにどうやって耐えて暮らしているんだろうか?
って。

人間でも1時間も寒風にさらされたら、よほどの防寒でも
していない限り、精も根も尽き果てます。

それでもノラ猫は生きていかなければなりません。
わが家のミランはまだ子ねこなので
ノラ猫の子ねこたちが本当に気になっています。

野良猫は冬場はどこで寒さを防いでいるのか?

寒いところが苦手な野良猫ですが、
冬の間はどこで生活しているのでしょう?

冬の寒い時期でも探せば暖かい場所ってありそうです。
もっとも『暖かい』といっても、ノラ猫にとって相対的にという意味合いですが。

  • 車の下(恐いのですが、エンジンルームも)
  • 地下の駐車場などの屋内
  • 飲食街の路地裏

などなど、ノラ猫ははそんな暖かい場所や風が吹き込まない場所を求めて
日夜さまよい、自分の居場所を見つけて冬を越しているそうです。

でも、いくらノラ猫にとって暖かいといっても、やはり不憫でなりません。

寒さに震え、お腹が空いているノラ猫にえさやりは?

我が家の猫たちの寒がりぶりを見るにつけかわいそうで、
家の敷地内にダンボール箱に毛布を敷いて置いておいた

引用:発言小町より

気持ちはよくわかります。寒さに震えるノラ猫がかわいそうで
何とか一時的にでも暖かくなってほしい、という強い気持ちが
伺えます。

私も、「家がもっと広かったら、近所のノラ猫を全部
おうちに連れてきたい」という願望があります。
ネコちゃんの世話は専業主夫の旦那に任せますので
その点は大丈夫なのですが。

でも、寝たきりのイタグレ小次郎がいますので、
かなり困難さを伴います。

最近、ノラの子猫を飼い始め、あまりの可愛さに
近所のノラちゃん達のことも気になるようになりました。
見かけたときはご飯をあげるのですが、どの子も痩せています。

引用:知恵袋より

ノラの子猫を飼い始めたのは、我が家と同じです。
やっぱりノラ猫の子猫を飼い始める人って多いんでしょうね。
ただ、この餌やりについては厳しい意見があることも事実です。
前述の敷地内に段ボールを置いて暖を取らせるというのも
同じ問題をはらんでいます。

いわゆるノラ猫による被害ですね。
顕著なのは糞尿問題です。
家の花壇や菜園がノラ猫の糞尿にまみれて
悪臭が漂うっていうアレです。

わが家でもミニ家庭菜園にノラちゃんのうんちを
発見することがあります。

ノラ猫にとって、暖を取れたり、餌をもらえる
場所があるってことは、そこに集まるってことを
意味します。

ノラ猫を集めて餌をやっているみたい?と近所から思われてしまうと
それだけで『変人・おかしい奴』となり、村八の対象に
なってしまうのが今の風潮です。

本当は、ノラ猫が可愛い・かわいそう・不憫という
純粋な感情からのエサやりも多いと思います。

ノラ猫への同情に対する辛辣な意見!!

ノラ猫がかわいそうだと思って、えさを上げていると
次第にノラ猫が集まり出して、近所への迷惑になります。
糞尿問題が起きてしまいます。

ノラ猫へのエサやりに対する辛辣な意見は
厳然と存在します。

その骨子は・・・

無責任なえさやりは言語道断

ノラ猫へのエサやりで、ノラ猫が集まる

近所でノラ猫の糞尿被害が増える

かわいそうだという単なる同情からのエサやりだけで終わらせずに、
ノラ猫がかわいそうなら完全に責任を持て!

責任を持つというのは、去勢・避妊の手術まで面倒をみて、
究極的には自分で飼うこと!

無責任なエサやりによって、
新たにノラ猫が生まれている可能性が大きい

よって、ノラ猫を増やさないためにも
責任を持てないエサやりの連鎖はやめるべき!

ざっと、こんなところでしょうか。
とても正論だと思います。
ノラ猫によって生活空間を脅かされることを
考えると、反論の余地はまずありません。

ノラ猫への同情論では太刀打ちできないと
思われます。

さいごに

しかし・・・
私はこう考えます。

ノビノビ~

ノラ猫の糞尿被害に対する意見の大部分は
人間優先論だけですね。

人間の業(ごう)って考えないんでしょうか?
ノラ猫を作ってしまったのは、ほぼ人間ですよね。

ノラ猫だって『命あるもの』です。
かけがえのない命を、邪魔になったからといって
人間の都合だけで勝手に奪えるのでしょうか?

非道な処分ではなく、共存の道はないのかなと
思います。
多分に社会的な問題です。
人間の思うがままに、邪魔になったら捨てる・
処分するという発想では、社会も豊かに育って
いかないのではないかと常々考えています。

↓↓こんなことを考えたのはこの記事が発端です。
久し振りのホッコリニュースです。
ちょっとウルッときて、その後は拍手喝采でした。