猫も野菜を食べるんだ!ブロッコリーを食べた愛猫のミランです!

猫ってライオンやトラと同じ肉食動物ですが、
野菜の摂取も必要なんでしょうか?

『猫の飼い方』の本で、禁止されていないことを確認して
愛猫のミランにブロッコリーを食べさせてみました。

最初はクンクンと匂いを嗅いでから、ちょっとずつ食べて
完食しました。ちなみにブロッコリーは、茹でただけの
味付けなしです。ネコちゃんに塩は禁物ですから。

※音はほとんど気になりません!小さな緑色がブロッコリーです。

スポンサーリンク

肉食動物の猫が野菜を無理に摂る必要はありません!

かかりつけのお医者さんに確認したことがあります。
『この子に野菜あげてもいいんですか?』って。

お医者さん曰く、
『いいえ、ペットフードだけで十分ですよ。』
へぇ~そうなんだ、って思ったのを覚えています。

お医者さんの話しでは、猫が食べたら危険なものもあるし、
また、やたらなものを食べさせると、ペットフードを
食べてくれなくなることもあるからですって。

つまり、本来、猫は完全肉食動物なので、「総合栄養食」の
ペットフードを食べていれば、健康的には何の問題もないってことです。

猫が食べたら命にかかわる野菜を知っておきましょう。

ネコちゃんが、食べてはいけない野菜をいつの間にか食べてしまった、
知らない間につまみ食いしていた、なんてことは起こりがちです。

台所での食品管理には注意が必要ですね。ネコちゃんには
絶対に与えてはいけない野菜を覚えておきましょう!!

 ネギ科


タマネギや長ネギ、ニラなどのネギ類には、猫の赤血球を壊す
成分が含まれています。食べると、貧血から、嘔吐、下痢、発熱などを
引き起こし、死に至る危険もあります。

アボカド

ペルシンという毒素が含まれています。
人には無害ですが、ほかの動物は中毒を起こし、
嘔吐やけいれん、呼吸困難などの症状が出ます。
ペルシンは葉や種にも含まれています。

アスパラガス

アスパラガスに含まれる「アルカロイド」は薬効成分であり「植物毒」です。
解毒能力の弱い猫には与えたらいけません。
もしも食べたら、腹痛、嘔吐、痙攣などの症状が起こる可能性があり、
心臓、呼吸器系、腎臓などにも悪影響を及ぼします。

ナス

ナスやトマト、ジャガイモなどナス科の植物には、嘔吐、下痢、めまい、
呼吸困難などを引き起こす危険があります。熟した実よりも、芽や葉が
危険です。栽培している人は注意してくださいね。

酵素分解などでシアン化水素を排出する青酸配糖体という物質が
含まれていて、人には害がなくても猫には危険です。
桃のほかにも、アーモンド、アンズ、ウメなどにも
注意が必要です。

猫草は何で大丈夫なの?


猫草って、猫が好んで食べる草ですね。
つまり1種類の植物が猫草ではなく、いくつかの植物の総称なんです。
よく見かけるネコ草は緑のトゲトゲした草です。

ネコちゃんが猫草を食べるのは何でかって疑問がわきますが
定説がないそうです。

いくつかの説がありますが、どれも仮設の段階です。
ま、ネコちゃんが好んで食べるんですから、問題は
ありません。でも、ペットショップなどの信頼できる
ところから購入しましょうね。

また、ネコちゃんによっては猫草に全く興味を持たない
猫も少なくないそうです。
これはネコちゃんの嗜好の問題ですので仕方ありません。
猫草を食べなくても栄養価の面では問題ありませんから。
実は、猫草の効用は栄養の面ではないんです!!

猫草を食べたほうがいいのは毛玉を吐かせるため!

ネコちゃんは頻繁に毛づくろいをしていますよね。
ですから、被毛(カラダ表面を覆う毛のことです。)を
けっこう飲み込んでしまいます。

被毛は胃液で消化されないので、飲み込んだ被毛は
胃の中にたまって球になっていくか、便として
排出されます。

この胃の中で球になったものを「ヘアボール」といい、
この球は便として排出されないために、口から吐く
ことになります。

恐いのは毛球症になることです!!

毛球症とは?
ヘアボールが消化管の中につまり、吐くことも排便することも
できなくなった状態です。
ネコちゃんがかわいそうな状況になりますよね。
必ずお医者さんでの手当てが必要で、場合によっては
開腹手術することもあるそうです。

ですから、毛球症予防のためにも猫草は必要なんです。
長毛種のネコちゃんは特に気をつけてあげたいですね。

さいごに

愛猫のミランがブロッコリーを食べたことに端を発して、
ネコちゃんと野菜について考えてみました。

あっ!ミランが食べたブロッコリーは、ほんのちょっとです。
ブロッコリーでも食べ過ぎたら甲状腺の機能低下を
起こす場合があるそうです。

白菜、カリフラワー、ケールもブロッコリーと同じように
食べ過ぎたら甲状腺の機能低下の可能性があります。

ネコちゃんに野菜をあげるときは、十分注意しましょうね。
猫草オンリーにした方がいいかもしれません。