猫が早朝や夕方に暴れるように走り回る!突然走り出すのは習性です

ネコちゃんを長いこと室内飼いされている方なら
もう慣れっこだと思いますが、飼い始めた方は
ビックリするはずです。

早朝や夕方にネコちゃんが狂ったように家中を
走り回るんですね。

呼びかけても、余計に暴れまわる、走り回る・・・

ひとしきり暴れたらこのとおり(ノД`)・゜・。

我が家の愛猫ミランも朝と夕方に暴れるタイムが
やってきます。ソファーの背もたれを蹴って、走りを
加速する姿なんて、そりゃ見事です^^

スポンサーリンク

猫が早朝や夕方に暴れるのは習性!ハンティングタイム

早朝や夕方に狂ったように走り回るのなら、
ハンティングタイムと理解できます。

つまり、病気でも狂ったわけでもないんです。

猫は夜行性の動物と言われています。でも、これには誤解があります。
正確にはたそがれ時に行動が活発化する動物です。

猫は野生の生活をしていれば(つまり、ノラちゃんなら)、
早朝や夕方に狩りを行います。

ですので、ネコちゃんが早朝や夕方に急に走り回ったり、
大運動会をするのはごく自然なことで、
飼い主さんは、ネコちゃんの野生のリズムを見ていることになります。

ネコちゃんの半ば本能ですので、生きていく上で身に付けた習性として、
その行動は消えにくいらしいです。

でも、たそがれ時以外の時間帯に走り回るのなら・・・

たそがれ時以外に狂ったように走り回るのなら、
溜め込んだエネルギーを発散しようとする行動の
可能性があるそうです。

100%室内猫の場合は、刺激も少ないですし、飢えの心配もありません。

つまり、やることがなくて、暇な状態を持て余していることになります。
ですから、溜め込んだエネルギーを発散させているんです。

ん?ストレスはなさそう

人でも同じかもしれませんね^^
いつも単調な毎日で、刺激が欲しいって人もいますよね!
ちょっと、たとえは違うかもしれませんが。

ま、ネコちゃんの場合(100%室内猫ですが)、早朝や夕方に暴れる、
たそがれ時以外に狂ったように走り回る、そのどちらであっても、
そういうビックリ行動をすることで
精神的バランスをを保っているそうです。

家の中がぐちゃぐちゃになることばかり心配せずに、
ネコちゃんの動線で危ないところがないかに気を使って、
思う存分走り回らせてあげてくださいね。

早朝や夕方に暴れるのは子猫のときだけ?

ある程度大きくなったら落ち着くという
意見を見たり聞いたりしたことはありませんか?

早朝や夕方に走り回る行動は、ネコちゃんの習性なので、
それが成猫になったら落ち着くというのは
どうも信憑性に欠けるのですが。

我が家の場合は、家族が寝ているときは猫をケージに入れておきます。
私が起きると、すぐにケージの外へ出たがるのですが、
朝の支度が済むまで無視することにしました。

最初はケージの上段に昇ったり、下へ降りたりで大暴れしました。
でも、最近では観念したのか、ケージを開けるまではジッと
座っているか、ケージのハンモックで横たわって目をつぶる
ようになりました。

ただ、個体差もあるかもしれませんが、諦めさせるのが肝心ですね。

とにかく子猫のうちは元気がありまくりですよね。
よく聞くようにカーテンがズタボロになる・・・なんてことは
ないのですが、その代わりに障子が無残な姿に!!

ここからさらに酷いことに!応急処置はしました。

夜はケージに入れておいても、ずっと室内放置でも、
とにかく相手にしないことです。
そのうちに、飼い主の生活パターンに合わせてくれるようになると思います。

ですので、成猫になると習性が変わるというよりも
飼い主の生活パターンに慣れるから、次第に暴れ方が
収まるって感じだと思います。

さいごに

愛猫とはなが~い付き合いをしたいですよね。

でしたらネコちゃんの習性を理解したうえで、
その家のルールを覚えさせるのが一番です。

安心しきって熟睡

せっかく家の一員になってくれたネコちゃんですから、
家のしきたりを教え込むのが飼い主のストレスを
溜めない唯一の方法ではないでしょうか。