猫の不思議な行動!猫と見つめ合うのは敵同士?今から飼う方のために

愛らしい子猫とじっと見つめ合う♡
まるで恋人であるかのような時間が流れる・・・

ネコちゃんを飼いたいと思っている方で、こんな
光景を思い描いている方はいませんか^^

でも、ネコちゃんの実態からすると、妄想なんです。
子猫と長い時間見つめ合うなんて、お互いに威嚇している証拠です。

子猫がじぃ~っとあなたを見ているのなら、
ネコちゃんの威嚇行動であなたを敵と見ていることになります。

スポンサーリンク

じっと見ると目をつぶるのは好きの合図

我が家の愛猫。眠いのもありますが、こちらを凝視せずに目をつぶります。

ネコちゃんは見つめられるのが苦手です。
飼い猫で目をつぶってくれるのは好きの合図なんです。

見つめ合うのは何で苦手なのか?

実は、猫の世界では、視線を合わせるということは・・・
それは威嚇の合図なんです。『やるのか』という合図なのです。

もしも、ノラちゃんが、あなたの顔を瞬きもせずにじっと見ていたら!!
あなたを警戒している証拠です。
ネコちゃんは警戒する対象を瞬きもせずに凝視します。

そんなときはノラちゃんの目を見つめ返さず、すぐに視線をそらしましょうね。
『君とケンカするつもりはないよ』という意志をネコちゃんに伝えて、その場を
すぐに離れれば大丈夫ですよ。

な~んか、人間社会でもヤンチャな人にピッタリ当てはまる
ような気がしませんか^^
視線で威嚇するのは本能なのかな?
違うような気がしますね。
人の進化の過程で、『視線で威嚇する』なんて行動は
あったとしても当然に削ぎ取られていますよね。
ということは、ヤンチャな人らは、まだ人にもなっていない
進化の前なのかなぁ・・・蛇足でした。

飼いネコちゃんなら多少の見つめ合いはあるかも

飼いネコちゃんでしたら、おねだり目的で飼い主さんの目を見て
訴えることがあります。

例えば、ご飯の時間が近づいてきて、ネコちゃんが飼い主さんを
ジィ~っと見つめていたとすれば、多分『ご飯まだかニャ~』のサインです。
早くご飯ちょうだい、とおねだりで飼い主さんの顔をジィ~っと見つめているんです。

普通はネコちゃんと見つめ合うというのは、互いに威嚇すると
理解できますが、飼い主さんとの良好な信頼関係ができていれば、
飼い主さんへの甘えの気持ちからの見つめ合いもあるようです。

我が家の愛猫ミランも、特に朝ごはんのときなんかは催促目的か
『ミャ~ミャ~』鳴きながら、視線を合わせてきます。

でも、これって甘えもあるんでしょうが、『早くご飯よこせ!』と
いう威嚇目的もあるような気がします^^

目が合うとそらすのは目をつぶる行動の別バージョン

猫と目を合わせる意味合いは、上述のとおりです。

ネコちゃんにとっては目を合わせるのは
相手を威嚇することになってしまいます。

そのために敵意がないことを表すために
目をそらします。

つまり、目をそらす行動は、目をつぶる行動と同じ意味合いです。

目をそらしてから目をつぶる我が家の愛猫

どこかでこちらを見ている

飼いネコちゃんが目を合わせることは、飼い主に甘えたりおねだりする以外は
まずあり得ません。

ですが、飼いネコちゃんはどこかでこちら(飼い主)を
ジィ~っと見ていることがあるんですよ。

あられもない方向を見ているときは
音を聞き分けようとしているはずです。
ネコちゃんが何もないところを見つめるのは何故?
そうでないとき、つまり飼い主さんがそれと認識しないときに、
ネコちゃんが飼い主を見ていることがあります。

そんなときのネコちゃんの心境としては、
気になる対象が何をしているのかを観察して、
相手の心の中までを読み取っているんです。

家族が誰もいないとき、でも飼いネコちゃんが
いるときは、うかつな行動とれませんね^^

ネコちゃんから『アホ、ボケ、カス』と
思われたら悲しいです(^^;)

さいごに

ネコちゃんとのスキンシップも楽しいのですが、
アイコンタクトもその意味合いがわかると
とても可愛いものです。

これはお座りしたまま寝ているところです

ネコちゃんを見つめて、目をそらしたり
目をつぶったりしたら『あなたが好き♡』って
ことですから♪

ついついギュ~っと抱きしめたくなりますよ。