エリザベスカラーを付けたらかゆいところに手が届かなくなった猫

避妊手術を受けてから4日が過ぎた愛猫のミランです。
エリザベスカラーを外してもらえるのは、手術してから
1週間後ですから、もうちょっとのしんぼうです。

・・・動きづらい

いろいろと不便なことだらけのようです。

エリザベスカラーを付けた頭をフリフリしながら
慎重に歩いています^^

バンドエイドの箱をいじろうとして、つかえた。

スポンサーリンク

エリザベスカラーを付けた不便な猫の動画

※ちょっと音が入っていますので、イヤホン付けたほうがいいです。

ちょっと眠たいときに撮影しました。
目がウルウルしていて、眠りこけそうです。

短いですが、よく見るとお腹の下の方の毛が剃ってあって
避妊手術の傷跡がわかります。



汚い手は旦那の手です(^^;)

後足でかゆいところをかこうとするけど届かない・・・

ワンちゃんやネコちゃんは後足で首筋をカリカリとかきますよね。

愛猫のミランもちょっとかゆくなると、カリカリとするんですが・・・
届かない、というよりエリザベスカラーの上からカリカリするものですから
もちろん、かゆいところには全然あたっていません。

見ていたらかわいそうで、代わりにかいてあげます。
エリザベスカラーは首に巻いてあるので、その取り付け部分
にかゆみがあるような気がします。

あと、ネコちゃんってよく前足をぺろぺろ舐めて、その前足で
顔を洗いますよね^^
ま、毛づくろいの延長なんですが。

本人は顔の毛づくろいをしたくて、前足は何とかペロッとできるんですが、
その前足は当然に顔には届きません。
エリザベスカラーで遮られてしまいます。

ですので、無香料のペット用ウエットティッシュで拭いてあげます。
エリザベスカラーを付けるのはたったの1週間ですが、
ミランを見ていると不憫で不憫で・・・

ブラッシングは大喜びです。


避妊手術の直前に旦那が撮影した映像です。

エリザベスカラーを付けていても、もちろんブラッシングは
大好きです。
自分で毛づくろいできない分、余計に気持ちいいのかもしれません。
やめてしまうと『ニャ~』と鳴きながらあとについてきます^^
もっとして、という行動だと思います。

ブラシを見せたら、どんなに遊んでいても
スタスタと寄ってくるところが本当に可愛いですね。

グルーミングができないので色々なところを拭いています

長毛種のネコちゃんでない限り、基本的にお風呂不要なのが
猫の特質です。ま、人によってはお風呂必要説の方もいるでしょうが。

お医者さんからお風呂は必要ないって聞きました。
それだけグルーミングを丁寧にやるのがネコちゃんです。

排泄のあとも自分で大切な器官を舌でペロペロしますので、
かなり清潔ですよ。ネコの舌があれだけザラザラなのは
グルーミングしやすいように発達したからです。

というのも、狩りをするのが基本の動物ですから、
グルーミングで自分の匂いを消す必要があったんですね。
匂いを消して相手に気づかれないようするためです。

今は、エリザベスカラーのせいで全くグルーミングができませんので、
体は1日に2回程度、排泄器官は排泄のたびに拭いています。
ネコちゃんって基本は清潔な動物ですので、丁寧に拭くことを
心がけています。

さいごに

エリザベスカラーはもう少しで外すことができますが、
その反動はどうなんでしょうか?

激しいんでしょうね。
お医者さんは、いきなりグルーミングをしまくるって
言っていましたが。

ほかにも家中喜んで走り回るような気がします。
今からそのときが楽しみです。