猫がだらーん&だらだらするのはリラックスだけじゃなく野生の証明!?

ネコちゃんがだらーん、だらだらしたり、伸びきっている
姿を見かけたことはありませんか?

よく、『安心しきっている、甘えたがっている、リラックスしている』
と言われますが、実はあのだらーん姿が野生の証明だったとは(@_@;)

特に、飼いネコちゃんがだらーんとしているのを見ると、
『家の中だから敵もいないし、リラックスしているその姿が可愛い♡』
なんて思いがちですが、狩猟動物としての習性の名残の姿だったのです。

スポンサーリンク

なんで「だらーん」「だらだら」が野生の証明なのか?

我が家のミランもけっこうだらーんとなります。

ネコちゃんが「だらーん」としているのは、家の中が超安全な環境なので、
野生の心を忘れて、人間に近くなっている・・・なんて思うのは大間違い!

ネコちゃんは、ライオンやトラと同じ仲間です。
つまり、狩りをする動物としての本能は消え去ることはありません。

あの「だらーん」姿は狩りをする動物としての習性が残っていることを
証明しているんです。

何もしたくニャイにゃ~

狩猟動物が狩りをするときは、当然に全力で相手を倒しに行きます。
自らの死活問題だからです。テレビでよく見かけますが、相当に残酷な
映像ですよね。でも、それが自然界の掟です。

自分が生きるために、相手を全力で100%の力で倒す必要があるからこそ、
ライオンやトラの仲間のネコちゃんは、本番(狩りをするとき)以外には、
なるべく体力を使わないようにしているんですって!!

つまり、「だらーん」の時間があってこそ、『いざ鎌倉』なんて時には、
瞬間的に態勢を整えて、100%の力を出し切ることができるそうです。

ですので、狩猟動物の本能を持ったネコちゃんにとって、
「だらーん、だらだら」の怠け時間はとても大切な時間なんですね。

もちろん「だらーん」のときはリラックスしていますよ。

「だらーん」「だらだら」時間はネコちゃんにとっての休憩の時間です。
もちろん、リラックスしています。

つまり、ネコちゃんは気持ちの切り替えがとても上手な動物なんですね。
超リラックス状態から、瞬時に相手を倒すパワー全開に切り替えが
できるんですから。

人間でも同じかもしれません。いつも緊張状態にあると、柔軟対応って
難しいですよね。緊張しまくってパニックになると、特にプレゼンなんて
大失敗ですもんね。

ネコちゃんみたいに思いっきり弛緩して、ここ一番のときに100%の力を
出し切る・・・なんてことが、人間に簡単にできたらスポーツの記録も
格段に伸びるかもしれませんねぇ^^

さいごに

たとえチビネコちゃんでも、狩猟動物としての習性を留めている!
なんて思うと、愛猫がたくましく思えてくるかもしれません。

「だらーん」姿を見かけたら、そのネコちゃんにとっては、
『狩り』同様の行動をしたアトなのかも。

我が家の愛猫も、ちびライオンやちびトラに見えてきます^^

どう猛さは微塵も感じられませんが。