野良猫.捨て猫を拾ったら飼えない!保護ボランティアや里親を探す!

捨て猫や生まれたばかりで元気のない子猫を拾ってきたあなたへ。

自分で育てたいけど「アパート」や「マンション」の決まりでどうしても手放さないといけないあなた。

ボランティアの方によって捨て猫を一時預かりしてくれるシステムや里親募集の方法があることをご存知ですか?

スポンサーリンク

「保護主」と「預かりボランティア」の違いとは?


まず捨て猫を拾ったら、拾ったその人が猫を保護したことになり「保護主」となります。

猫の「所有権」「責任」は拾った保護主にあり、「医療費」「エサ代」などは基本的に保護主が負担することになります。

また「里親」を選ぶ決定権も保護主にあります。

つまり保護主は拾った猫のすべての責任を負う、小さな命を左右する大事な役割であると言えるでしょう。

大切な命と真剣に向き合い、責任を持つ覚悟がある方のみが保護主として相応しいのではないでしょうか。

一方保護主から依頼を受けて、一時的に猫を預かる役割を「預かりボランティア」と言います。里親が見つかるまでの期間、保護主に代わってボランティアの方が猫のお世話をするシステムです。

基本的に「医療費」「エサ代」は保護主が負担しますが「ボランティア」の方との取り決めで細かい内容を決定することになります。

野良猫や捨て猫を保護してどうしても世話できないときは、お近くの「預かりボランティア」の方と連絡を取り合ってみてはいかがでしょうか?

「預かりボランティア」は基本的に個人ですので専用サイトや連絡先が公表されていることはありません。ネットワーク上の掲示板に「預かりボランティア募集」の書き込みをしてお近くの「ボランティア」の方の応募を待つことになります。

里親探し、どうすればいいの?


昔は、里親探しのチラシに個人情報の連絡先を載せて掲示板などに貼ることも多かったと思いますが、最近では個人情報の流出には注意が必要ですね。

そこで、なかなか「里親」が見つからずにお困りの方には、「預かりボランティア」と同じく多くの人の目に触れるネットワーク上の掲示板に「里親募集」の内容を掲載することをお勧めします。

そこで、比較的大きな規模の「里親探し」専用の掲示板をご紹介したいと思います。

1.⇒ジモティ 里親募集

「地元の掲示板ジモティー」で有名な地元密着型のWEB掲示板です。里親募集カテゴリーには全国で里親を募集する動物達が登録されています。都道府県ごとに検索でき、多くの方に閲覧してもらえます。

誰でも簡単に30秒で投稿可能です。

2.⇒ペットのおうち

こちらも全国展開している里親募集WEB掲示板です。

里親がなく、保健所に連れて行かれた動物たちは、
とても可哀想ですが数日で殺処分となることがあります。

「ペットのおうち」では決して販売目的ではなく、大切な命を手渡しのみで引き渡すことがルールとなっています。「誓約書」をしっかり取り交わし、愛情ある「里親」の方に譲渡することができます。

ネコジルシ 里親募集掲示板

同じく、こちらも全国展開されている里親募集WEB掲示板です。

事情があり、飼えなくなった猫たちの新しい里親を募集することができます。

ネコジルシ内のメッセージで「里親」応募の方と連絡することができ、
信頼のおける「里親」を選ぶことができます。

まとめ

もし、野良猫や捨て猫を拾ってしまったら猫にとって何が一番幸せか、考えてあげてください。拾ったあなたが「猫好き」なのは当然ですね。

きっと可愛くて本当は手放したくないと思います。

でも、どうしても自分では飼えない、このままでは可哀想だという時には猫のために新しいおうちを探してあげてください。