猫が網戸を簡単に開けるのでロックやストッパーで脱走対策をした実例★

元ノラちゃんのミラン(猫の名前です)を飼い出して
はや1年が過ぎ去りました。

子猫のときは全く問題にならなかったことも、
体重が増えて知恵がついてくると対応が必要になります。

寝姿はこんなに無邪気なんですが。

その一つが小さな網戸なら簡単に開けてしまうこと!
ビックリしました。猫が器用に網戸を開けるんですから。

猫が網戸を開けると、その先はお外!
脱走が容易になります。
脱走したら、家猫にとっては致命的ですよね。

そこで網戸を開ける愛猫のために、家中に対策をしました。

スポンサーリンク

愛猫が網戸を開けてくつろいでいる動画を撮りました♪

我が家の愛猫ミランは子猫のときに玄関から2回脱走したことがあります。
でも、最近では玄関ドアを開けても、ドアを見ているだけで外に出ようとはしません。

外に出たらいけないことを学習したような感じです。
しかし、網戸を開けて外を眺めている姿を見たときは肝を冷やしました。

↓ ↓ ↓ 【サッシを開けるミラン】※動画は3つとも短時間で、音は気になりません。


もっとも、風を通すためにほんの2,3cm開けておいたサッシですが、
両手で大きく開けてしまいました。

↓ ↓ ↓ 【網戸を両手で器用に開けるミラン】


網戸の網目に爪を引っ掛けるのではありません。
網戸の端の凹みに上手に爪をかけて両手で開けたんです。
上手やなぁ~と感心してしまいました^^

↓ ↓ ↓ 【網戸の外の縦格子から首を出して偵察中のミラン】


網戸の外の縦格子の感覚は12,3cmです。
その気になれば愛猫のミランはスルッと外に出られます。
でも、出なくて幸いでした。

ちなみに動画は偶然にうまく撮れたのですが、
この動画を撮るまでに、3回ほどは網戸を開けて外を眺めているミランに出くわしました。

さすがに愛猫のために網戸を開けて脱走しないよう、網戸ロックをはめました!

ミランが器用に開けていた網戸の外は農道に面しています。
私が見かけた3回ほどは、単に首を出して外を見ているだけでしたが、
もしも、雀などの小鳥が舞い降りて、ピョンピョン跳ねていたら…

やはり猫ですから、本能の赴くままに外へ飛び出して、
「獲物じゃ~」と夢中になったと思われます。

いくら窓枠から降ろしても、すぐ上ってしまう「いたちごっこ」が
続いたので、かわいそうですが網戸ストッパーで網戸をロックしました。

※かわいそう、というのは愛猫のミランにとっては窓枠で網戸を開けて
外を眺めるのが、けっこうな息抜きになっているように思えたからです。

猫脱走防止の網戸ロックの実際

私が購入した網戸ロックです。

川口技研といえば、サッシやドア関連グッズでは老舗ですよね。
ですので商品の確かさは間違いないです。

なんかわかりにくい説明

う~ん?

上記の2つの画像の説明書では、ガラス戸は必ず右で、網戸が左側になる、
という説明になっているのですが、逆にしたいなぁと即座に思いました。

なぜなら、ご存知かと思いますが、サッシと網戸の構造上、
網戸を右開きで使うときはサッシは適当に開けていいんですが、
網戸を左開きで使うときはサッシは右側に全開にする必要が
あるんですよね。網戸を左開きで使うときにサッシを右側に全部持って行かないと
小さな虫が入ってしまいます。⇒ykkap『網戸の上手な使い方』

そうなんです。
説明書のように右がガラス戸(サッシ)で、左側が網戸の状態で、網戸ロックを付けてしまうと常にサッシを全開状態にしないと虫が入り込んでしまうんです。

また、適度な風を取り入れたいときでも常に全開というのは使いづらいですよね。

でも、逆に取りつけても全く問題ありませんでした^^

            ↑ ↑ ↑
最初に説明書通りに取り付けた画像です。
このアト、思い直して剥がしてやり直しました。
直後でしたらマイナスドライバーで割と簡単に外れましたよ。

ポイントはこの画像のように網戸のくぼみに網戸ロックを
ギリギリいっぱいに寄せることです。
これで猫が網戸を開けようとしてもわずかな隙間しかできなくなりますから。

1階の網戸も2階の網戸も全部見て回りました

小さな我が家ですが、死角はないかと全部の網戸を点検しました。

さすがに通常の畳1畳ほどの大きな網戸には手を付けませんでした。
愛猫もそこには手をかけませんから。網戸を昇ることはありましたが(^^;)

2階の網戸ですが、ここも心配でした。

かすかに道が見えています。


そう、もしも愛猫が網戸を不用意に開けて足でも滑らせたら
ズドーンと下まで落ちてしまいます。

クッションになるものは何もありません。
愛猫のミランが致命傷を負うことは間違いないです。
2階には、1階の網戸の外側のように縦格子は付いていませんし。


もっとも愛猫のミランが2階の網戸を開けたことはないんですが。
もしもってことがありますから。


これでミランが2階に行っても安心★

さいごに

愛猫が脱走したがるのは仕方のないことです。

でも、家猫が脱走したら、まず長生きはできません。
交通事故や感染症など、痛々しいことは容易に想像できます。

ですので、お家の中だけで健やかにすごせるよう、
最大限に気を配るのが飼い主の責任だと思っています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。