やぶっちゃの湯はアクセスが便利で家族連れにぴったりの日帰り温泉!

寒いときの定番って人それぞれでしょうが、
私の場合は何といっても温泉です!

イメージですが(^^;)

泊りで行くとなるとたいそうですが、日帰りなら
負担はぐっと少なくなりますよね。
もちろん、遠出の1泊旅行も魅力的ですが。

近場のスーパー銭湯では味気なさを感じますが、
山懐に抱かれた日帰り温泉でちょっとした旅行気分に
浸ることができます。

奈良市からほど近い三重県のやぶっちゃの湯は
車で40分くらいで行けるのでけっこう通っています。

スポンサーリンク

やぶっちゃの湯はどこにあるのか?

やぶっちゃの湯は、奈良県・京都府・滋賀県・三重県の
県境近くに位置します。所在は三重県です。

山の中なんですが、秘境というほど不便なところでは
ありません。むしろ幹線道路の国道163号線からすぐの
ところにあるので、大自然の真っ只中にありながら
交通の便はとても良いところにあります。

道路も広いので、運転に困難さを覚えることがないのも
魅力的です。

家族連れにピッタリのわけは?カップルには向きません!

伊賀の山奥にある温泉施設で、
大自然を満喫しながら入れる露天風呂もあります。

ただ、本当に山奥で、やぶっちゃの湯の施設以外には
な~んにもありません。

ですので、家族連れには憩いのひとときが楽しめますが、
カップルには不向きでしょうね。
でも、温泉好きな恋人同士なら
ぬくぬくの温泉でさらに熱くなれるかもしれません^^

食事処はけっこう美味しいものがそろえてあります。

もちろん、牛丼チェーン店みたいに激安というのは
期待できません。

でも、1000円も出せば相当なボリュームで楽しめます。
おうどんから丼もの、定食までそろっています。
お味は保証できます。かなり美味しい部類に入りますよ。

ちょっと値は張りますが、あのブランド牛の『伊賀牛』の
お料理も楽しめます。私はまだ注文したことありませんが(^^;)

やぶっちゃの食事処公式サイト

泉質に不満はひとつもなし!!

美人の湯』といわれる重曹泉です。
ぬるぬるで美容液に浸かっているみたいに感じます。
もちろん、お肌スベスベになります。

源泉かけ流しの『こっとの湯』もあります。
湯船はかなり小さいのですが、子どもでも
安心して入れる湯温です。

ただ、『こっとの湯』は日によっては、長湯のお年寄りで
いっぱいのことがあって、ちょっと時間待ちが
必要かもしれません。

でも、露天風呂はけっこう広々としているので、
たとえ天気が悪くてもお子さんともども
大自然に抱かれることができます。
やぶっちゃの温泉公式サイト

小さい子のためのミニミニアスレチックがあります!

本当に小さな遊び場です。
でも、小学校低学年くらいまでなら
楽しめると思います。

周りの雰囲気が素敵ですね。

↑↑こんな感じの平均台(?)もどきがぐるっと
1周できます。ほかには、よく公園で見かける
タイヤの半分埋まったやつもありますよ。
保護者同伴で利用してください、という注意書きが
あったはずです。

農産物直売所はお財布にやさしいから好きです。

温泉のある建物から徒歩1分です!!
やぶっちゃの湯に行ったら、必ず野菜を買って帰ります。
その日の夕飯のおかずになることもあるんです。

夏場ですがメロン安かったですねぇ。
モロヘイヤもたくさん入って100円、
キュウリやナスも買って帰りました。
寄せ植えの小さな鉢も可愛くて購入しました。

やぶっちゃの農産物直売所の公式サイト

きらびやかではないけど、温泉のある建物がきれいで清潔!

山の中の温泉というと、脱衣所が不潔だったり
したことないですか?

でも、やぶっちゃは本当にどこもかしこも
きれいで清潔です。
床は木製のところがほとんどですが、つるつる
ピカピカです。

それに、売店がわりと充実しています。
行くたびに娘に小物をねだられています。
お土産類やお漬物も美味しそうに
売られています。

ま、建物がきれいなだけに大人の入浴料が800円なのかなぁ。
(平日は700円ですが)
山奥だから仕方ないですね。維持費がそれだけ
かかると思います。

好きな人ならたまらないでしょう。キャンプ場も近くに!

私自身、キャンプしたことはないので
詳しいことはわかりません。

でも、やぶっちゃの湯に行くと目に入るのが
キャンプ場です。

うちの旦那は20年ほどキャンプしていたらしいので、
やぶっちゃの湯に行くたびにキャンプしたそうに
見ています。私が筋金入りの虫嫌い人間なので
諦めていますが。

ゆうゆう鯛ヶ瀬(デイキャンプ・オートキャンプ)

OKオートキャンプ場(やぶっちゃの施設じゃありません)

さいごに

家族みんなで日帰り温泉に浸かって、
美味しいもの食べて、お土産をちょっとだけ
買って帰る・・・

ほっこりした休日を過ごせますよ。

娘は保育園の頃は旦那と温泉入っていましたが、
小学校に上がってからは私と一緒です。

男湯に一人で入る旦那の背中の寂しそうなこと^^