脳梗塞のイタグレ小次郎は娘に抱かれて幸せモード!!

回復の兆しはいっぱいあるんですが、困ったことに、まだ立つことはできません。

脳梗塞になってしまったイタグレの小次郎です。最初は死も覚悟しましたが、今では本当に元気です。ご飯もカリカリと食べますし、上体を半分くらいは起こせます。

でも、やっぱり立ってほしいです。

好き好き~!娘にチュッ!旦那の撮影です。

う○ちしたときなんて、小次郎も「う○ち」が嫌いなようで、思い切り蹴とばして遠くにやろうとします。あわてて拾い集めてトイレに流して、アトは水で流さなくてもいいシャンプーをタオルに付けてきれいに拭いてあげるのが日課になっています。

爆睡中の小次郎です。元気に生きています↓↓

いつも同じ場所では飽きてしまうようです。

家族で談笑しているときなんて、さかんに足をバタバタさせたり、尻尾をパタンパタンと振ったりして『僕も混ぜて』とアピールしています。

最近は、娘が小次郎を抱っこできるようになりました。いくら小次郎がイタグレと言っても、体重は5kgほどありますので、小1の娘が抱っこするにはちょっと重ためです。

たいていは、小次郎を落とさないように、まず娘を座らせてから、小次郎を膝の上に置いてあげます。小次郎はジッとしています。

でも、嬉しくなると、娘にチュッとしたり口をペロペロ舐めたりします^^

なんか幸せ~、お互いに。

先日、かかりつけのお医者さんに連れて行ったとき、小次郎が上体を起こす様子を見て、『こんなに起こせるようになりましたか~』と、いたく感動していました。

小次郎は、寝ていても、夢でも見ているのか足をピョンピョンと動かします。まるで、広い公園を走り回っているみたいに・・・そんなとき、ちょっと切なくなります。

とにかく、右前足だけが問題みたいです。右前足に感覚さえ戻れば・・・リハビリあるのみ。

でも、上半身を支えて後足で歩けるような器具も検討中です。ワンちゃんですから、やっぱり外でいっぱい歩いてナンボですから!!

微妙に2人の位置関係がまずかったとき

スポンサーリンク