寝たきり犬の介護にはカートで散歩がグッド!ベビーカーで代用!

脳梗塞を患ったイタグレ小次郎。

リハビリを続けても歩くのはちょっと難しそうな状態です。
10秒くらいはその場に立っていられるのですが、なかなか
足が出ていきません。

気分転換に散歩に連れて行きました。
娘が使っていたベビーカーで^^

スポンサーリンク

寝たきり犬の近所での散歩なら中古のベビーカーで十分

寒くても本当に喜んでくれました。

脳梗塞を患ってからも、散歩にはよく連れて行っています。

歩けませんので、もちろん抱っこして。

ふと気づきました。玄関に置きっぱなしの娘のベビーカー!(・。・)b

赤ちゃん用の、新生児から使えるタイプのベビーカーです。
座面がフラットになるタイプです。
※でも、イタグレのような小型犬オンリーだと思います。
中型・大型犬なら専用カートがいいはずです。

犬用との違いは カバーで完全に隠せない事です。
ですので、公共機関では使えませんが、近所や公園では問題ありません。
ワンちゃんには、外の感じがわかることが良いので
無駄のないリサイクルです。

リサイクルショップなどで たくさん売っているので
中古でよければ 良いものがあるかも知れませんよ!!

ワンちゃんのカート姿に心無い人もいるようですが。

こんな悲しい記事を見つけました。

突然の病気で歩けなくなった愛犬のために
カートを購入して外へ連れ出した飼い主さんです。

『この子はもう2度と自分の足で歩けないんだ』と。

涙をこらえながらカートを押して歩いている時、すれ違った見知らぬ男性から、
「犬なんだから歩かせろよ!」
と大声で言われたそうです。

私なら、ぶち切れそうです╰(◣﹏◢)╯

でも、この飼い主さんは『歩けない犬です』と
言い返すことも出来ず、ショックで自宅に戻られたそうです。

大声で言った奴は、どれだけ心が貧困な奴なんだろうと煮えくり返りました。
赤ちゃんだって歩けないからベビーカーに乗っているんです。

ワンちゃんだって歩けない子もいますし、歩くのが苦手な
チワワのような犬種もいますよね。

『貧困な心の奴って世の中には必要ない存在だ』って
心の中で叫びながら、悠々・堂々と歩けないワンちゃんを
外へ連れ出していただきたいと思いました。

ちなみに私の場合、近所のママ友に
『ちょっと!どこの赤ちゃん連れているの?』
って聞かれましたが。
でも、ベビーカーの前に回り込むと、ママ友たちは
『あ~^^』と納得してから、談笑しました。

小次郎のベビーカー散歩は家の周辺だけを考えています。

ワンちゃんには日光浴が必要ですよね!!

トイレシートを下に敷いています。

人と同じで、ワンちゃんやネコちゃんも、日光浴はとても大切ですね。
日光を浴びることは、昔から万能薬とも言われるくらいの効果が言われています。

「日の出とともに起き、日の入りとともに寝る」が理想的と言われる所以(ゆえん)です。
日光を浴びることによって、体内時計が調節され、夜ぐっすり寝ることができるというのは
色々なところで指摘されていますよね。

幸せホルモンのセロトニンや、若返りホルモンの成長ホルモンの分泌は、
日光浴をすることで促進されるそうです。

ワンちゃん、ネコちゃんにも積極的に日光浴をさせたいですよね。
愛猫のミランは室内飼いですが、サッシの近くで日光浴を
楽しんでいます。本能的なものみたいです。

イタグレの小次郎も、風邪を引かない程度にベビーカー散歩を
取り入れていきたいと思っています。

歩く散歩と違って、小次郎の場合はジッと座っているだけなので
あんまり外が寒いと、それだけでストレスになりそうですから。

日中のポカポカしたときに30分程度のベビーカー散歩で
刺激になれば、立つ意欲にもつながると思います。