脳梗塞になったけど、ご飯を食べられるようになった小次郎!!

脳梗塞を患った小次郎です。まだ立つことはできません。仕事帰りに面会に行ってきました。

ちょっと嬉しいことがありました。脳梗塞を発症してから、点滴で栄養を取り続けているのですが、この日(月曜日)はご飯を食べることができたそうです。

発症直後の小次郎。何で動けないのかわからないみたいです。

日曜日までは口元にご飯を持って行っても、ペロッと舐めるだけだったそうですが、月曜日の朝は口元のご飯をモグモグと食べて飲み込めたようです\(^_^)/

でも、何で小次郎が脳梗塞になったのかな?お医者さんの話では、人間と同じように、何らかの原因で血液がドロドロになっていた可能性があるとのこと・・・

早く、こんなふうにしっかりと立ってほしい!

小次郎の姿を見て、私も娘のために体の中から整える必要性を痛感しました。

1年以上、青汁を飲み続けています!

やっぱり、体の中を元気にするのが健康生活の方法だと思います。食生活を充実させるってことも、結局は体の中を元気にすることですよね。

対症療法ではなく、体が本来的に持っている、自然治癒力や自浄能力を引き出してあげることが、健康に貢献するんだと思っています。

お肌も対症療法はやめて、体の内から整える方法を選びました。

いくら気をつけていても、病魔は突然に襲ってくることはわかっています。実際、旦那の前妻は30代でスキルス胃がんで亡くなりましたし、旦那自身は脳出血を患ったことがあります。

でも、自堕落な生活では、やはり病気のリスクは飛躍的に高まります。常に体をいたわる生活を心がけたいものですね。

旦那が面会に行ったときに尻尾を振った小次郎です!

スポンサーリンク