本格的ポテトサラダを目指したつもり!でも酢がちょっぴり多かった・・

お肉屋さんのポテトサラダって、シンプルそうに見えて、それでいて本当に美味しいですよね。

私は、イモ類は基本的にNG。ジャガイモ、サツマイモ、カボチャをそのままで食べるのはホントに苦手です。山芋も苦手、手が痒くなるし、食べていたら喉まで痒くなってくるし。

でも、ポテサラの美味しいのはなぜか大好きです。

この話の発端は、旦那が農産物直売所でジャガイモを大量に買ってきたからです。大量といっても一袋詰め放題で、180円のジャガイモ。それでも普通サイズが30個近く入っていました。

やっと半分を消費しました。この倍ほどで180円!

旦那に美味しいポテサラが食べたいと言ったら、即食卓に上りました。

本格的ポテトサラダ・・旦那の自称(^∇^)

惜しかったなぁ・・

見た目は良かったのですが、酢が微妙に多かったんです。

旦那曰く『本格的ポテサラの味の決め手は酢だ』って。

でも、入れすぎたら、味壊しちゃうでしょ!

ちなみに旦那に聞いたら参考にしたのは、あの『たいめいけん』の茂出木 浩司シェフのレシピからですって。⇒こちらのポテサラの作り方

『たいめいけん』って、私の大好きな池波正太郎の随筆にもよく出てくるお店です。仕事で東京に1年間ほど研修に行っていたときに、食べに行ったこともあります。懐かし!!

旦那には再挑戦するように言っておきました。

スナップエンドウとゆで卵

ま、これは食卓の彩りですね。

スナップエンドウは塩ゆでになっていました。箸休めにちょうどよかった・・

チンゲン菜と鶏ひき肉のあんかけ

八宝菜だとヘビーなので、チンゲン菜と鶏ひき肉だけにしたそうです。

娘は喜んで、ご飯にかけていました。

こんな風に餡で仕上げたおかずってご飯がすすむ君になります^^

とんぼの煮つけ

かなり辛そうでしょ。

ちなみに『辛い』って、関西では『塩辛い』の意味です。東の方では『しょっぱい』と言うそうですね。旦那が新潟出身なので、そこら辺はだいたいわかっています。

『とんぼ』って全国共通の言葉なのかな?

なまり節のことです。

味付けが面倒くさかったので、麺つゆで適当に仕上げたらしいです。麺つゆ入れすぎだろ。お味的にはそれほど濃くなかったのですが。

これも旦那に聞いたのですが、麺つゆって東の方では『ビミサン』という商品名のようですね。

シイタケとエノキのすまし

旦那料理の特徴は、汁物にほとんど必ずキノコが入ることです。

体には良いので歓迎です。

食べたいものを思い付いたとき、私は、朝出かけるときに旦那に言っておきます。すると、本格的ではありませんが、それなりの料理が出てきます。

今日は何が出てくるかなって、楽しみな日もあります。

スポンサーリンク