段ボール迷路はイベントに行ってもキットで家で作っても楽しめます!!

巨大段ボール迷路

段ボール迷路っていつから主流になったんでしょうか?最近よく聞きますし、イベントも色々と開かれています。普通は処分に困る段ボールですが、迷路に作り上げると子どもはもちろん、大人でも段ボール迷路のとりこになりそうな優れものです。

スポンサーリンク

段ボール迷路のイベントは子どもに大受けします!

娘と近所の商業施設に行ったら、偶然に段ボール迷路のイベントをやっていました。イベントが行われていることを知らずに行ったのですが、当然に娘の目はキラキラ☆☆

すかさず入って、かなりの時間グルグル回っていました。子どもって、段ボール迷路のような遊びに全然飽きないんですね。

残念なことに、その商業施設の段ボール迷路イベントはその日だけ。

そりゃそうですよね。常時開設せずにサッサと片付けられるのが段ボール迷路のメリットですもんね。色々な施設でちょっと広めのスペースがあれば、1日か2日の期間限定で段ボール迷路のイベントを組んだら、集客力バツグンですね。

ご近所で段ボール迷路をしていないか調べるにはパソコンで「段ボール迷路 イベント」と打ち込んだら、けっこうヒットすると思います。

また、近くに大型商業施設があったら普段からイベント情報を貼り付けてあると思いますので、メモしておくと便利ですね。

手作りの段ボール迷路も子どもには楽しいはずです。

段ボール迷路のイベントが近所で開かれていないときに、是非やってみたいのが手作り段ボール迷路です。

私もまだ作ったことがないのですが、今度娘といっしょに手作りしたいと思っています。秀逸なサイトを見つけたので参考にどうぞ^^ ※ビー玉迷路ですが子どもには受けるはずです。

ビー玉迷路のつくり方

工作したくても家に段ボールがない家庭が大半だと思います。でも、心配いりませんよね。スーパーに行ったら、自由に持ち帰りができる段ボールが山ほどありますから。

工作用なら小さめのひとつの段ボールで十分です。きれいに拭いてから子どもさんと親子工作を楽しんでください。

使い回してボロボロになったとしても、すぐに捨てられますし、また新しい工作がすぐにできちゃうのが段ボール工作の最大のメリットですね。なんと家計にやさしいすぐれもの!!

工作が苦手な方には、こんな便利グッズもありますよ↓↓

でも、やっぱり手作りの味にはかなわないと思いますが。

幼稚園や保育園のイベントにも段ボール迷路は大活躍!

高校の文化祭で段ボール迷路を作ったら、やっぱり受けるんでしょうね。

意中の人と段ボール迷路で鉢合わせ・・・なんて乙女チックな想像をしてしまいます(^^;)

さてさて、幼稚園や保育園の夏祭りなんかで段ボール迷路があったら楽しいでしょうね。小さい子ってホントに迷路のような他愛のない遊びが好きですよね。

でも、さすがに先生や保護者で段ボール迷路を作るのは困難です。

段ボール迷路を手掛ける業者のサイト!!

すごいですねぇ~!大型の段ボール迷路をキットとして販売している業者もいるんですね。

ま、業者の方が、手作りするよりもはるかにきれいで、安全でしょうから、使わない手はないと思います。

割と手作り感が満載・・

さいごに

100%リサイクル可能な段ボールは、実際に約95%以上が回収されています。使用済み段ボールはゴミではなく、貴重な資源なのです。何度もリサイクルされ、生まれ変わる段ボールは、とても環境に優しい包装材です。役目を終えた使用済み段ボールは、自治体による行政回収や自治会などの集団回収を通じて回収され再び新しい段ボールに生まれ変わります。

引用:全国段ボール工業組合連合会

環境にやさしいし、子どもにとっても相当に安全な素材としての段ボールですね。

段ボール迷路のイベントを探したくなりませんか?

アト、おうちでも子どもさんと一緒に段ボール工作もしてみてくださいね^^