娘に不登校の危機が!ちょっと悩んでいます。

高齢出産で、やっと生まれてきてくれた最愛の娘がいます。今年から小学校に入りました。

本当に目の中に入れても痛くないってこのことですね。

保育園は、小学校の区域内で選んだらよかったかも

保育園を選ぶときに、5,6カ所見学して、私が安心できるところを選択しました。

私立保育園で、保育士の先生も若い方が多くて、それでいてみんな笑顔で子どもに優しく接してくれる最高のところだったと思っています。ママ友はもちろん、娘もお友達がたくさんできました。

でも、家からちょっと離れている保育園だったので、娘の小学校には保育園のお友達は一人もいません。

娘の通う小学校では、近所の大規模公立保育園の子がほとんどです。ま、中には幼稚園や別の保育園の子もいますが、ほとんどの子が小学校に入る以前からの顔見知りがいるようです。

娘はポツンと一人・・

保育園を選ぶときに、入学予定の小学校も視野に入れるべきだったかと、ちょっと反省しています。

連休明けくらいから、小学校を休みたいと言い出した!

最近、娘が頻繁に『学校に行きたくない』と言います。

理由を聞くと、『体育の時間が走ってばかりで、つまらない』からだそうです。でも、まだ友だちとうまく馴染んでいないからというのはわかっています。

そこで、2日間休ませました。6歳の子でも気分転換が必要だと思いました。リフレッシュ休暇ですね^^

1日目は私も休んで近場の日帰り温泉に連れて行きました。

2日目は専業主夫の旦那が、別の日帰り温泉に連れて行きました。そうなんです、保育園の頃から温泉にはまっているんです。

温泉が好きになったのは、温泉周辺の公園やミニアスレチックで遊べるという目的があったからです。

しばらくは様子見です。

夏休みまでは、なだめて透かしてなんとか小学校に行ってほしいな、と思います。夏休みまでには気安いお友達もたくさんできるでしょうから。

集団登校、集団下校をしているのですが、娘の希望で、朝は私が校門まで(時には教室まで)見送り、帰りは旦那が校門まで迎えに行く日々が続きます。

それぞれの小学校の入学式のあとに、保育園に集合しました。それほど居心地の良い保育園でした。

スポンサーリンク