給食の牛乳でお腹が痛くなるのならいらないという選択もありですよ!

小2の娘はもう1年以上、学校給食で牛乳を飲んでいません。
小1の1学期のときは牛乳を残したり手を付けなかったり、無理やり飲んだりしていました。

でも小1の2学期になり、『牛乳飲んだら気持ち悪くなったりお腹が痛くなる』とやっと訴えてくれました。それまで我慢し続けたのかな?と考えて、切なくなりました。

で、担任の先生に連絡帳で伝えました。
「牛乳を飲むとお腹が痛くなると言っているので、給食のときは牛乳を外してください」と…
もちろん、先生は快諾してくれました。

給食の牛乳で悩んでいたら参考にしてくださいね^^

スポンサーリンク

給食で牛乳を飲んだら腹痛があったり、ひどければ下痢をするときは?

牛乳を飲むとお腹を壊す人って数人に1人はいるんですよ。
そういう症状は治すというレベルではなくて身体が反応するので牛乳を避けるべきですね。

給食ですし、お腹が痛くなると言えば先生も分かってくれるはずです。
現に我が子の場合も、担任の先生に一言訴えただけで、給食から外してもらえましたし。

ただ、各小学校での差はあると思います。
私の場合は京都府南部の小学校でしたが、まったく問題ありませんでした。

申請書まであったんです。
牛乳を拒否しますっていう内容の!

おまけに微々たる金額ですが、牛乳飲んでいないからって還付金まであるんですよ。

お子さんが牛乳でつらい思いをしているのなら、すぐに先生に伝えるべきです。
合う合わないは体質なんです。
可愛い我が子に、我慢を強いるのは切ないですよね。

飲み進めれば慣れる…という問題ではないんです。
体が受け付けないのですから。

アレルギーじゃないのに給食の牛乳を拒否するのは可能なのか?

そりゃ、絶対できますよ。
給食も牛乳も強制ではないからです。

例えば、牛乳アレルギーではないけれど、アトピー体質だから牛乳は拒否したいなんて場面もありますよね。
じゃ、牛乳はやめてもらいましょう。

担任の先生に訴えて、改善されないようなら教育委員会に電話したらいいんです。
学校の統率よりも、我が子の体の方が何万倍も大切です。
いや、我が子の体は、何物にも代えがたい宝物なんです。

ですから、学校が牛乳拒否を、それこそ拒否するのなら、もっと上の機関に訴えましょうね。
教育委員会で反応がいまいちでしたら、文部科学省に直訴する方法だって当然ありですよ。

牛乳なしの給食は日本人なら当然だと思うんですが…

平成27年(2015年)4月から、新潟県三条市の小中学生の給食で牛乳が廃止されたというニュースが話題になりました。
このニュースが出た時には、「牛乳を給食から外すとは何事だ!」というクレームも寄せられたのだそうです。

でもですねぇ、ご家庭で例えば夕飯のときに、ご飯食べながら牛乳飲みますか?
パンでしたら抵抗ないかもしれませんが、ご飯粒といっしょに牛乳を流し込めますか?
どう考えても『気持ち悪い』って考える人がほとんどでしょうね。

日本で牛乳給食が始まったのは、戦後の低栄養の時代です。

最初は脱脂粉乳をアメリカの意見により取り入れたのが始まりだとされています。
アメリカの民間団体やユニセフから脱脂粉乳が寄贈されて、学校給食に取り入れることになったのです。

あの脱脂粉乳のまずさと言ったら…
知らない人は幸いです。
本当にくそまずい代物でした。

今の子供たちは昔に比べて食物アレルギーを持つ割合が非常に高くなっています。
アトピーなどが原因で、医師から乳製品を制限されている子供も多くなっています。
その理由の一つに食生活の欧米化が考えられています。

長年、つちかってきた牛乳信仰…
そりゃ、牛乳大好きな人には関係ない話です。
でも、どうしても牛乳を受け付けない人だっているんです。
牛乳と合わないのが我が子だとしたら、おうちの中では断固として牛乳をやめますよね。

それが、学校では半ば強制的に牛乳を飲まされる…
こんな拷問はなくすべきですね。

学校給食で牛乳をほぼ強制的に飲まされている不思議な実態

ほとんどの小中学校の給食には牛乳が出されています。
でも、牛乳を飲みきれず、給食を残す児童も多いんです。

その理由として、牛乳と日本の食事(おかずやお米)が合わないということがあるでしょう。

200mlもの牛乳を一日一回毎日飲むというのは、小さい子供の体には負担になることが大きいと思います。

成長期にある子供たちのことを考えると、牛乳のカルシウムは必要だ!
そう考えるなら、そこは各家庭で選択していけばいいのではないでしょうか?

給食も牛乳も強制ではないです。
でも、アレルギー体質でもないのに、『あれもこれもいらない』とみんなが言い出したら、園や学校で統制を取るのが大変になってきます。
しかし、給食に必ず牛乳が付いてくるのはどう考えても不自然です。

前述した、牛乳廃止を決めた新潟県三条市米にはそれ相応の理由があります。
三条市では米どころの新潟らしく「米飯が中心」となります。
しかも地元の特別栽培米などの「品質のよい米」を使っているという力のいれようです。
野菜に関しても地元のものを中心にしているようです。

いくら栄養的に完璧なものを目指したいからと言って、「米と牛乳」という組み合わせを積極的に取り入れたい大人がどれほどいることでしょうか?

例えば定食屋で「焼き魚定食と牛乳」を注文する人は?
まぁいないでしょうね。
牛丼屋でも同様でしょう。
そもそも、定食屋や牛丼チェーン店で牛乳も置いてあるってところはないと思います。

食文化という意味で「牛乳はご飯食には不要な飲み物」なのです。
学校給食に脱脂粉乳が取り入れられたのは、アメリカの意見もあったんです。
日本とは食文化が真逆ともいえる国からの提言でした。

脱脂粉乳が牛乳に格上げされたとしても、牛乳が日本の伝統的な食事とは相いれないのは変わりません。

ましてや、「乳糖不耐症」という日本人の8割ほどが持っている”乳糖を処理できない体質”も全く見過ごされています。
可愛い我が子が学校給食の牛乳でつらい思いをしているのなら、即刻、給食の牛乳を外してもらってください。

さいごに

下方に「毎日牛乳がつく」と書いてあります。

小2の我が子は給食のときに牛乳を飲まずに、家から持って行くお茶を飲む毎日です。
献立表を見ても、特に牛乳を飲まなければ栄養的に偏る…ということはないように思えます。

牛乳を無理やり飲んで調子が悪くなるのでしたら、先生に頼んでぜひとも給食の牛乳を外してもらいましょう。
「牛乳を飲んだらお腹を下します」とか「吐き気がしたり気持ち悪くなるんです」など、理由は何でもかまいません。

よほどの先生でない限り快諾してくれると思います。
もし、うまくいかないときは校長や教育委員会など上の方に掛け合ってみるのがいいですよ。
可愛い我が子の苦痛はほんの少しであっても取り除きたいですよね。

たかが牛乳1本外すだけで、教育現場に混乱が起きることはありませんから。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。