子育てと仕事の両立は家事もあるから疲れるけど無理じゃないと思う!

子育てをしながらの仕事は「大変」だと簡単な言葉では言い表すことができないくらい大変です!

朝起きたら、子どもの支度や家事や自分の出発準備をしなければいけません。帰ってきたら、子どもを迎えに行ったり、夕飯準備やお風呂の用意、寝かしつけまでしなければいけません。
寝かしつけてもそこから家事があります。
また、習い事や通院がある日だってあります。

それはそれは、本当に息付く暇もない毎日です。
でも、しんどい顔をして子どもの顔を見たくないですよね。

どうしたら、笑って子育てと仕事の両立をすることが出来るのでしょうか?
これから働くというお母さんや、毎日が辛いというお母さん必見の内容にしてみました。

スポンサーリンク

子育てと家事を両立させることが、子育てと仕事も両立させるポイントです。

子育ても家事も、頑張りすぎないことが重要です。
なにもかもを完璧になんてできません。

完璧を求めると、失敗したり、罪悪感を感じたり、もっと頑張ろうとして倒れてしまいます。
何事も、ほどほどにがいいのです。
では、具体的にどうしたらいいのかをみていきましょう。

買い物は仕事の日にしない

買い物って行こうと思ったら仕事帰りがほとんどですよね。
朝早くから頑張って、仕事を終えてから、荷物を持っての買い物って大変じゃないですか?

まだこれから、夕飯を作って、子どもをお風呂に入れて、寝かしつけて、家事をして・・・。
ぞっとします。

なにも、毎日買い物に行かなくてもいいのです。
お休みの日にまとめ買いをしておきましょう。

私は、基本買い物は週に一回です。
それも夫と一緒です。

たまに仕事帰りに買い物に行って、惣菜を買うのは大賛成ですけどね。
なるべく、仕事の日に買い物はしないようにしましょう。

家事は機械に手伝ってもらおう

現代はほんとに様々な家事の味方が存在します。
少しお金はかかるかもしれませんが、ぜひ頼ってみましょう。

食器洗浄機や食器乾燥機、ロボット掃除機、洗濯乾燥機。
出掛けている間やお風呂に入っている間等に代わりにやってくれるのです。
これはとても助かりますよ。

洗濯乾燥機は、服によったら出来ないものもあるので注意してくださいね。
私は、布団カバー等によく利用しています。

洗濯物を干すと、布団カバー等の大物は干す場所がないし、ホカホカな気持ちいい頃合いに取り込むことは出来ないですからね。洗濯機に入れたら乾燥までしてくれるので、とてもおすすめです。

子どもとの時間を無理して作らない

仕事をしていると、専業主婦の人と比べると、圧倒的に子どもとの時間が少ないですよね。
歩いた、しゃべった、なんかも、親より先に保育園の先生が見たり聞いたりすることもあるほど。

それをなんとか取り返さないとと、まだやることがいっぱいあるのに、子どもと関わる時間を作ろうとしていませんか?
それは、とても素敵なことです。
でも、それをすると、どんどん自分を追い込んでしまいます。

子どもとの時間は、休みの日にたっぷりととりましょう。
仕事のある日は、お風呂や寝る前に少し話をする程度にしましょう。

寝る前に絵本を読むだけでも十分です。
私は、遅くなってしまうのでなかなか食事時間で話をするのは避けているのですが、遅くなったりしないのであれば、夕飯時間もおしゃべりするいいタイミングですね。

無理のない範囲で、子どもとの時間を過ごしましょう。

手抜きをする

手抜きと言われると、嫌なイメージはありますが、仕事しているお母さんにとっては、手抜きが一番。なにも、毎日適当にするわけではありません

「ま、いっかー」と思うことが大切なのです。

たまには、夕飯が手作りでなく惣菜でもいっかー。
掃除毎日してないけどいっかー。
洗いものが残ってるけど、明日でいっかー。

全てをしようとせず、たまには楽してもいいんだなと思いましょう。

家族に協力してもらう

とにかく一人でなにもかもというのは無理です。
子どもやパートナーには必ず協力をもらうべきです。

なにかをしてもらおうと思うと、してもらえなかった時にイライラしてしまうので、完璧にはできないことや、たまには食事が惣菜になってしまうことなどの理解を得ましょう。

そして、どんなに大変かを伝えておきましょう。
ほんのたまにかもしれませんが、手伝ってもらえることがあると嬉しいですよね。
そんな時はたくさん褒めてください。

なんで私は褒められないのに少しやっただけで褒めないといけないの?ということも頭をよぎるかもしれませんが、そこは抑えて・・。
褒めてもらえると、またやろうと思うものです。

少し大きくなった子どもには、トイレ掃除や玄関掃除等を役割としてお願いしてもいいですね。
子どもの方がよく見ていますから、大変な姿を見て、そのうちご飯を作って待っていてくれるようになったりもしますよ。

睡眠をとる

たくさんやることがあるのはもちろんなのですが、睡眠が足りていないと体調を崩すこともありますし、イライラもします。

時々は、家事を投げて睡眠にあててもいいかもしれませんよ。翌日がお休みの日がおすすめです。

子育てと仕事を両立させるには居心地のよい職場つくりが最大ポイントですね!

仕事がうまくいっていないと、家に帰ってもやる気が起きません
育児と仕事の両立には、どちらもうまくいっていることが必要です。
では、職場で注意したいことはどんなことでしょうか。

あいさつをきっちりしよう

職場で一番辛いのは人間関係がうまくいっていないことです。

子どものことで急に帰ることがある立場ですから、うまくいかないことがしばしば起こります。急に帰ることになるのは、仕方がないこと。

そんな時は、しっかり状況を伝えて先に帰ることに対して、きちんと謝り、手伝ってくれたりした時は、お礼も忘れず伝えましょう。

気持ちのいい挨拶をする人や礼儀がきっちりしている人には、きっと笑顔でかえしてくれるはず。自分でも、きもちのいい挨拶はうれしいですよね。

前もって状況説明をしておく

参観日等、前から決まっていることは早めに伝えましょう。
運動会等、延期日も伝えておくといいですよ。

また、子どもが風邪気味であることや感染症が流行っている等、急な休みをもらう可能性のある時は、世間話程度に同僚に伝えていてもいいかもしれませんね。

子育てをしながら仕事をしていると、職場の飲み会に行くことはほぼ無理ですよね。
でも、パートナーが協力的で、けっこう手伝ってくれる家庭もあります。
そんな状況でも職場の飲み会だけは苦手と言うときの断り方は?

さいごに

育児をしながら仕事をするというのは、本当に大変なことです。
一人で完璧にすることは出来ません。

パートナーや子どもや職場にも理解してもらい、たまには手抜きをすることも必要です。
仕事をしているせいで、家庭でギスギスするなんてとんでもないことです。
大変な中でも、笑顔が絶えない家であるといいですね。