三日間休んで、四日目に学校に行けた娘\(^▽^)/

月曜日に「学校へ行きたくない」症状がマックスに達した娘(ノ△・。)

月曜日、火曜日と2日続けて、日帰り温泉に連れて行ってリフレッシュになったかなぁと思っていました。

水曜日の朝『お腹が痛い』と言い出して、学校休んだ!

2日続けて、温泉に行ったので、かえって疲れがたまったのかもしれません。

楽しいことが続きすぎて、余計に学校に行く気が萎えたのかもしれません。

実は、保育園の後半にも似たような『お腹痛い』症状が出ていました。

あまりに頻繁に言うので、近くの総合病院で、思い切って精密検査を受けさせました。血液検査に始まって、胃の超音波検査、尿検査などなど・・

血液検査のときは、針を刺す恐怖から、診察室から逃げ出して、専業主夫の旦那のところに逃げ込んできたらしいです。もちろん、その時は旦那一人で連れて行きましたから。

あとで聞いたら、針はチクッとするだけで痛くなかったそうですが^^

結果、やっぱり異状なし。

お医者さんから『心因性が原因かもしれません』と言われたそうです。

心因性のものと理解して、3日目も学校を休ませました。

小学校1年生だし、これから先長いし、ここで過度に心配してもなぁ~と思い、休ませることにしました。

『お腹が痛い』と必至に訴え、シクシク泣いている娘がかわいそうで。

同じクラスの誰かとケンカしたとか、何か言われたとか、いじめみたいなことに遭っているとか、一切ないんです。

ただ、積極的に学校へ行くことが嫌で、親の元に居たいだけなんですね。

ネットで「小1の娘 学校に行きたくない」で検索したら、同じような事例がホントにたくさん出てきたのは驚きでした。その対応もホントに様々でした。私の場合、娘に無理強いを指せるのは反対で、休ませたのですが、やはり、引きずってでも学校に行かせるという強硬意見も目立ちました。

休んでいるので外遊びに行けず。シルバニアで一人遊び、旦那の隠し撮り。

担任の先生が3日続けて、電話をかけてきてくれた(●⌒∇⌒●)

娘の担任の先生は、女性でまだお若い方です。休んだ日から3日続けて、電話をいただきました。

それも夜の7時とか8時前にです。おかげで、私が直接、先生とお話しできましたが。そんな時間までお仕事されているっていうのは、お忙しい証拠ですね。そんな忙しい中、娘のために電話をいただいたことに本当に恐縮しました。

娘とも電話で話してくれて、『学校にきたら先生と一緒に学校探検しよう』とか『給食だけを食べにきてもいいよ』と言ってくださったので、娘もどこか安心したようです。

お昼寝。頬杖を突いたようなポーズで寝ることがよくあります。

4日目の木曜日に、なんとか学校に行けました。

木曜日になんとか学校に行けました。行きは私が教室まで送り届けましたが、すでに泣きべそ状態。

でも、クラスの子らが『出てきて良かったね』とか『○○ちゃん、復活!!』とか言って、娘の周りにきてくれたのがとても嬉しかったです。

仕事に急ぐので、教室から離れ、学校の外の道路を足早に歩いていると、娘が教室の窓から、涙をこらえて、私にバイバイしていました。

家に連れて帰りたいのをこらえて、仕事に出かけました。

専業主夫の旦那が、校門まで迎えに行ったのですが、保健室に行くこともなく、授業には全部参加できたようです。

スポンサーリンク