小学生のぽっこりお腹はかわいいけどもしかしたら肥満かもしれない!

子供の体型って、とてもかわいいですよね。
少し大きめの頭と、ぽっこりしたお腹、そしてむちむちの手足。
おぼつかない足取りで歩く様子は、お人形のようです。
見ているだけで気持ちが癒されるものだと感じます(^^♪

この、いわゆる”幼児体型”、とてもかわいいものです。
できることなら、ずっとそんなかわいさをキープしてほしいとも思います。
しかし通常は、成長につれて体型は変わるものです。

子供が小学生になったけど、ぽっこりお腹のままなので心配だ
と、不安になる親御さんもいるようです。
確かに、背も伸びて手足が長くなったのに、お腹だけ変わらないのは心配です。

実は、そんな私も、未だに「ぽっこりお腹」です(^^;)
思春期のときにうまくケアできればよかったのでしょうか。
どれだけ体重が減っても、お腹のぽっこりがなくなりません。
どうすれば良いのかは、未だに、とても気になります。

では小学生になっても「ぽっこりお腹」だった場合、どうすれば良いのでしょうか?
何か対策はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

小学生のぽっこりお腹の解消方法とは?

ぽよぽよしたおなかがかわいい、と大人は思ってしまいがちです。
「お年頃になれば自然と痩せる」なんて言葉を聞いたこともあるでしょう。

私も、子供時代には、よく言われたものでした。
実際20歳を過ぎてからは、かなり体型は変わりました。
それでも、お腹については、あまり変わっていないのです。

子供が成長期なら、たくさん食べさせてあげたいものですよね。
「食べたい」といわれると、断りづらい気持ちにもなるでしょう。
そして、食べ過ぎたとしても、無理なダイエットをさせるわけにもいきません。
では、どうしたら、「ぽっこりお腹」を解消できるのでしょうか。

さて、小学生で「ぽっこりお腹」という場合、考えられるのは「肥満」です。
「子供の肥満」には要注意です!
なぜなら、子供のころに肥満だと、大きくなるにつれて、成人病になるリスクが高まってしまうからです。

そうはいっても、成長に影響が出る可能性があるため、過度のダイエットはおすすめできません。「食事を抜くなどの方法」は、特に避けたほうがいいでしょう。

そこで、まずは、
・食生活の改善
・筋力の増強
を考える必要があります。

食生活の改善として、まず注意したいのが、
・スナック菓子
・ジャンクフード
・ジュース
を控える、ということです。

このとき、お菓子類を完全にやめる必要はありません。
まずは緩やかに、量や回数を減らしていきましょう。

子供のころって、とてもおなかがすくものです。
そのため、おやつの存在は大切です。
そこで、スナック菓子やジャンクフードをやめ、カロリーの低いお菓子を与えましょう。

さらに、おなかまわりをすっきりさせるためには、
・全身運動の縄跳び
・フラフープ
など、腹筋だけでなく、体全体を鍛える運動を毎日行うようにしましょう。

最初は上手にできなくても構いません。
少しずつ習慣づけていきましょう。

無理なダイエットではなく、少しずつ改善していくことが大事です。

ぽっこりお腹の女性は改善するためにどう対処したらいいのか?

さて、小学生のときから「ぽっこりお腹」が解消されない私。
しかし身長と体重の比率で確かめると、昔からいわゆる肥満の数値ではありません。

さらに私の子供時代には、
・スナック菓子
・ジャンクフード
・ジュース
を日常的に摂取する習慣はありませんでした。

もちろん、時々は買っていました。
しかし、毎日食べるということはなかったのです。

さらに、子供時代からインドア派で、読書ばかりしていたものですが、運動もしました。
毎日ある程度の時間は外でも走り回ったり、ゴムとびをしたりしていたのです。

「数値的には肥満ではない」
「ジャンクフードも食べていない」
「運動もしていた」
これなら、ぽっこりお腹にならないような気がしませんか。
自分としては、どうも納得が行きません。

しかしひとつだけ、
「これかな?」
という心あたりがあります。

それが、『姿勢の悪さ』です。

私の姿勢は、かなり悪いほうだと思っています。
いつも背筋が丸まり、本を読むときや、パソコンに向かうときも前かがみです。

当然、そんなときは、お腹に力は入っていません。
たまに意識はするものの、すぐに忘れて力が抜けてしまいます。

いうまでもなく、普段から、腹筋にはあまり力が入りません。
それが原因で、「ぽっこりお腹」から抜け出せずにいる可能性があります。

背筋を伸ばし、お腹にも力を入れていれば、改善できるのかもしれません。
長年染み付いた姿勢を変えるのは、やはり難しいものです。

しかし試してみる価値はありますよね。
子供のようなぽっこりお腹から脱却するために、少し頑張ってみようと思います。

毎日運動するのはかなりめんどくさいと思います。
そんなときは機械に動いてもらうダイエットもアリです。
自分で動く必要がないので、けっこう長続きするかも…です。

日常生活の中で、ほんのちょっとの工夫でお腹痩せに効果がある方法も魅力的ですね。
↓ ↓ 姿勢も良くなって、お腹回りが凹んでくると、若く見られますよ ↓ ↓

さいごに

「ぽっこりお腹」かわいいですよね。
しかし、それが肥満であれば、話は別です。
将来、成人病で苦しむことになるよりは、やはり改善は必要ですよね。

食事の改善も、運動も、最初は気が乗らないかもしれません。
それでも、うまく工夫して、楽しく楽にお腹周りを改善してあげたいものですね。