夜ウオーキングの効果は絶大だけどメリットとデメリットを押さえる!

健康のために毎日ウォーキングをすると本当に効果的です。
ジョギングなどと比べると、体への負担も少なく手軽です。

人により、自由な時間には違いがありますよね。
仕事や学校があれば、昼にウォーキングをするのは時間的にとても無理です。

そこで、夜にウオーキングをする人も少なくありません。
そんな夜のウォーキングには、メリットもデメリットもあります。

そこで、夜のウオーキングについて、
・メリットとデメリット
・注意点
などを紹介します。

スポンサーリンク

夜にウオーキングをするメリットとデメリット

まずは、夜のウォーキングについて、
・メリット
・デメリット
を、それぞれ見てみましょう。

[夜ウオーキングのメリット]
紫外線対策が必要ない
・夏でも昼間よりは涼しい
・自律神経を整えることから快眠の効果が期待できる

[夜ウオーキングのデメリット]
・昼間よりトラブルに巻き込まれる可能性が高い
・まわりが暗いため、交通事故などのリスクがある

昼間にウォーキングをすると、季節を問わず日焼け対策は必須です。
そんな日焼け対策が不要なのは、面倒がなくてよいですよね。

暑い地域なら、夏は夜のほうが断然涼しいことでしょう。
また、快眠の効果が期待できるのも、かなり魅力的です。

しかし、防犯や交通事故の対策をしなくてはなりません。
そう考えると、メリットもデメリットもそれなりの理由があります。

短い期間ですが、私も夜にウォーキングをしていたことがあります。
それは、いま住んでいる家に引っ越してきたばかりのころです。

その目的は、やはり「ダイエット」!
当時は毎日運動するのが難しいくらい激務の日々を送っていました。
しかしデスクワークだったため、常時運動不足でした。

そこで、毎晩30分ずつウォーキングをしていたのです。
目的地は、近所にあるコンビニです。
そこに着いたら、水を1本買って帰るルールにしていたのを覚えています。

そのウォーキングは数か月で終了しました。
体重が落ちてダイエットに成功したからではありません。
毎晩歩いていた道で、連続して強盗事件が発生したためです。
今でも犯人は捕まっていません。

当時は、家の近所には、あまり街灯がありませんでした。
そのため夜道がかなり暗く、大人でも少し怖いほどだったのです。

そんな場所で強盗事件が発生したら、なかなか続ける気にはなれませんよね。
強盗事件以降、夜に歩いて外出することがなくなりました。
敷地内に出るのすら、ひとりのときは避けています。

とはいえ、最近は街灯の数も増えたため、ウオーキングを再開しても良さそうです。
でも、やはり人通りの多い場所以外を歩くのには抵抗があります。
このように、夜のウォーキングは、地域によっては注意しなければならないこともあります。

夜にウオーキングをするときの注意点を網羅しました!

夜のウォーキングは昼と比較すると、注意することも多めです。
それでは、夜にウォーキングを行う場合の注意点を見てみましょう。

夜ウオーキングは夕食から1時間以上経過してから始める

ダイエットが目的の場合、注意したいのが「開始時間」です。
夕食から1時間以上経過してからウォーキングを開始しましょう。
夕食によって摂取したカロリーを燃焼するのに効果的です。

夜は長時間ウォーキングをしない

夜にウォーキングをする場合、長時間歩いて翌日に疲れが残らないようにしましょう。
また深夜まで歩いて睡眠不足になるのも避けましょう。

夜ウオーキングは寝る2時間以上前に終了させる

ウォーキングには、
・脂肪を燃焼させる
・血行を良くする
などの効果を期待することができます。

しかし、このとき体は興奮状態となります。
2時間ほど休むことで快眠の効果が期待できます。
そのため、ウォーキングは寝る2時間以上前に終了させましょう。

夜ウオーキングは防犯対策を充実させる

夜は日中よりも、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。
そこで防犯対策をすることをおすすめします。
女性は特に注意する必要があります。

ウォーキングをするときには、明るく人通りの多い場所を歩きましょう。
また、防犯ブザーなどを携帯することも検討してください。

夜ウオーキングでは特に慎重に交通事故対策をする

夜は、昼に比べれば、どうしても視界が悪くなってしまうものです。
歩行者がどれだけ気を付けていても、交通事故に巻き込まれる可能性があります。

実際に、夜のウォーキング中に交通事故に遭う人もいるようです。
そこで、交通事故に遭わないように、
・明るい色の服を着る
反射テープを持ち物などに貼る
などの対策をすることをおすすめします。

また、ウォーキング中に音楽を聴く場合は、周囲の音が聞き取れる音量にしましょう。
※ただし、夜ウオーキングの際は防犯の観点からも、周囲の音が聞こえなくなるイヤホンはお勧めできません。

ウオーキングのときの相棒はスマートウオッチで決まりだと思います。
血圧測定、活動量計、心拍計、歩数計その他もろもろの機能がついてスマホで管理できますよ。
最近は本当にオシャレで可愛いスマートウォッチがたくさんあります。

さいごに

昼に比べると、夜は注意することが多めなウォーキング。
しかし、夜のウォーキングは時間も管理しやすくて続けやすいと感じます。

夏場は特に、涼しい夜風が気持ちのよいものです。
仕事のあとは、良い気分転換にもなります。
運動不足の解消にはぴったりです。

夜にウォーキングを考えている場合は、
・防犯対策
・交通事故対策
などをしっかり取ったうえで、安全に行ってくださいね。