住宅街でのバーベキューは迷惑だってことを知らないのかな?

アウトドアでの定番と言えばバーベキューですね^^  青空の下、ビール片手にお肉を頬張るのは本当に美味しいです!

でも、玄関の外だからアウトドアと思っているアホな輩(やから)がいるんです。住宅街でドンちゃん騒ぎするのって、幼児並みの頭脳構造だなって、つくづく思います。

日常を離れることがアウトドアの真髄です。

窓を閉めても、煙たい・・・

私の家から道路を挟んで、2軒ほど斜め向かいの家の駐車場が、彼らがこよなく愛するバーベキュー場です。

夕方から準備を始めて、だいたい午後6時頃からドンちゃんになるのがいつものパターンです。仕事の都合だと思いますが、土曜か日曜の晩と決まっています。

私も仕事しているし、土日の晩なんて、おうちでまったりとしたいんですが。

煙が微妙に入ってきます。窓ガラスは2重ガラスですし、夏場なら閉め切ってしまいます。でも、玄関のドアを開けたとたんに、『モワ~』って感じで煙が入って来て、家じゅうにその臭いがしみ込むんですね。

エアコンを入れている夏場なら、窓は閉め切りますが、春先や秋でしたら網戸状態にして涼を取りますよね。そうなると、もう大変!!嗅ぎたくもない焼肉の匂いだらけになります。自分で焼肉をやるのは楽しいのですが、おうちに他人の異臭がするような嫌~な気分になります。

駐車場バーベキューの真向かいに住む奥さんから聞いたことがあります。もうもうとした煙に困ったその奥さんが『住宅街でのバーベキューは遠慮してもらえませんか?』と言ったところ、バーベキューを取り仕切っているアラフィフのママさんが『バーベキューしているのは私たちだけじゃありません』ですって・・・

確かに、引っ越してきた当初は、暑くなると駐車場バーベキューをするグループをチラホラ見かけました。でも、自然に終息していったんです。たぶん、ご近所からのクレームで自分らの不注意に気付いたんでしょうね。

聞く耳持たないアラフィフのママさん・・周りがやっているのに何で私らだけ注意されるの?って、それ違うだろ~と思いますよね。まず考えるのは、他人に迷惑をかけていることを反省すべきことだと思うのですが。

私は、そのアラフィフのママさんとは、引っ越してきた当初は4人ほどのママ友仲間だったのですが、私以外のママさんと、あることで気まずくなって、その仲間は自然消滅しました。

ま、私の家は、煙たいといっても、微妙に煙たいという程度です。鼻が詰まっているときはわからないと思います。でも、真向かいのおうちのことを考えると気の毒でなりません。

こんなに建て込んでいるのにBBQするか?

ストレス解消なのか?甲高い高笑いをわざと発しているみたい

『あのとき、こうなってねアッハッハ~!!!』『私もそうなのよアッハッハ~!!!』

言葉を発した時に笑ってしまうのは、私もよくあります。でも・・・

何で、腹の底から力いっぱい笑う必要があるんだろうか?住宅街のど真ん中で!土曜や日曜の8時頃といえば、ほとんどの家庭は夕飯を終えてくつろいでいる時間帯です。

外だから、どれだけ声のボリュームを上げても許されるって考えるのかな?ほとんど怒鳴っているのと変わりないくらいの大声でしゃべったり、笑ったり・・

住宅街のど真ん中なんです。

もしかして、『私らは、バーベキューを楽しんでいるのよ。いいでしょ。羨ましいでしょ。アウトドアでバーベキューを満喫しているのよ。』なんて、貧相な駐車場バーベキューで優越感に浸っているのかな? バカか、お前らヾ(▼ヘ▼;)

ま、脳みそのない集団での駐車場バーベキューは、さすがに午後9時頃にお開きとなるのですが。

こういう環境で貧相な駐車場BBQを楽しむバカな奴ら

アメリカ式のBBQを、箱庭の日本で真似たいバカな奴ら

アメリカでのガーデンパーティーって小さい頃、映画やテレビで見て憧れでした。

ここからは私の推測なんですが・・・

200坪以上の広大な敷地のおうちが10軒ほど連なっていて、そのおうちの人らが真ん中の家のお庭に集まってバーベキューをするのでしたら、確かに誰にも絶対に迷惑はかからないと思います。

煙がたなびいても迷惑じゃないし、いくら騒いでも騒音なんて無縁でしょう。

でも、我が家のご近所は隣家との間隔こそ2メートルくらいはありますが、敷地は30坪ほどのこじんまりとした住宅なんです。

とても、アメリカ式のガーデンパーティーを余裕で楽しむようなスペースではないですよね。ですから、貧相な駐車場バーベキューになってしまい、それでも欧米のように玄関の外でバーベキューをしているっていう可哀想な優越感が生まれるんでしょうね。

だいたい狭い住宅街でのご近所への迷惑を考えられない、脳みその内容が問題なんですが。

実際にアメリカやヨーロッパの人が見たら、あわれみの表情を浮かべる気がしてなりません。

自宅でのBBQなら広大な庭なら許される・・

BBQが煙たいので、旦那が注意しに行こうとしたのを止めた!

駐車場の貧相バーベキューは、4軒のおうちのグループでやっています。多いときは月に3,4回も駐車場でご飯を食べています^^ 家で食べたらいいのに・・

先日もやっていたのですが、夕方からハイボールを飲んでほろ酔いの旦那が、『ちょっと煙たいから止めるように行ってくるよ!』って。

私は断固として、苦情を言うのをやめてもらいました。4軒のグループのうちの1軒は、娘と仲のいい、1学年上の男の子のお宅なんです。学校から帰ってくると、娘はその子とよく遊んでいます。

もしも、旦那が注意しに行って、男の子のお宅が『もうあの子とは遊んだらアカン!』なんてことになったら娘が可哀想です。

それに旦那はほろ酔いとはいえ、アルコールが入っている状態でした。暴力沙汰にはならないと思うのですが、旦那の印象が最悪になる可能性があります。近所の酔っぱらいのおっさんがいちゃもん付けた・・・なんて言われかねません。

大自然の青空の下でやってごらんよ。

旦那はキャンプを14,5年やっていたので、BBQにはうるさい!

今の家に引っ越してから、実は私も駐車場でのバーベキューを旦那に提案しました(^^;)

でも、旦那が全然乗り気じゃなかったので、結局やらずじまいです。

その理由というのが、『何で、こんな住宅街でバーベキューなんかするの?楽しくないだろ?やっぱり自然の真っ只中に出かけて、北アルプスでも見ながら、みんなで酒を酌み交わすのが楽しいんだ。』

『バーベキューって日常を離れた空間でするから、大騒ぎできるし、肉が焦げてもそれが味になるんだなぁ。日本式のバーベキューって不便を楽しむものだよ。』

『駐車場なんかでやったら、醤油がなかったら家の中に取りに行くだろ。何が悲しくて夕飯を家のすぐ近くの外で食べなアカンねん。』

『家の近くで肉食うんなら、近場の焼肉屋行った方が、手間もかからんし、よっぽど美味いわ!!』等々、散々言われたので、私も駐車場でのバーベキューは諦めました。

でも、それが正解でした。ご近所に迷惑をかけなくて本当に良かったと思っています。ママ友連中で集まるときは、誰かのお宅に行って、鍋パーティーやらを楽しんでいます。その方が子どもらにとっても安全ですから。

ダッチオーブン料理なら煙はほとんど出ないのにって旦那が言いました

ダッチオーブンって簡易圧力釜みたいな、重たい鍋です。我が家にもあります。

旦那がたまに、牛すじ肉の煮込みを作ります。家のガス火でやっています。ダッチオーブンは、本来はキャンプ道具から人気が出てきた鍋です。

旦那もキャンプをしていた時期は、積極的に使っていたみたいです。鶏でも野菜でも、ちょっとの下ごしらえをして、炭をダッチオーブンの上下に置くだけで、放っておいても美味しく仕上がるそうです。

近所の貧相な駐車場でのバーベキューでも、ダッチオーブンを駆使したら、ほとんど煙は気にならないのにって、旦那がよく言います。旦那曰く『蓋を取るときに多少の料理の匂いはするけど、焼肉みたいにもうもうと煙は出ないんだけど・・』

でも、ダッチオーブンだけで何家族分もの料理を作るには、複数のダッチオーブンが必要です。1個の値段が割と高く、保管もその重さから結構大変です。もしも、高いところにしまって、落としたら大けがをしてしまいます。

旦那は『キャンプにも行けない奴らが、ホームセンターで安いバーベキューセットを買って、肉焼くから、あんなに煙たいんだよな』とぼやくぼやく・・

旦那が力説するときは、キャンプ愛好者であった自負が相当まざっています。時には『それ、自慢?』って思うときがよくあって、私は適当にはぐらかします。しまいに鬱陶しくなります^^

ま、私が虫嫌いで、しかもテントになんか、とても寝られないことから、旦那は引越しの時にキャンプ道具を全部処分したんですが。

住宅街のバーベキューでの法律問題の記述はほとんどがウソ!

ネットで、住宅街のバーベキューを検索したら、結構ありましたよ。

そんな中で、相当なボリュームを占めていたのが、法律的な問題についての記述ですが、あれってほとんどが的を得ていません。ウソも多いです。

私はその手の仕事に携わっていますので、まことしやかに法律問題について書かれているブログを見て、『これ信じたら大変だ』と感じました。一例を示します。

これですが、『違法行為にはあたらないけど、警察が介入する場合がある』なんて、矛盾している記載です。

正確には、『違法行為になるかどうかは程度問題』って覚えておくといいですね。

でも、煙たいから警察に電話しても来てくれるかどうか・・・

あんまり困るんでしたら、BBQの写真を撮ったり、声を録音しておいて、告訴するのがいいと思います。ただ、本当に程度問題です。毎日のように、もうもうと煙を上げてBBQをやっているのならともかく、月に1回程度では警察は動きませんから。

もし、110番しても、注意すらしてくれないと思います。

余りにもBBQの頻度が多くて、本当に困っているんなら証拠を固めたうえでの告訴しかないと思いますが、それでも軽犯罪法違反や当該自治体の条例に違反するくらいです。

民事上の損害賠償なんて、もっとハードル高いので、まず無理です。そもそも損害が生じている可能性は皆無ですから。

やっぱり、ご近所の良識に任せるしかないんです。

煙やどんちゃん騒ぎのうるささに困っていると思うお宅と結託して、注意していくのがいちばんの解決方法だと思います。

大人なのに、社会人なのに、周りの迷惑を考えられない住人は、ある意味危険です。用意周到にして、気まずい関係を引きずらないように気をつけてください。

スポンサーリンク