2018年05月一覧

初めてのキャンプからチタンシェラカップをカッコよく使いましょう!

チタンのシェラカップは熱伝導率が低いのが最大の利点であり、便利なところです。チタンの特質ですね。ですので、熱いコーヒーを入れて口を付けても「熱ッ」となりにくいんです。そりゃ、シェラカップに並々と熱いコーヒー入れたら、メチャクチャ熱いので気をつけてください。

大阪で子供が喜ぶお出かけスポット6選! 出かけやすい場所はどこ?

大阪で子供と遊ぼうと思っても入園料が高かったり、たくさん並ばないといけないようなアミューズメントパークは避けたいのが本音(^^;)家族で出かけやすく、子供の喜ぶお出かけ場所とはどんなところがあるでしょうか。大阪にお住いの方はどうぞ参考にしてくださいね。

キャンプが初めてでも慣れてからでも持ち物にヘッドライトは要らない

オートキャンプ場でヘッドライトなんか頭に付けていたら、かなり奇異の目で見られます。単なる嬉しがりで道具をひけらかす嫌味な奴と思われるかもしれません。そもそもオートキャンプ場はそんな漆黒の闇ではありません。高規格のキャンプ場じゃなくても街灯くらいはあるのが普通です。月明かりでも十分見えますし、雨降りでも大概のものが見えますよ。

初めてのキャンプでスモーカーでの燻製を試すのはおすすめしません!

初めてのキャンプやまだ回数をこなしていない段階で、いきなりスモーカー(燻製器)をキャンプ場に持ち込むと、時間に追われるだけで楽しくありません。スモーカーをキャンプで試すのは、キャンプの基本的な段取り(テントやタープの設営、食事の準備)がスムーズにこなせるようになってからのことです。

初めてのキャンプから焚き火台を使うのもおすすめなんですよ^^

ユニフレームの焚き火台!一目ぼれでした^^即座に購入して、以来ず~っと15年以上は使い続けています。本来、焚き火台は直火禁止のキャンプ場で焚き火を楽しむものです。もっとも、直火オッケーでも焚き火台を使った方が簡単なんですよ。その焚き火台を主にバーべキューコンロの代わりにしているんです。

キャンプが初めてでもゴミ対策と分別はキャンパーの最低限のマナー!

キャンプ場で炊事場の野菜くずやご飯粒の多いこと!炊事場にはお母さん連中がやってくることが多いのですが、自分の家でもシンクはあんなに汚くしているのかな?って不思議な思いです。キャンプは自然の中に癒しを求めに行くようなものですよね。ピュアな空間がそこにはあってほしい。そうなると、残飯が目につく光景はおよそ真逆の世界です。

初めてキャンプのランタンならLEDが簡単安全で面倒くさくない!

ランタンですが、以前はガソリンVSガスという図式でした。ま、今でもガソリンランタンかガスランタンかという考え方は変わっていないとも言えるんですが。そこでキャンプを効率的に時短で楽しむ方法として、ランタンのLED化が流行っているんです。流行というより、キャンプのひとつの流れと言ってもいいですね。

スポンサーリンク