愛犬の小次郎一覧

犬が階段から転げ落ちたら飼い主はどうするべき?様子見は危ないかも

愛犬のイタグレの小次郎ですが階段を登るときは簡単に登れるのですが、さすがに降りるときは少々慎重に降りていました。そんな小次郎でしたが、2,3回ほどは階段から転げ落ちたことがあります。最後の1,2段のときに油断するのでしょうか。階段下の床に倒れ込む姿を記憶しています。

ペットの介護生活を家族で支えるには?考えられる問題点の数々!

我が家の愛犬・小次郎は2017年の6月に脳梗塞になって以来、寝たきりになっています。小次郎の場合は、末期の介護生活ではありませんが、犬の寿命も延びるにしたがい、いわゆる終末期の介護も視野に入れる必要があるかもしれません。ペットの介護生活の問題点について、我が家の実態を前提に考えてみました。

犬と猫が仲良しになるには?同居で悩んでいる方はご覧ください!

犬と猫は仲良く同居できるのでしょうか?仲良く暮らす方法については、どの専門サイトを見ても書かれていることはほぼ共通していますよね。実際問題、我が家では犬と猫の同居生活を送っています。でも、やっぱり同居させるのはけっこう大変なんです。犬と猫のベストな同居というと、ほんわか仲良しな2匹(あるいは数匹)を想像しがちですよね?そうじゃないかもしれませんよ。一番いいのは、お互いが距離を置ける関係、つまりある程度『お互いが無視し合える関係』にあるかどうかにあると思います。テリトリーを侵さない関係にあればベストですよね。

犬は脳梗塞になってもリハビリで回復して立つことができるのか?

愛犬の小次郎が脳梗塞になって、4ヶ月以上経過しました。いまだに自力で立って歩くことができません。本人(本犬?)は立ちたいのか、盛んに上体を起こして足をバタバタとさせています。ただ、イタグレは足がかなり長めで、しかも細いのでほかのワンちゃんに比べるとバランスを取るのがとても難しいようです。

寝たきりの犬でもリハビリ介護で立つまで頑張る!愛犬小次郎の補助具!!

脳梗塞を患ってから、ちょうど4ヶ月となったイタグレの小次郎です。まだ立つことはできませんが、それ以外は元気いっぱいです。リンゴが大好物ですので、私が台所でリンゴを剥いていると、上体を起こして尻尾をパタパタ振っています。リンゴの匂いもそうですが、切り分ける音に反応するようです。

スポンサーリンク