職場やママ友の女子会に行きたくない参加したくないときに断れるの?

女子会と聞くと、なんだかとても華やかで魅力的なイメージをもちますが実はそうでもないことが多くあります。もちろん、本当に親しい間柄であれば楽しいですよね。でも、職場の人とだったり、子ども同士が仲がいいという理由からのママ友の集まりだったり、あまり気が進まない女子会も存在します。そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

七夕を子供と楽しむなら由来もしっかりと伝えてあげたら思い出に残る♪

七月七日は七夕です。昔からの行事ではあるのですが、大人になるとあまり気にしなくなってしまいます。子どもとどんな風に過ごせばいいのか?せっかくの行事ですから、子どもに伝えながら楽しみたいですね。七夕のことを少し知って、子どもとの七夕の過ごし方を考えてみましょう。

60代の実父に父の日は何をあげたらいいのかなぁあげないと可哀想!

父の日は6月の第三日曜日ですね。オ~!思い出した、という方も多いのではないでしょうか^^母の日は、街のあちらこちらのお店で赤いカーネーションのイラストを見かけるのですが、父の日と言うと、なかなかイベント的に盛り上がらず、その雰囲気をかもし出すのは百貨店ぐらいでしょうか。

五徳の汚れは落ちないよ重曹のつけ置きで簡単に落ちるなんて嘘だから!

買い替えたばかりの五徳が1か月もしないうちに焦げ付いてしまいました。まだ熱いうちに強化レーヨンのクロスで拭いていたにもかかわらず。五徳って、焼き付いた汚れは本当は新品同様には落とせないんですよ。それをあたかも簡単に落とせるような、ちまたに氾濫している間違った情報!信じた私がバカでした。

男で日傘は変でおかしくて恥ずかしいのか日傘男子を環境省も勧めるよ☆

女性だけでなく、男性でも「日傘をさしたい」と思っている人も多いのではないでしょうか?実際にここ数年は、ときどきではあるものの男性が日傘を使う姿を見かけることもあります。男性が日傘をさすことは変でもないしおかしいとも思えません。男が日傘をさすのは恥ずかしいなんて言っていられないレベルの猛暑ですから。

仕事は辛いし嫌で楽しくないのは当たり前だけど楽になれるかも!?

生活するうえでは、どうしてもしないわけにはいかない仕事。しかし、残念ながら仕事が楽しくて仕方がないという人は少ないのではないでしょうか。好きな仕事が出来ればいいのですがなかなか難しいですよね。もし、好きな仕事につけたとしても、仕事に行きたくないなーと思う日はあるはず。そんな、仕事に行きたくない時はどうしたら乗り越えることができるのでしょうか。